2007年01月10日

映画『PoA』に登場する『DH』の予告映像

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、ハリポタ7について考えてみたいです。
ネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

しばらーく前の話ですが(笑)、映画『PoA』プレミアで、Joがこんなこと言ってましたね。
Alfonso [Cuaron] had very good intuition about what would and wouldn't work. He's put things in the film that, without knowing it, foreshadow things that are going to happen in the final two books. So, I really got goosebumps when I saw a couple of those things and I thought people are going to look back on the film and think those were put in deliberately as clues.
さるお訳:アルフォンソが『PoA』でね、自分でも気づかずに、"最後の2冊で起きること"の予知映像をいくつか撮っててびっくらこけたわー!後でわかることだけど、みんなもびっくらこけまくるわよー!

アルフォンソが"自分でも気づかずにその映像を入れた"ということは、もしかすると原作にはないシーンだということっすか?あるいは、Joにとっては意外な表現方法で俳優が演じているとかかな?
そしてそれらは『HBP』と『DH』の予言のようだということならば、こりゃ入念に映画観ないとな。
ということでさるお的に気になるシーンを探してみます。

場面その1
ボガートがディメンターの姿になった瞬間にリーマスが両手を広げてハリーの前に立つ。
本ではハリーのトライアウト直前にリーマスが遮る。

場面その2
リーマスとハリーが橋の上で話します。そして以下の話の最中は、リーマス、ハリー無視で思い出にどっぷり。
Oh, yes. I knew her. Your mother was there at a time for me when no one else was. Not only was she a singularly gifted witch, she was also an uncommonly kind woman. She had a way of seeing the beauty in others, even and, perhaps, most especially, when that person could not see it in themselves.
さるお訳:リリーは才能ある魔女なだけじゃなくて、優しくって、ほんで、本人ですら気づかない美点を見つけてくれるんだ。
そしてこうも言います。
You're more like them than you know, Harry. In time you'll come to see just how much.
さるお訳:どれほど両親に似てるか、いつかわかるよ。

場面その3
パトロナス呪文の練習中、ハリーがろうそくの火にさわる。
これはオープニングのダンブルドアのスピーチの場面によく似てますねー。

場面その4
ハーに杖を突きつけられて怖がっている表情をした後、ドラコちゃんはハーの強烈パンチを浴びて逃げるようにして校舎に走っていきます。
Not a word to anyone, understood? I'm gonna get that jumped up mudblood, mark my words.
さるお訳:誰にも言うなよー。穢れた血のあいつめー、仕返ししてやるー、ふんがー。
と言い残して。

場面その5
バックビークの処刑で、ハーはロンの肩で泣いている。

場面その6
Shrieking Shackでコドモトリオとシリウスが対峙したとき、まずハーが友達を守ろうと立ちふさがる。
本ではシリウスに3人分の杖を取り上げられ、一歩前に踏み出すハリーをハーが引き戻し、ロンのほうが勇ましくこう叫んでいます。
If you want to kill Harry, you'll have to kill us us, too!
さるお訳:ハリーを殺すんなら僕らも殺せーっ!

場面その7
Shrieking Shackにスネイプさんが到着したところで、リーマスとシリウスに不思議なセリフを言ってます。
Oh, listen to you two, quarelling like an old married couple.
さるお訳:おまえら、年寄り夫婦のケンカかよ

場面その8
Shrieking Shackからの帰り道。シリウスがこう言います。
In fact, more than once, James suggested that I make the change permanent.
さるお訳:ジェームズが「ずっと犬でいればいいのに」って言ってた。

