2006年09月28日

UCL06-07 グループリーグ第2節 憎まれっ子クリスチアーノ世にはばかる&さるおの神童レオ・メッシは本当の救世主!

さるおです。
昨日のベンフィカ vs マンUもさっき観たよ。ベンフィカホームのエスタディオ・ダ・ルスで去年は2-1。ベンフィカはもう1回ぶちのめしてやろうと、マンUは雪辱をはらそうと、そーゆー意気込みなはずですが、えーっと、けっこうパスミス合戦で、両チームともいまいち、よくないなぁ。
しかしそれでも、さるおはやっぱりポルトガルサッカーが好きです。大好きですね。
で、ベンフィカを応援しているさるおとしては、ルイ・サアのゴールで雪辱が晴らされちゃったわけで悔しいんですが、敵サポからも味方サポからもブーイングされまくる堂々たる風格のさるおのクリスチアーノの"憎まれっ子世にはばかれ"っぷりを観ていると、こりゃますます好きなわけで、ねんど君も元気やし、つまり、マンUのみなさんおめでとうございます。

で、こちらの写真が、「黒目がちでオカマ走りの人間核弾頭クローゼ君に負けるわけにはいかんのだよ。むははー。」なんつって昨夜からアップしているさるおの姿です。

さるおマフラー.jpg

ヴェルダー・ブレーメン vs FCバルセロナ

バルサのDFラインは中央にプジョルとチュラム、サイドは右にオレゲール、左にシウビーニョ、モッタちゃんを中盤の底に、イニ坊が右、デコが左です。攻撃陣はロニーとエトーに、小さいおっさんジュリ。そしてビクトリーな守護神だったらいいのにと本当に思う男バルデスがゴールを守る。
ベンチはジョルケラ、ベレッチ、シャビ、グジョンセン、ザンブロッタ、エジミウソン、そしてレオ・メッシ。

えーっと、審判さんはエリア外のファイルをPKにしちゃってイタリアでは失業中のロベルト・ロセッティ先生です。

今のブレーメンはええチームっすよね。前にほら、カンプ・ノウにおいでになったときもそーでしたが、王者バルサをぜんぜん怖がらない。思い切って素速い攻撃を繰り広げる勇気あるチームっす。
対するバルサのほうがヴェーゼルシュタディオンに乗り込んで構えてしまってます。

試合開始、やっぱりいきなり大猛攻をしかけてくるブレーメン。2分にもうアーロン・フントがシュート!バルデス君、今日はたぶん忙しくなるのでしっかり働きたまえ。
ブレーメンの勢いにびっくらこけつつ、背の高い敵に囲まれてほとんど姿の見えない小さいおっさんジュリが下がってきては必至に守備で貢献してます。オレゲールも懸命にフントに体当たり。しかーし9分にはフントからのパスをトルステン・フリンクスがシュート!こりゃわずかにゴール左に流れる。
雰囲気が悪いなぁ。相手はやる気まんまんだわ、失業レフェリーとデコはぶつかるわ、ファウルはとってもらえないわで、バルサのちびっこたち、不機嫌そうです。ブレーメンの大きなお友達はみなさんプレッシャーがきつい。でっかいだけでも充分なのに、寄ってくるぅ〜。まずいね、なんとかしないと。
11分、今度はフリンクスのパスに黒目がちでオカマ走りのクローゼ君が完璧すぎる走り出しでシュート!ぐわぁー、あぶねーっ!うりゃぁーっ!チュラさん蹴り出してくれたぁーっ!
バルサのちびっこなんてまだ誰もボールに触ってませんよ(泣)。ふんばれバルサ。相手は早いとこ得点しようと必死です。でもこの猛攻が90分続くはずはない。今はふんばれ。

