2007年02月23日

ボールポゼッションサッカーがカウンターサッカーに勝つ日 (2)

さるおです。
かつて、フットボールは、美しかった。
戦略に縛られることなく、ときに一瞬の隙をついて戦術としてのカウンターを仕掛け、ときに流れるようなパス回しで立ちはだかる壁を翻弄して崩す。広いピッチを隅々まで使い、ポジションをめまぐるしく入れ替わり、ボールを支配し、ゲームを支配し、楽しく壮絶に撃ち合う。技術があればあるほどに、チームは90分間常に意外性を求め、観客は、柔軟なアイデアと個人技とコンビネーションプレーに驚き酔いしれ、そして喝采する。失点してもいいんだよ、もっと点を獲りに行くから。
まさに自由闊達。それは極上の美しさだった。

続きを心ゆくまで(笑)読む


posted by さるお at 08:20| Comment(11) | TrackBack(2) | フットボールあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。