場面その9
妙にヌーディな狼になったリーマスからコドモらを守ろうと、スネイプさんが立ちはだかる。

場面その10
ハーが遠吠えする。

場面その11
Dementor's Kissのシーンでシリウスの口から青い玉が出てくる。
本では、あのシーンにハーもいるし、最初にキスされるのはハリーです。

さてさて、"その5"が『HBP』に対する予告映像なのはあってるでしょう、たぶん。あー、このふたりがくっつくのかと。
では『DH』の予告映像はどのシーンか。よくよく見れば、映画『PoA』は"立ちはだかる"のオンパレードっす、あるいは自己犠牲のオンパレード。
もしも"1"が『DH』の予告映像ならばリーマス・ルーピンが、"6"ならハーが、"9"ならスネイプが、ハリー(たち)を守って死にそうです。
"2"ならば、リーマスとリリーは恋愛関係にあったっちゅー暴露があるかもしれません。これについてこちらをご覧下さい。
"3"は気になるけどむずかしいなぁ。ハリーがダンブルドアみたいに炎を扱えるようになるとか・・・
"4"だとすると、いつかドラコがハーにひどいことしそう。
"7"もむずかしい。ホグワーツ時代にもquarelling like an old married couple.だったエピソードがあるのかな。
"8"はある意味ステキっすね。シリウスが、(永遠に)犬の姿で登場するかもしれんよ。
"10"は、ハーが危険をかえりみずハリーを守る、と考えることもできますが、あるいは、ハーも噛まれて感染するのかもしれません。
"11"はちょっと意味あり気なんだけど、これもむずかしいっすね。生死の境目を表現しているはずなので、これに似たシーンがあるかもしれないな。

Joの言うとおり、主に本の『OotP』をたよりに、映画『PoA』もたよりに、『DH』大予想をするので、ポッタリアンなスタメンのよい子は何か気づいたらさるおにおしえてあげてください。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 22:55| Comment(14) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

さるおのハリポタ辞典[スポーツ] クィディッチ

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、Quidditchを紹介します。
ネタばれコメント大歓迎なので、気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

クイディッチ(Quidditch)

ほうきに乗って飛びながら行う、魔法界で大人気のフットボールかポロに似た空中球技。世界中には多数のクラブチームがあります。

toyohashitengu.jpg
↑日本が世界に誇るクイディッチチーム『豊橋天狗』
 試合に負けるとほうきを燃やしてしまう

シーズン開幕は11月です。
4年に1度開催されるスポーツの祭典はもちろんQuidditch World Cup!こちらは国対抗です。
ホグワーツでも部活動として取り入れられていて、4つの寮それぞれにチームがあります。

【ルール】
1チームは7人(キーパー1名、ビーター2名、チェイサー3名、シーカー1名)で構成され、2チームで勝敗を競う。

pitch.JPG

両端にそれぞれ3つ高さ53フィート(16m)のゴールフープが設置された縦500フィート(約150m)横80フィート(約55m)の楕円形の競技場で行い、ボールは3種類(Quaffle1つ、Bludger2つ、Golden Snitch1つ)使用する。
Quaffleはサッカーボール大の明るい赤のボールで、落下時のみ減速、sticking charmによりつかみやすくなっている。チェイサーはQuaffleを相手チームから奪い、相手ゴールに投げ入れることができると味方チームの得点が10点加算される。
Bludgerは鉄製の重い球で、フィールド内を飛び回り選手にぶつかろうとするので、ビーターは小ぶりな野球用バットに似たクィディッチ用バットでBludgerを打ち、味方選手を守り、相手選手を攻撃する。
キーパーは自陣のゴールを守り、相手チームのチェイサーのシュートを阻止する。
Golden Snitchは高速で飛び回る小さくて翼がついた金色の球で、どちらかのチームのシーカーがこの球を捕獲した時点でゲームは終了となる。Golden Snitchを捕獲したシーカーのチームには得点が150点加算される。

gs.jpg

ゲーム終了で、得点の多いチームの勝利となる。

【歴史】
ほうきの開発がすすみ、使用者が旋回、速度、高度などをコントロールできるようになるとすぐに登場したクイディッチは、ほうきに乗ってボール(Quaffle)を投げながら競技場の端のゴールに投げ込んで遊ぶ、というのが起源です。ほうきについてはこちらの記事をご覧下さい。

broom.jpg

ここに、頭にくくりつけた釜(cauldron)で石を落とさないように受け止めるというスコティッシュゲームの要素が付加され、石を投げて邪魔をするというルールが追加されます。バットを使うようになると石では砕けてしまうため、鉄球(Bludgers)に置き変わりました。
Golden Snitchは、高速で飛行する魔法生物Golden Snidget(小型の鳥類)を捕まえるというハンティング競技から取り入れられたものです。1269年にBarberous Braggeが捕獲されたGolden Snidgetを150galleons(今の価格で100万galleonsを超える金額)で購入しようとしたエピソードから、Golden Snitchによって150点が加算されることになりました。

gsbird.JPG 絶滅危惧種 Golden Snidget

やがてGolden Snidgetが絶滅危惧種に指定されると、Bowman WrightがGolden Snitchを開発し、これが使われるようになりました。
"Quidditch"という名称が初めて登場するのは11世紀。Quaffle、Bludger、Snitchというボールの名前から命名したものでもあり、"Queerditch Marsh"と呼ばれる沼地が発祥の地。このゲームは現在のクィディッチとほぼ類似しています。
1398年に公式ルール制定、1473年のワールドカップで700種類のファウル規定ができました。

