2006年11月05日

ラ・リーガ06-07 第9節 勝たなければいけなかったんだよ!デポルティーボ・ラ・コルーニャ対バルサ

さるおです。
じどうしゃレースを引退したミハエル・シューマッハさんがフットボーラーに転身したYO!スイス西部の小さな村のクラブチーム、エシシャン(3部リーグ)に入団して、FW登録で、なんとDFを冷静にかわしてみたりなんかして、ゴールを決めてます(笑)。狙えゴールポジション、とわけのわからないことを言って盛り上がっている監督さんはその名もフェラーリ。
http://youtube.com/さんでMichael Schumacher Goalをご覧下さい。Michael Schumacher scores a goalもおもしろい、狙えゴールポジション。

一方のバルサは、勝たなければいけなかったんだ、今日だけは。プジョルのために、どーしても勝たなければ。
前線は中央にサビオラ、左右はロニーとメッシ。中盤はデコとイニ坊で、底にエジミウソン。右にジオ、左にザンブロッタ、中央はチュラムとマルケス。
ホーム・リアソールで負けなしのテポルティーボ対、アウェイ・リアソールで負けなしのバルサ。これはもう出足が素晴らしくて、さすがリーガ4強の1角スーペル・デポル。39分のバルサ先制はコネホが獲ったPKをロニーが決めてるわけですが、うーん、またセットプレーか(涙)。
だめだよ、気圧されちゃ。ふんばれバルサ。おまえら王者だろ。おまえらはプレスをかける側なんだろ、いくらデポルティーボが気合い入りまくりだからって、いつから受け身になったんだ(涙)。
ザンブロッタも上がってくし、チュラさんも今日はプジョルが乗り移ってどんどん前に行っとるし、レオとコネホとザンビーとデコとイニ坊で華麗なパスワークを見せつつも、うーん、もっとコネホを1トップ気味に使ってもいいかもしれんなーとか、ところでロニーは何やってんだとか、なんだかうまくいかないバルサです。
後半はデポルティーボさんちょっと疲れてきたから攻撃はよくなりつつも、コネホとジュリを交代。どーしてもロニーを下げられないバルサはレオを左に連れてきてロニーが中央。そーじゃねーだろ、そーじゃ(涙)。
チュラムとオレゲールを代えた5分後には、逆にPKのこぼれ球をファン・ロドリゲスに押し込まれちまった(泣)。バルデスはすごかったっすよ、左手でボールはじいて、次の瞬間にも反応して右手でボールに触ってる、よくやった、おまえはよくやったよな。
そしてジオとベレッチが交代、ザンビー左に行ってくれたまへって、そーじゃねーだろ、そーじゃよぅ(涙)。
デコは今日もバリバリの負けん気でがんばっていました。エジミウソンも、今日も狙われまくりながらがんばってました。いちばんすごかったのはイニ坊っすね。ものすごい怒濤の守備を見せるイニ坊を見て、思ったよ「この子、プジョルのためにがんばってるんだなぁ」って。おまえに足りないのはゴールだけ。今日だってDF3人の前を素通りするかのように抜いていき1対1!蹴れなかったけど。

カルレス・プジョル、アンドレス・イニエスタ、ともにカンテラ育ちの生え抜きで、要は先輩後輩の間柄っす。もしかしたらイニ坊は、プジョル家に遊びに行ったかもしれんですよね。
「ぷ、ぷ、ぷよるせんぱいにおせわになってます、ぼく、いにぼうです」
とか挨拶したかもしんない。
「キミがイニエスタ君か、白いな」
パパプジョルもそう答えたかもしんない。
そのパパプジョルさんは事故で亡くなりました、11月3日に、56歳で。早すぎる。
だから今日は勝たなければならなかった。おまえら、意地でも今日勝たなくてどーする。
ところが1-1。お互いにリアソールで負けなしのままです。
追いつかれてからは一気に肉弾戦だぞ。ある意味、この1試合だけ観ればおもしろかったっす。
メディーナ・カンタレホ、おまえはどうせ黄札出しまくると思ったがな。
心配だ。バルサが心配だ。(またまた悔し涙)
向かい風でも、進めよバルサ。ド根性を見せろ。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 22:53| Comment(8) | TrackBack(15) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。