2007年05月06日

ラ・リーガ06-07 第33節 お尻に火のついたバルサがお尻に火のついたラ・レアルさんに勝てました&クライフ語録

さるおです。
さるおのくせに忙しいGWです。昨日はハードな1日で、夜中に帰ってきたらもう疲れて眠くて、だけど今寝たら4:55に起きられねーずら、と思って、歯を食いしばって起きていたら、4:55に寝ました。何やってんだと、しっかりしろと。まさかの悔し涙。
リピート放送はがんばって観たいと思いますが、とにかく、えーっと、0-2勝利で、イニ坊とエトーってもう最高だし、白組とセビージャさんのゲームは余裕ぶちかまして観てやろうと思います。(耐えながら。←フエラのアトレチコとかがこれからなんで)

ところで、今さら感を漂わせつつクライフ語録の話でもしよーかな。
空飛ぶオランダ人・ヨハンの還暦祝い(4/25)を目前に、オランダのフットボールファンが選んだランキングだYO!

1.どんな欠点にも長所がある
2.ボールを持っていれば、点を取られない
3.いくら点を取られても、相手より1点多く取ればいい
4.理解できるまでは分からない
5.イタリアは勝つことができなくても、われわれがイタリアに負けることはある
6.彼らの守備はヤギのチーズ(チーズの穴=穴だらけという慣用表現の言い間違い)
7.ウン・モメント・ダド(クライフによって作られたスペイン語表現。“あるときに”という意味)

あ、そう、そうですか。
1位とか4位とか、もうフットボール関係ありませんから。
5位なんかもう、一休さんみたい。

さるお的クライフ名言集はちょっと違うな。
「ボールを動かせ、ボールは疲れない」、これがいちばん好き。
そしてやっぱり「美しく勝利せよ」は究極の名言っす。
あと、「プレッシングは優れたテクニックの前では無力だ」、こりゃ勇気が出ます。
「サッカーでは100mより30mから40mを速く走ることが重要。だがもっと重要なのは"いつ"走るかだ」
「ボールを持てば私が主役だ。決定するのは私で、だから創造するのは私だ」
「いくら技術に優れたスーパースターでも、その上には、勝者が、チャンピオンがいるものだ」
いいこと言うな。うるさすぎて(笑)、業界では煙たがられてると思いますが、ヨハン大好きです。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:00| Comment(18) | TrackBack(15) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。