【類似競技の歴史】
10世紀以降現在までスウェーデンで行われているブルームレースは、コッパルベリ(Kopparberg)からアレェプルイ(Arjeplog)までの300マイルを、ほうきに乗って競争する競技で、現在では正式な国際競技。優勝者には銀製のSwedish Short-Snoutトロフィーが授与されます。
また、12世紀(1105年)ドイツの有名な絵画資料でもクィディッチの変型のような競技の様子がわかります。高さ20フィートのポールの先にドラゴンの満タンの膀胱をくくりつけ(笑)、ほうきに乗った1人の選手が10フィートの長さのロープでそのポール先端とウェストをしばり膀胱のキーパーに(笑)になり(10フィートしか飛び回れない)、残りの選手は順番に、先をとがらせたほうきでその"水風船"をパンクさせようとする競技。キーパーは杖を帯同し、魔法でこの攻撃から"水風船"を守らなければなりません。

【競技中の事故】
死者が出ることは稀ですが、たいていは、呪文や飛行生物を用いた不正行為による事故です。ハリーもホグワーツで不正行為に遭遇しています。

【その他の競技】
『Quidditch Through the Ages』によれば、クィディッチの変型である"Quodpot"はアメリカ合衆国や南米諸国で人気です。

books.JPG

両チームは11人で、Quodという(Quaffleを改変した)時限装置付きボールを投げ合い、Quodが爆発する前にゴールに投げ入れる競技です。ゴールは爆発を止める溶液の入ったcauldronで、Quodがゴールに入ると、新しいQuodが投入されます。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 21:31| Comment(8) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

ラ・リーガ06-07 第17節 ヘタフェ戦ですが、ちょっとまだお正月ということでドロー

さるおです。
2007年のリーガ、バルサの蹴り初めはヘタフェさんちではじまりました。バルサ(とベティス)は今1試合少なくて、2位だから、ここは勝ちたかったっすけど、1-1で分けてしまいました(泣)。
"痛恨のドロー"とか、"最悪"だとか、ほんとは少し思うけど、いや、やっぱ思わない。思うもんか。いいや、これで、これからだ。

前線にグッディ、左にサンティ、右におっさん。
イニ坊とシャビがおって、底にエジやん。左後ろはシウビーニョ、右後ろはベレッチ、中央はラファとプジョル。
そしてビクトリーな守護神。

"最悪"だと少し思うのは運動量が少なくてミスが多かったから。ヘタフェさんは中盤でガツガツ来てがんばってたからな、結果としてバルサは中盤でボールが支配できず、パスがつながらねぇ、ビルドアップができねぇ。しかたがないのでサイドから、あるいは中盤から、一気にグッディにボールを縦に放り込む。ということで、これはぜんぜんバルサ味じゃないわけで、ミスだらけだYO!
ついでにDFもミス頻発。ぐわぁーっ、抜かれたぁー、敵様フリー!と思ったところにラファが飛び込んできて救ってくれてましたが、そのラファもヘタフェFWグイサにまさかの勇気あるバックパスで、ラファエル・ショー開催中(大粒の涙)。今度は最後にどーにか凌ぐ係はぷーさんおまえだ、と思ったらあっさり抜かれて、2007年は失点からのスタート(号泣)だNE!
ということで、これについては努力でなんとかするしかないですが、努力すればなんとかなるので、いいよもう、ここからがんばれ。

さるおね、少なくともね、ロニーとデコがいない(累積)から負けちゃった、とか思いたくないんだ。ローテーションのできないバルサ、それは2006年までのバルサだろ、そうだよな、ライカー。バルサは"ロニーのチーム"じゃなくて、みんなでやってくんだろ、ライカー。このヘタフェ戦を"痛恨のドロー"だと言ってしまって、ロニーとデコを頼りきりにしたくない。
たとえば、デコがいなかったから、中盤でボールを支配できなかった。それはそれで当たりかもしれんです。いや、そのとーりだろー(笑)。それはわかってる。でも、今日のシャビはボールさばきじゃなくてドリブルでボールを失ったけど、そんなの、らしくないだけなんだ。ロニーとデコがいないと勝てないチーム、そんなもんになってたまるか。
12月のインテルナシオナル戦以降、お正月も延々と、さるおの頭の中には常にあの究極の命題がこびりついているわけで、"ボールポゼッションサッカーがカウンターサッカーに勝つ日 (2)"を書きたいなということで、とにかく、今に見てろと、そーゆーことです。←書いたYO!

