2006年04月06日

欧州チャンピオンズリーグ クォーターファイナル バルサ準決勝へ!(ひそかにペティのハンド祭り)

さるおです。
ヌノ・ゴメス君、さるおはあんたが好きだけど、累積消化明けなのに今日は怪我でお休みしてくれてありがとう。うちもレオがお休みだぜ!と思いながら、プーさんみたいなクーマン率いるSLベンフィカを迎え撃つ!あちらの1トップはミッコリ君です。怖いんですけど。

CBはプジョルとオレゲール、サイドはベレッチ、ジオ。すっかり頼もしい白い悪魔イニエスタが中盤の底を支え、すぐ前にファン・ボメルとデコ、んで前線はラーション、エトー、ロニー。

開始早々、中盤のデコが前線のヘンリクへパス。戻してボメル兄さん。最近のファン・ボメルは、打てそうなときにシュート打たないわ、誰かが待っててもパス出せないわで、タイミングがズレズレなんだけど、侮るなかれ、PKだけは手に入れる(笑)。今日もペティート君の手めがけてボールを蹴ったYO!むははははーっ!ハンドだぜ。
ところがこれを決められなかった。1st.legではひとりで勝手にテンパッていたモレット君、ロニーのFK止めたぁーっ!ロニーが落胆と悔しさとイライラと呵責を全部混ぜたような表情をしている。
続いてエトーのキレイな股抜きパスを、右のヘンリクがゴール前に折り返し、そこにデコが猛然と走り込む。ボールを抱え込んだモレット君の頭に、ぐはー、今さら勢いを止められないデコが脛キック。ぜんぜんわざとじゃないです。事故です、事故。デコが心配して寝そべるモレット君にかがみ込み、「だいじょうぶ、あなた?」なんつって介抱し始めましたが、あえなく黄札。んがぁ〜、次は出られねぇよ。バルサ、ピンチの大スパイラルは終わることがありません(汗)。

しかーし、ベンフィカにパスをつながせないバルサ、ついに来たぁーーーっ!19分、ボメル兄さんがベトをしつこく子犬のように追いかけまわし逃げまどっているところへ追い討ちのようなエトーの守備。ボール獲ったぁー!すかさずベンフィカ守備を突破して右から低いクロス!ニアにヘンリク、ファーにロニー!ロニー来たぁーーーっ!バルサ先制1-0、ふんがー!
しかもじゃんじゃん追加点のチャンスっす。25分、エトーがボールを追って蹴り上げたぁ。ぐわぁー、ループで決まってたら超かっこええとこだったのに。
40分にはレオ(メッシじゃないよ、敵様っす)のミスキックをボメルがフリーでシュート。惜しい!あまりに惜しい!
次の瞬間には中盤のイニ坊が前線のド根性プジョルに大きくクロス!え?ぜんせんのぷじょる?ぜんせんにぷじょるぅ?ぐわぁー、出た、ド根性プジョルの攻撃。

ど根性プジョル.jpg

前半終了間際まで、攻め続けるバルサ。43分にはエトーが鋭く切り込んでクロス。44分にはデコのクロスにヘンリクがヘッドを合わせようとする。

というわけで1-0で折り返し。先制できてよかった、それは本当によかった。しかーし、追加点がないことが、後半これほどまでにさるおを疲れさせるとは・・・
そりゃそうです。先制されたベンフィカ、後がないもん、崖っぷち、後半は猛攻に決まっとる。で、バルサの苦手なカウンター戦略だぞ。
うちはほら、案の定ベレッチが上がってばかりで帰ってこない(笑)。ヘンリクとプジョルと、みなさんに支えられて、自由気ままにサイドを走っているんだYO!あぶねーずら。
さらに、今日のド根性プジョルはフォワード登録(笑)。いや、もちろん守備はいつもとかわりなくド根性でちゃんとやってますが、とにかく、気がつくと前線にいるYO!ほんでもって、オレゲールも上がってるぅ〜!オレゲールは最近頼もしくてね、バルサを危機から救いまくっているんですが、今日はたまにね、上がってっちゃボール失くしてるぅ〜。あぶねーずら。
がんばっているのはジオとイニ坊っす。イニ坊って、ほんとすごい。最近褒めちぎっておりますが、称賛の言葉が見当たらないくらいにすごい。前半は中盤の底に徹してボールをさばき、ボールを奪いまくってた。デコが黄札をもらってからは、極めて攻撃的な守備に奔走しているが、この子には笛が鳴りません。うますぎ。
で、後半は右にロニー、左にエトーという、いつもと逆のポジショニングをベースに、それでも縦横無尽に動き回りながらスタートっす。

