2007年08月30日

さるおのハリポタツアー Harry Potter and the Deathly Hallows Chapter 14

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、さるおのハリポタツアーは大事なシーンを目撃します。
『DH』の完全ネタバレです。コメント欄も含めて、すごーくご注意ください。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

14:The Thief

目を開けると、そこは林の中。木漏れ日が、緑の間にキラキラです。一瞬、ホグワーツの"Forbidden Forest"かと思いましたが、木々がもっと若々しくて、"森"ではなく"林"です。
ポリジュース薬の効き目はちょうど切れるころ。横に倒れているロンを見ると、!!!
今度はロンが、ま、まさかの、血まみれ。左半身が真っ赤な血でぐっちゃぐちゃですよ。赤毛に戻りつつあるロンちん、何もかも真っ赤です(涙)。
「どしたの?」とハリー。
「Splinched(ばらけちゃった)」とハー。(詳しくは下のメモに書きました)
ハーはロンのシャツを破り、出血しているところを大急ぎで探します。ハリーは今まで、"splinching"ってちょっとコミカルだと思ってましたが、実情はとんでもない痛々しさ。ロンの腕から、肉の塊が、ナイフで削ぎ落としたようにごっそりと失われています。
「"Essence of Dittany"をバッグから出して!早く!」
ハリーは動揺しながらも"Accio Dittany!"で茶色いボトルを取り出します。ロンの意識はもうありません。手が震えて蓋が開けられないハー、怖かったんだなー。それでも懸命に、ロンの傷口にエキスを3滴落とします。「ほんとは元通りに治す魔法があるけれど、もし失敗したらと思うと怖くてできない。これが私にできる精一杯よ」
みるみる傷口に新しい皮膚が再生して止血できました。

突然林の中にいる理由を、ハーは目に涙をいっぱいためて、大きく息をついてから、こう説明しています。
「魔法省から瞬間移動するとき、ヤクスリーが私につかまってくっついてきた。振りほどこうとしたけどだめで、グリモルド・プレイスまで一緒に来ちゃった。そこに降りたったらヤクスリーの手が緩んだから、"Revulsion Jinx"で振りほどいて、とっさに私がふたりをここに連れてきたのよ。誰にも知られずに隠れられる場所がいいと思って、QWCが開催された林に。私、ヤクスリーを"Fidelius Charm"の圏内に入れちゃった。私たちみんながシークレットキーパーなのに、私がそのシークレットをDEにおしえちゃった。えーん、ごめんてばー」
「いけないのはぼくだよ。カエル部屋のドアにマッドアイの目がはめ込まれてるの見て、そのままにしておけなくて持ってきちゃったんだ。だからバレちゃったんだもん」

前回のハーによる"Side-Along-Apparition"でDEに襲われたトリオとしては、今回もまた襲われるんじゃないかっちゅー緊張がつきまといます。移動し続けなければ危ないかもしれません。でも今日は、やっと意識が戻ったロンを連れて移動なんてキツすぎる。ハーは、杖を上げ、ハリーとロンの周囲をぐるぐると歩きながら呪文を唱え、彼女が思いつくあらゆるプロテクションを周囲に張り巡らせました。
Salvio Hexia ... Protego Totalum ... Repello Muggletum ... Muffliato ... Cave Inimicum ...
「できることはすべてやったわ。これで少なくともやつらが来るのがわかる。ユーノーヘビ男を防げるかどうかはわからないけれど」
そしてビーズのバッグに入れて持ってきた、QWCでウィーズリー家が使ったテントを、"Erecto!"と再びこの林に張ります。
あー、ロンはヴォルディの名前を聞くのが嫌みたいです。ハリーにもハーにも"You-Know-Who"を強制してますね。