いやぁ、とにかく、シャビのFKすごいゴラッソでしたよNE!壁さんたちもGKも動けない、美しいゴラッソ!やっぱりシャビは大将っす!これで追いついた。
小さいおっさんがミドルばんばん!CKのこぼれ球にも、もれなく後方から突っ込んできて強烈シュートが枠内にぶっ飛びまくるという、かっこよかったっすよNE!
白い悪魔イニ坊も、パスセンスといいキープ力といい輝きまくりでしたよNE!
サンティはコネホと交代。シウビーニョはジオと交代。
エジやんはヘスス・オルモと交代っす。今日はいきなり大活躍みたいな場面は作れないゲームでしたが、それはキミのせいじゃないので、オルモ君、応援してるからがんばれよ。

これから始まる超過密スケジュールを考えると、現状はかなりやばいんじゃないかと、おまえらそれでやってけるのかと、またほんとは少し思うけど、いや、やっぱ思わないでいてやるからふんばれ。
アラベスにも勝っとけよ。ダービーは勝てよ。今月はベティスもあるしな。来月んなるとCLだ。そうそう、レッズ愛についても書きたいですね。さるおも超過密スケジュール。

そうそう、敵様ですが、マリス・ヴェルパコフスキス(Maris Verpakovskis)、来たね(半年レンタル)。2004年のEUROってなんかすでに懐かしいですが、おっかないグループD(チェコ、ドイツ、オランダ)で奮闘したなぁ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 19:04| Comment(25) | TrackBack(16) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

空耳にもほどがある、そんな知ったかぶりは反則

さるおです。

「エビ料理食べようよ、銀座」
「え?銀座のエビ通りにめし屋があんのか。
 銀座のエビ通り・・・エビ通り・・・エビ通り・・・
 あーわかったわかった、和光の裏あたりな」

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:55| Comment(17) | TrackBack(0) | ある友人の語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

2007年01月05日

名機プリントゴッコB6で刷ったさるおの年賀状 2007年いのししどし

さるおです。
これは最新のやつです。2007年の亥年です。
いのししの絵を描こうと、このくらい必死でがんばってました(ブタっ鼻の熊)が、"いのしし"の"しし"の音に囚われているうちになぜか獅子舞の絵になってしまって、獅子舞の獅子は"いのしし"の"しし"ではないので、しかたがないからコスチュームがルイ・ヴィトンのモノグラムの"亥"バージョンという(笑)、やはり毎年のように、わけのわからない年賀状になってしまいました(涙)。
さるお35歳(涙)、渾身の力作。ということはさるおはいのしし年っすね。
頭がでかすぎやしないかと、そーゆーご指摘は一切受け付けません。(真剣)

イノシシ.jpg ←クリックして拡大

この年賀状ね、5枚くらい余裕あります。
写真で見るとわからないけど、プリントゴッコは版画だから、実物は少しざらざらした質感で味わいがあります。
ほしいと思ってくださる物好きな心優しいスタメンのよい子は、このブログの右上のメールアドレス宛てに、送り先をおしえてください。そうだな、1月20日くらいまでにお願いします。そしたら送るNE!

そうだ!そーいやこれはお年玉つき年賀はがきじゃねーか!
えーっと、さるおからの年賀状でお年玉が当たった方がいらしたら、コメント欄にでもご報告下さい、無理にじゃないけど、もしよかったら。半分くれとか言いませんから。(本当だろうな)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 20:26| Comment(46) | TrackBack(0) | さるお家おもしろ年賀状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

映画鑑賞感想文『ユナイテッド93』

さるおです。
『UNITED 93/ユナイテッド93』を観たよ。
監督・脚本は『THE BOURNE SUPREMACY/ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラス(Paul Greengrass)。
製作は『THE INTERPRETER/ザ・インタープリター』のティム・ビーヴァン(Tim Bevan)とエリック・フェルナー(Eric Fellner)、『HELLBOY/ヘルボーイ』のロイド・レヴィン(Lloyd Levin)。
出演は・・・えっと、これがいちばん大事なんですが、多すぎて書けません。ですが、公式サイトにみんな載ってます。
オフィシャル・サイト(英語)
http://www.united93movie.com/index.php
http://www.flight93.net/index.php
オフィシャル・サイト(日本語)
http://www.united93.jp/top.html