14分、初めてバルサのよい子がボールに触ったYO!ロニーでドリブルでゴール前に上がる。いてまえーっ。決めてまえーっ。
絶好のチャンスでしたが打てずです(泣)。いや、でもね、ゲーム展開は少しずつ変わってきました。だんだんとバルサがボールを回しはじめる。
続く17分、ロニーのドリブルに、エトーがクローゼと同じくらい完璧すぎる走り出しでボールもらったぁーっ!いてまえーっ。決めてまえーっ。しかーし、GKティム・ヴィーゼと交錯して打てずです。で、下がって組み立て直そうとしてますが、あーん、だめか。
チャンスは続けて2回。いいぞ、勝利の女神の腕をつかんで無理矢理こっちに連れて来い。
22分にはフントのCKを奪い取ったエトーがピッチの端から端までドリブルで走る走る走る走る!1人抜き、2人抜き、速い速い!エトーって黒豹みたいでものすごい美しい人ですけど、4本足かと思うくらい(笑)速い。で、3人目抜いてミドルシュート、どっかーん!ぐわぁー、惜しい。入らねーずら(涙)。
ロニーをオーバーラップしてずんずん行くシウビーニョはオフサイド。イニ坊はフリンクスとティム・ボロフスキにはさまれてぺったんこに押し潰されています。うーん、ほんと、なんとかしないと。
28分にはまたまたフントがシュート!この人怖いっす(泣)。
バルサだって負けてはおれんので右のエトーからのパスをロニーが折り返して、小さくてほとんど見えないジュリがシュート!プジョルも笑けるほどに上がってきてはボールをカットして、バルサボールになるとそそくさと帰っていくという、献身的なプレーでがんばってます。35分にはデコが強烈ミドル!どっかーんと蹴ったがゴールのわずか右。
38分にはまたまたブレーメンの速攻で攻め込まれそうになりながら、ディエゴのボールをモッタちゃんが奪って凌いでます。なんかしらんけどエトーは足から流血してるし、ものすごい必死であたふたとがんばるバルサですが、ふとベンチが映ると、すっごいイノセントな表情の神童レオがお行儀よく静かに座っていたりして(笑)、さすが神の子なんであーる。
フリンクスから黒目がちでオカマ走りのクローゼ君へのパスはまたまたチュラさんがナイスなカット。
「あっ、あっ、今デコ転ばせてファウルじゃねーか、笛吹けよ、てめぇ」とか言っちゃって、さるおも大コーフン。
ブレーメンの波状攻撃は止むことなく、フリンクスのシュートをまたまたチュラさんがカットして前半終了です。うーん、すんごい押されてるんですけど(大泣)。まずいんですけど。

後半、まずはロニーのFKですが、てんやわんやになって選手が競るゴール前、なぜか競り勝ったのはジュリという、まさかの強さですね(笑)。すごい。
で、似たようなシーンになった50分、黒目がちでオカマ走りのクローゼ君のヘディングを阻止してやろうと飛んでみたのはデコ。えーっと、キャイ〜ンみたいなポーズになっただけで、こちらは意味なし。飛んでみた、ということがおもしろい大事なわけです。
で、前半みたいに爆発的な猛攻ではないですが、ディエゴがまたまたシュート!
そして涙の56分。バルサゴール前にブレーメンのよい子たちがやってきて、オレゲール君が「この人オフサイドなんですけど!」と片手を上げて振り向いてたらボロフスキがまさかのシュート、ぶわぁーっ、足出せぇーっ!おりゃぁぁぁ〜〜〜っ!っとプジョル君が足を出したらボールがつま先に触って、飛んでった先はバルサゴール(哀)。ま、まさかのOG(大粒の涙)。
まずい、OGで1-0て。さるお涙目。
ふと気がつけば、そうですよ、たしかに、モッタちゃんが効いてない。ついでにロニーが運動量は少ないわ、ボールは敵にあげちゃうわで、ロニーも人間なんだなと、そういう泣ける展開になってます。
プジョルはOGの穴をなんとか自分で埋めようと必死で戦ってますが、ここでエトーがまさかの負傷(大泣)。あー、膝ですか?蹴ったときに痛くしたのかな。エトーがピッチを去っている間にボロフスキがまたまたシュート。えーん、見慣れないオレンジユニのさるおバルサが、見慣れない慌てぶり。
20分、エトーとグジョンセンが交代。そして小さいおっさんジュリと神童レオが交代です。
そうだよ、いつでもピンチのときにたすけてくれたのはさるおのヘンリク・ラーションでした。ヘンケのあとを引き継いだグッディ、おまえならたすけてくれるよな。見ててくれ、ヘンケ!負けるな、グッディ!
そしてレオはなんつっても神のわらべ。おまえもたすけてくれるだろ。

