2006年06月04日

映画鑑賞感想文『愛についてのキンゼイ・レポート』

さるおです。
『KINSEY/愛についてのキンゼイ・レポート』を観たよ。
これはおもしろい!
ただ、愛についてのレポートじゃないので、とにかく、なんちゅーか、お子さん以外にはおすすめだYO(笑)!

監督・脚本は、『シカゴ』の脚本家ビル・コンドン(William Condon)、うーん、さすがっすね。
出演は、"PROK"ことアルフレッド・キンゼイ博士にリーアム・ニーソン(Liam Neeson)、奥さんの"Mac"ことクララ・マクミレンにローラ・リニー(Laura Linney)、教え子のクライド・マーティンにピーター・サースガード(Peter Sarsgaard)。そして最後に面接を受けた女性にリン・レッドグレーヴ(Lynn Redgrave)。

コンサバ至上の1940〜50年代アメリカ。昆虫博士からセックス博士に転身して赤裸々な調査結果を発表し、物議を醸し出した実在の動物学者アルフレッド・キンゼイ博士の無垢な生涯を綴った感動作。
頑固をとうに通り越し、調査が自分の使命だと思ってしまい、ついに偉業を成し遂げる学者の、なんと純粋で、なんと愚かで、なんと無防備で、なんと勇気のあることか。自らは決して偏見を生まず、他者の偏見には証明という反抗で報いる、誠意ある素直な生き方を貫いてます。いいねー。こーゆーふーにさるおも生きたい。
厳格すぎる父親との風変わりな和解の光景も、ほのかな温かみを通して描かれていて感動っすよ。
そして、どれほどの逆境に見舞われようとプロックを最後まで守り抜くマックのなんと明るく強く美しいことか。いやー、素晴らしいっす!泣けますね。

映画そのものはコメディです。ばかばかしく愛おしく、笑えるシーンが満載。
そもそも学者って、ほとんどコミカルな存在ですから。(←褒め言葉ですからね)

映画の終盤はせつないな。登場人物たちが、急速に、愛というものを理解してしまいます。データでは説明できない苦しい心をみんな抱えているんだと、キンゼイ博士も思い知る日が来る。それでもなお使命を守ろうとふんばってはみるけれど、無防備なキンゼイ博士が現実に直面するのはものすごく残酷なことで、胸が痛むんでござる。

でも、だいじょうぶでした。ちゃんと、見ていてくれる人がいる。わかってくれる人が、必ずいる。
近くの人じゃありません。見ず知らずの、遠くの他人です。そこがまたいい。小さな小さな元気の元は、けっこう輝くもんですね。
ほんと、いい作品だー。

"性についてのキンゼイ・レポート"を扱った、愛についての映画です。

ピーター・サースガードの、目を見張るようなさりげなさのポロリも素晴らしい。(ほんとか)
ほんと、いい作品だー。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 21:12| Comment(6) | TrackBack(21) | 映画の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。