ハーは、カエルおばばから奪ってきたロケットを出します。小さな緑色の石が"S"字型にはめ込まれた、傷ひとつない、鶏卵ぐらいの大きさのロケット。ハリーもハーも、奪えたことに驚くロンも、そのロケットを開けようと思いつくことすべてを試すけれど開きません。ところがロンは、あることに気づきました。まるで心臓のように、たぶん内側から、トクントクンと心拍している。
開ける方法がわかるまで、ハリーはそのロケットを首にかけて身に付けていることにしました。
夕闇がせまり、あたりにはコウモリが飛んでいます。ハーが持ってきたのはやかんとカップと紅茶だけ。ハーはきのこを探してきて、健気に食べる物を作っています。
あらー、またまた額が痛くなり出しましたよ。
「それよこせて、グレゴロヴィッチ」
杖を、その人物のほうに構えています。その人物グレゴロヴィッチは空間に宙づりです。
「持ってない!ずいぶん前に盗まれたんだ!」
そして暗転。次は、木材や金具類がたくさん置いてあるグレゴロヴィッチさんの工房です。その部屋の窓に、まるで大きな鳥のように降り立ったのは、ハンサムな金髪の青年です。彼はグレゴロヴィッチさんに"Stunning Spell"をかけ、そして歓喜の笑い声を残して去って行きました。
そして先ほどのシーンへ。
「誰が盗ってったんや、こら、グレゴロヴィッチ、はよ言えや」
「知らない!若い男だ。ぐわぁーっ、やめれー!」
そして緑色の閃光。

ヴォルディは、"兄弟杖"が抱える問題を解消するためにグレゴロヴィッチをたずねた。けど、何も質問しないうちに殺してしまいました。どうもおかしい。
そして、なんだか見覚えがあるような気がするあの笑顔の青年。フレッドとジョージによく似た雰囲気の、いたずらっぽく陽気な笑顔の青年。彼はいったい何を盗んだんでしょうか。

【メモ】

ハーのセリフの"Splinched"、これはハリポタにたまに出てくる表現です。瞬間移動したときに身体全部が移動できなくて部分的に残して来ちゃったりする、あの状態を意味する造語です。"split"(分かれる)+ "pinch"(挟む)です。おそろしくも、身体が"ばらけた"状態。この現象を"Splinching"と言ってます。
"Essence of Dittany"はディタニーという植物のエキスです。傷口に皮膚を再生します。『One Thousand Magical Herbs and Fungi』に載っているのを、ハリーも宿題で読んだことあるはずなんだけど(笑)。

"Revulsion Jinx"って何でしょう。これはよくわかりません。

"Salvio Hexia"と"Protego Totalum"はプロテクション、"Repello Muggletum"はマグルよけ、"Muffliato"はブンブンいう羽音のような音を使って会話を聞かれないようにする盗聴よけ、"Cave Inimicum"は侵入者警報。
"Erecto"はテントを張る呪文。

"笑顔のどろぼう青年"、これはふつーに考えたらグリンデルバルドです。
グレゴロビッチさんは東欧の杖職人さんで、グリンデルバルドは東欧のダークウィザード。グレゴロビッチさんから杖を買った東欧のヴィクター・クラムは、東欧の魔法学校でグリンデルバルドの後輩。
やっぱグリンデルバルド以外に考えられん。
"Fred and George-ish"なハンサムな青年、ほんとにわるい人なのかな?ここにも秘密がありそうです。
さるおはヴォルディが10代の終わりころ、グリンデルバルドに会っている可能性があると思ってましたが、違うんだな、"どろぼう青年"の顔を見ても誰だかわかんなかったわけだから。で、ダンブルドアによるグリンデルバルド撃退は1945年なので、ダンブルドアはグリンデルバルドを殺害していないことになります。ってことは、グリンデルバルドはムショにでも入ってたんでしょうか(笑)。
ちなみに、若き日のグリンデルバルド(たぶん)が盗んだモノは、今ヴォルディがほしがっているモノで、"あの杖"のはずです。"その杖"がほんとに"あの杖"かどうかわかりませんが、さるおは"杖の王様"的な杖が出てくるはずだと思っています。

心ゆくまでさるお、もんち!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。