あー、やっぱ攻めにきてる。60分、縦パスに抜け出したミッコリが疾走してきてクロス!シモンが走り込んできてシュート!
あっぶねー!ド根性プジョルは前の方に出かけてて留守ですから。大ピンチっす。決まってておかしくない。むはー、こーゆーのって、敵の思う壷じゃねーかよ。
ここからですね、あぶないシーンが続くのは。ベレッチとオレゲールも前の方に出かけてっちゃぁルーズです(涙)。隙を見つけちゃ、ミッコリがシュートに来る。
あぶないよ、ほんとあぶない。心臓によくないって。1st.legはスコアレスドロー、1点返されて追いつかれたら、それは"追い越された"ことを意味します。敗北を意味します。ロニーの顔にもプジョルの顔にも笑顔は無いぞ。ライカールトも焦りまくった表情で両手をぶんぶん振り回している。追いつめられているのはリードしているバルサ、余裕があるのは負けているベンフィカ。
ほら、プーさんみたいなクーマンなんて、座ってハチミツ食ってるぅーっ!

クーマン.jpg

焦るあまり、ついにエトーも"とりあえず"のオーバーヘッド(笑)。
あいかわらず打ちまくっているミッコリからまたしても笛なしでボールを奪うイニ坊はほんとたいしたもんですが、だんだんとベンフィカの猛攻が"波状攻撃"になってくる。
プーさんみたいなクーマンは、もう潔い表情をしている。いいね、こーゆーのは気持ちいい。
84分、ファン・ボメルに代わってピッチに入るのは、バケツで水をかぶった怪我明けエジミウソン。なんでいつもこの人はびしょ濡れなんですかね。ヘンリクとジュリも交代っす。
そしてまたしても大ピンチ。FKから、カラグニスのシュート!
えーん、もう勘弁してください。緊張しっぱなしで、さるお疲れちゃったよ(泣)。早く90分になればいいのに。はぁはぁはぁ。

そして最後の最後に、やっと訪れた勝利の瞬間!さるおがすっかり息切れした89分、ロニーから前線のベレッチにパス。え?ぜんせんのべれっちぃ?(←しつこい)
とにかくベレッチが右からゴール正面のエトーに完璧なクロスを放り込み、エトーがぴたりと計算し尽くしたボレーを決めたぁーーーっ!やったぁ、2-0で勝ち抜けた。ぐうぉぉぉーっ!
ベンチではライカーの横で、さるおが恋しくて恋しくてしょーがないマクシ・ロペスも吠えている!ぐぁはははは!

しかし疲れたね。ぐったりだ。
なんかもう、先のことは考えられませんが、準決勝はミラン戦です。1st.leg、まずは向こう(サンシーロ)へ出かけていって、2つめをカンプ・ノウでやります。
そーいや、つい先日、デメトリオ・アルベルティーニの引退試合で対戦したばっかりですが(笑)、今度はね、あーゆーんじゃないからな。
勝つよ。絶対勝つ。これはもう決まったことですから。バルサはCL獲るんです。(決定)

というわけで、ミラニスタのみなさん、今のバルサは正直傷だらけですけど、まぁ見てろ、うちは負けねーよ。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 07:15| Comment(26) | TrackBack(23) | UEFA チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。