人は神に祈る。
神を作り出したのは人間なのに、自らの無力さを前に、遠すぎる平穏をはるかに臨んで、また祈る、祈り続ける。哀しみに暮れて為す術もなく、恐怖に怯えて目も見えず、思いだけでも遺そうと、神に祈る。あるいは無力な神のために、祈り続ける。
乗客も、テロリストも、同じように神に祈る。
何やってんだ、人間は。

2001年9月11日、さるおはこんなことになっていました。かなり衝撃的。

この作品は、4機目の物語。
せめてもの抵抗をしたユナイテッド93便の、まさに衝撃のノンフィクション・サスペンス。序盤からドキュメンタリータッチで、臨場感満点ですわー。管制センターとか関係機関への取材ね、がんばったね。今となっては決して誰も知ることのできない機内の空気が、あたかも目の前で展開されているようで、細かく作り込まれてます。
管制官の人とか、軍関係者で、当日現場に居合わせた本人が演じている。このへんもすごいっすね。
監督さんだか製作スタッフさんだかが、遺された家族一人残らずみんなに会うんだと、それから映画作るんだと、気合い入ってたみたいですけど、"犯人の遺族"には会えてないところがね、諸事情あるのは承知しつつも、正直、さるおには残念でした。それでもまぁ、乗客の遺族とか、できるかぎり巻き込んだ。この映画に関わること自体が苛酷なことだったろうに。すごいっす。だからね、観なきゃいけないな。

軍とか政府とか、はたから見てる組織ではなんだか情報が錯綜して動きが鈍いわけですが、ユナイテッド93便の乗客は戦ったね。
何と戦ったかというと、目の前にある運命です、ぐんぐん近づいてくる運命です。
善悪だとか、差別だとか、民族だとか、宗教だとか、石油だとか、そんなことは遠いんだ。
あれが事件のありのままの姿だったのかなぁと、思います。

エンターテイメントとしてもおもしろかったYO!

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 18:58| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

名機プリントゴッコB6で刷ったさるおの年賀状 1988年たつどし

さるおです。
もう、まともではない年賀状。(さるお大爆発)
おめでたいのか、嫌がらせなのか、わかりませんよ。当時これを送りつけられたおともだちのみんな、どうも、申し訳ありませんでした。
1988年の辰年です。辰ということは、これはおそらく、ドラゴン的なモノではないかと思われますが、かなり、だいたい、狂ってきてるよNE!
さるお16歳、渾身の力作。っちゅーか、いいのかな、16歳で、この絵で(泣)。

タツ.jpg ←クリックして拡大

2007年の年賀状をさるおから入手しようと企んでいるしている物好きな心優しいスタメンのよい子のみんな!期待できそうですよね、本当に。(むせび泣き)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 12:25| Comment(16) | TrackBack(0) | さるお家おもしろ年賀状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

正月早々、嬉し涙から一気に転落でドラマチックな2007年の予感

さるおです。
たまに遊んでくれるさるおのおともだち(7歳女子)が、「さるおにバカって言うな!」って守ってくれたYO!
2007年初の嬉し涙。

というか、よくよく考えてみると、正月早々いったい誰からバカって言われてるんだ、オレさまは。(早く気づけ)
悔し涙に、まさかのシフト(大粒の涙)。今年も先が思いやられますが、必死で生きていこうと思います。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 16:50| Comment(17) | TrackBack(0) | 心ゆくまでさるお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

夢のクルマ、たとえ年末ジャンボがはずれても

さるおです。
年末ジャンボ宝くじがまたはずれたYO!(今年もいきなり涙)
こんなことでは高級車が買えない。
ほしいクルマはいろいろありますが、とりあえず、宝くじが当たらなかったので、しかたがないから、すでに手に入っているさるおの高級車を、紹介してみようと思います。小さくて乗れないですが(爆)。
あと、そのうち紹介しようと思っているさるお所有の高級車たちも、消しゴムなので乗れないですが(爆)。

XJ6-3.jpg

これはジャガーさんです。横田じゃありません。XJ6です。

ということで、毎年同じこと言ってる気もしますが、今年の抱負。
「めざせ3億、あきらめるな」
みなさんよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 16:57| Comment(20) | TrackBack(0) | 心ゆくまでさるお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。