2006年03月11日

さるおのハリポタ辞典[人物] バーティ・クラウチ・Jr

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、登場人物を紹介します。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

【人物紹介】
死んだはずが生きていた!
1冊の中に伏線とそれに呼応する答えがまとまっている好例です。
おとうちゃんの名前もバーティ・クラウチさんなので、読者は"息子の方は死んだはず"って思ったり、おとうちゃんが怪しく思えたり、騙されちゃう。
バーティ・クラウチ・Jr(Bartemius "Barty" Crouch Jr.)は、超まじめなおとうちゃんの失敗子育てによりDeath Eaters(死喰い人)になってしまったかわいそうなクラウチ家の最後のひとり。

【名前の意味】
クラウチング・スタートのクラウチ。Crouchは"屈む"という意味で、攻撃のために身を低くするのも、恐怖のため縮こまるのも、クラウチです。

【特徴】
くしゃくしゃのブロンドにそばかすのある青白い顔の痩せた青年。アズカバンにいたときの憔悴が癒えないままです。

【杖】
不明

【パトロナス(守護)】
不明

【好きなもの/趣味】
不明

【こわいもの(ボガートが姿を変えるもの)】
不明

【持ち物】
Invisibility Cloak(透明マント)
※アブカバンに収容されていた以上、これはマッドアイ(Mad-Eye Moody)の持ち物だろうと思われます。

【功績】
人生の最期に、生きたままのハリーをヴォルディのところに連れてきて、ヴォルディの完全復活を実現!ヴォルディに"my faithful servant at Hogwarts"と讚えられる筋金入り。

【特殊技能】
不明

【家族/血筋】
1963年生まれ。純血(Pure Blood)。由緒ある家柄だけど、道を踏み外してDEになってしまいました。以来熱狂的なヴォルサポ。

【経歴/これまでの人生】
家の名を汚すのは絶対に許せーん!と名誉だけを重んじる厳しすぎるおとうちゃんに育てられて屈折してしまったかわいそうなジュニア。とんでもなく極悪非道な不良少年になってしまいました。
ネビル(Neville Longbottom)の両親(Frank Longbottom, Alice Longbottom)を拷問したDeath Eaters(死喰い人)として逮捕されたのが18歳のとき。実の父親からアズカバン刑務所での無期懲役を言い渡され収容された後々、病気の母親の最後の望みとして、母親を身代わりにして刑務所から救出される。
いったんはおとうちゃんのImperius Curseの支配下におかれるが、ヴォルディのたすけで支配を逃れると、クィディッチ・ワールドカップ直後の会場にどっかーんとダーク・マーク(Dark Mark)を打ち上げ(呪文はMorsmordre)、マッドアイを拉致ってマッドアイになりすましホグワーツに潜入。まんまとDADAの職を手に入れます。
その年のThe Triwizard Tournamentでハリーを優勝に導き、ヴォルディの完全復活を実現する。大活躍っすね。
ヴォルディ再生後に捕まり、直後にDementor's kissによって魂を吸い取られてしまう。が、この時点で彼は死んでいません。その後どうなったか本には書いてないけど、死んだか、アズカバンに送り返されたか、どっちかだね。1995年のできごと、さようならジュニア、32歳。

【その他】
映画『GoF』ではこのジュニア役を『GO!GO!LA』のデイヴィッド・テナント(David Tennant)が演じています。

ジュニア.jpg

大好きだなー、この人。本当はかわいい顔ですが、ダークな役どころも案外ワイルドでかっこええですよ。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 23:34| Comment(6) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。