68分、モッタちゃんがかわされて黒目がちでオカマ走りのクローゼ君がシュート!
70分には負けじとシウビーニョがシュート!
もうこうなったらデコの必殺技だ!ナルド君の手にボールを蹴っちゃえ!よし、ハンドだ(笑)!
それでも絶不調男ロニーのFKは壁に当たって上のほうにぶっ飛んでいき、反撃ならず(涙)。まいった。
希望が見えてくるのは75分、レオがブレーメンゴール前でドリブルしまくりです。強いぞ強いぞ。2人のスライディングをくるりとかわし、ぶつかってくるもう1人をかわしてシュート!
ついにヴィーゼがエリア"内"でボールをつかんだらエリア"外"だと言い張り、ロニーが絶不調でも無理矢理FK獲得(笑)。絶不調男なので入りません。続くCKも絶不調男なのでもちろん入りません。
78分にはフリンクスのパスをボロフスキがシュート!あー、マークがぜんぜんなってませんね。ご自由にお蹴りくださいって感じだぞ(涙)。ここでシウビーニョがザンビーと交代。ザンビーよ上がってけってことです。
83分、さっきからしきりにゴール前に殺到していくのはイニ坊。こちらは絶好調で、相手に衝突しそうな勢いでボールを奪いに行ったりしてます。おまえもたすけてくれー。ほんとまずいんだから、もう時間がないもん。
87分にはデコがゴール前にボールを放り込み、イニ坊も必死でボール奪取、グッディもドリブルで切り込んでいく。ほんとまずいよ、時間ないってば。(さるお号泣)
そして運命の89分。右サイドからドリブルでゴール前にぐんぐん入っていくのは神童レオ・メッシ!中央に駆け込んできたさるおのデコにボールを落とし、デコがワンタッチで軽く前に蹴り出す!来いっ!レオ!来たぁーっ!けっ飛ばせぇーっ!ぼっかーん!うりゃぁー、入ったぁぁぁーーーっ!

さるおコーフン。ぎりぎりで追いついた!
もう1点ついでに取ろうと思ったけれど、いくらなんでもそこまでは無理でした(笑)。結果1-1のドロー。
いやぁ、だめかと思ったよ。負けると思った。いや、断じて負ける気はしてないんですが、負けると思った。さるお大混乱。おっかなかったっす。レオ、ありがとう。あんたが大将!

ずっと押されっぱなしで、全身オレンジ色の集団は始終慌てまくってました。
エトー、足はだいじょうぶかい?
オフサイドの主張をしようと思ったらアシスタントレフェリーと手と手がぶつかってしまったプジョルは自ら謝っちゃったりして、いい人オーラを出してましたね。あんたは悪くない。気にすんな。

PFCレフスキ・ソフィア vs FCチェルシー
ところで、年間予算6億円のレフスキ・ソフィアが、年間予算300億円のチェルシーから1点もぎ取りました!しかもかっこよく!ほんといいチームっす。カンプ・ノウでもそうだったよね、攻撃サッカーを貫いてかっこよかった。ヨボス君とマリアン・オグニャノフ君もヒーローっすNE!

全試合の結果はこちらをご覧下さい。
順位表はこちらをご覧下さい。

あ、すいません。またねんど君って言っちゃった。ルーニーです、ルーニー。暴れん坊のルーニー。あの子もけっこう好きです。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 07:25| Comment(30) | TrackBack(17) | UEFA チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。