2007年02月05日

ラ・リーガ06-07 第21節 サラゴサにまた凹られたこと(国王杯)はおいといて、オサスナ相手にドローでも、バルサ復活!エトー復活!

さるおです。
いい(バルサが強い)試合だけをきっちりと見逃しているさるおです。
さるおが観なければバルサは勝つんじゃないか、さるおが観るから負けるんじゃないのか、と噂のさるおです。
さるおからほとばしるまさかの負のオーラを完全否定するためには、そんな世間を黙らせるためには、たとえさるおがユニ姿でハチマキ巻いててれびにかじりついていても、おまえら勝てよと、おまえらさるおの立場ちゅーもんも少しは考えろと、そーゆーことで、オサスナ戦です。

守護神はバルデス。CBはプジョルとエジやんっすか、んでマルケスは中盤の底。
左右両方できるザンブロッタは最近けっこう左もやってて、今日も左。
右はオレゲールです。目の回り以外がものすごい真っ黒にもじゃもじゃとしたオレゲール。
中央にシャビとデコがいて、その前に、右はジュリ、左はエスケーロ、真ん中にサビオラ。

ロニ子さんはいません。サラゴサ戦で足首が痛いとかで(代表が嫌なのかな)バルセロナのご自宅でお茶の間観戦。
さるおとしてはもう、行け行けサンティ!と早くも声が枯れそうですね。(近所迷惑)
べつに、"さんちぃ"と"もんち"が似ているからではありません。

オサスナさんはやっぱ強いなー。激しいプレッシングで当たりも強い。前線から下がってチェイスするとか、後ろから押してくとか、ボールの位置によってぶわっと囲んでみるだけとか奪取するとか、遅攻でいくか速攻かけるか、ものすごい賢く使い分けて、なんと90分間、疲れずに走り続けちゃいました。"オサスナのプレッシングサッカー"というものがね、あるね、ちゃんと。
カンテラーノがオサスナを支える核になっているっちゅー意味でも成功したチームっすよね。(あとマドリー卒業生)
ということで、ゲームはほとんどがオサスナさんの時間帯。ご自由にパスを回していらっしゃる(涙)。
ダビド・ロペスのミスにずいぶん救われつつ(笑)、ミロシェビッチの頭もあいかわらずよくボールをつかまえるし、ソルダードもはりきってっし、おかげでプジョルがありえない広範囲をカバーしまくり(涙)。

しかーし、バルサがまたしてもネガティブスパイラルの続きをやっていたとは思いません。
デコはすごかったっすね!キレキレっすよー。
ボールじゃなくて、これは足だとわかっているが、"べんけいのなきどころをキックするとほんとうに泣くのかな"という実験を、うりゃぁーっ!とプニャル相手にやっつけた直後は鼻歌を歌ってごまかすという、さるおはそんなイノセントなデコが好きです。(そのキレかたでいいのか)
そして相手の後頭部をスパイクの踵で踏んづけてみるという(これはわざとじゃありません)、さるおはそんなデコが好きです。
いや、そーじゃなくて、すごいパスセンスっす。完璧なボディバランスで一瞬のボールコントロール、そしてスピードのあるパス。前半27分はなんとも美しかったっすよねー。デコの真骨頂ともいえる完璧に美しいパスからシャビ、ジュリ、折り返してシャビ、今度はおっさんが切れ込んで抜け出す!オフサイドかなんか言われちゃったけど、ま、あの瞬間に強く思いました、バルサのネガティブスパイラルはもう終わりだぜと。
デコと比べるとクリーンな(笑)シャビもすごかった!オサスナさんからボール奪いまくって、特に前半はミドルも撃ちまくり。
で、同じくインターセプトといえば、最終ラインのプジョル!ラインコントロールしながら、相手の最後のパスを、もれなくカットしまくり。
ザンブロッタもサイドも上がったし。サンティもかなーり狙ってたし、ハビも変わらずええ動き。なんつっても小さいおっさんが、それでなくとも状態の悪い芝を、右45度だけさらに削ってみるということで、かっこええ。

あわやなシーンとかあったけどな、後半、ミロシェビッチがおうちに帰ってくれて(相手のおかげかよ。怪我かな?)、そっからやっとバルサの時間です。プジョルにーさんお疲れさまでしたと思いました。
コネホはイニ坊と交代。
後半26分にはシャビのシュートのこぼれ球をサンティが右で折り返してデコの頭、ほんとは入れようと思ったはずですが、結果としてはまた折り返しで最後はラファ!惜しいシーンは作ってます。
ラファがモッタちゃんと交代、そして、来たぁーっ!デコとエトーが交代!残り5分ですが、ずっと会いたかったので、涙出ました。
42分にはモッタちゃんがかわしてかわしてラストパスをサンティへ!これまた惜しくもオフサイドで、結果0-0のスコアレス。

ここしばらく思ってることですが、やっぱり、ネガティブスパイラルはついに終わったと思います。今節はなんだかんだ言って押されっぱなしでスコアレスでしたけど(泣)、何もできなかったわけではなくて、しのぎきったわけではなくて、個々の技術の高さで存分にみせたと思う。まだチーム対個だったけど、少なくとも、"チーム"相手に個が互角に戦ったと思う。
そしていつでも、バルサを支えているのはみんななんだけど、それはわかっているけど、デコだと、強く思います。デコ、あんたは大将だ。もちろん調子がよくないときというのはありますが、波が小さい。基本的に、いつも強い。チームを強引なほどに牽引する男。あれが勝者のメンタリティだと、本当に思いますね。

ジズー、フィーゴ、ロナウド、ベッカムに総額2億3800万ユーロ(約376億円)、オーウェンとか買い足すのに3億8000万ユーロ(約600億円)を投じたマドリーさんは、ついに銀河時代に買った商品を全部売っぱらったのでこれからが勝負っすけど、最近負けたことなかったとこに負けっぱなしで、バルセロニスタとしてはうほうほです大変心配です。あとはセビージャさんがずっこけてくれればなー。(敵のずっこけ待ちはやめなさい)

サラゴサさんみたいなとこに勝てないバルサの課題については、ずーっと考えてますが、悩ましすぎるので、またあとで考えます。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 23:53| Comment(19) | TrackBack(12) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。