2006年08月01日

夏休みの自由研究を乗りきるネタ

さるおです。
本家"ヨタばなし★スターメンバー"(メルマガのほうね)をさっきいつものように泣きながら発行しました。
今回は、モッくんにいさんにそっくりの伊右衛門さん、あの夢中んなってお茶作ってる人ね、あの人の名前がオカシイなっちゅーことを、いっしょけんめーに考えました。
伊右衛門に読みがなをふると伊(い)右(?)衛(え)門(もん)。
ぶわぁーっ、右があまってるぅーっ!
ということは、ほんとは「いうえもん」さんなのかなと。

ニセもん.jpg

で、そーいえば、このさるお画伯のゆるーい絵を見て「ド○えもんだぁー!」と決して言ってはいけないことを言ってしまったスタメンのよい子たちへ、未来の世界のネコ型ロボットどんなもんだいぼーく、ド○えもん、奇妙キテレツ摩訶不思議奇想天外四捨五入出前迅速落書き無用なこのロボがいったい何者なのかという答えなくてよろしい疑問に答えるべく、またあらぬ方向に話がとっ散らかりながらも、日本史やら国語やらをアカデミックにまじえつつ本当にどーでもいい文章を綴ってみたわけです(涙)。
これはそのうちバックナンバーに載せるんだけど、今は登録してくださっているスタメンのよい子しか読めませんのですみません。登録はこちらです。

ちなみに、この絵がド○えもんさんだなどということは絶対にありません。隣のマウスさんも、決してデ○ズニーのミ○キーさんなどではありません。くれぐれも。(大泣きしながら)

で、夏休みなわけです。(唐突)
夏休みということは、宿題があるわけです。"休み"と言いつつ、ほれ宿題だなどとふざけたことを言いやがって、これはもう夏に対する冒涜としか思えませんが、出てしまったものはしょーがねーです。
さるおはね、"夏休みの宿題は9月に入ったらやる"という、自分では自信を持って"自粛"と呼んでいたまさかの暴挙で小中学校時代を乗り越えてきたわけで、まー、9月1日にすべてが間に合ってないわけですが、初日はひたすら「持ってくるの忘れました」と言って生き延びて、1日の夜は泣きながら読めないくらいぶっとんだ筆跡で漢字ドリルを一心不乱に汚く汚す。そーゆーたくましいコドモでした。
しかーし、世の中には夏休みの宿題を夏休みにやろうという、エライそれが普通よい子もいらっしゃるわけで、あるいは"夏休みの宿題は9月に入ったらやる"という戦略を"自粛"だとは考えてくれないそれが普通よい子のパパママもいらっしゃるわけです。
だいたい今どきの夏休みの宿題に"自由研究"なるものが存在するのかどうかもよくわかりませんが、自由テーマの宿題があるなら、さるおとしては理科をおすすめしたいわけですね。ほんでまぁ、相対性理論はいいテーマだなと思うんでござる。宇宙って想像力を掻き立てるテーマだからね。
というわけで、宿題に困っているスタメンのよい子はこちらを読んでみてください。読んだらたぶん、想像できると思うんだ。相対性理論は難しいけど、おもしろいんだよ。
ちなみに、この記事の続きももうバックナンバーに載ってます。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:44| Comment(14) | TrackBack(0) | 心ゆくまでさるお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。