2007年09月02日

さるおのハリポタツアー Harry Potter and the Deathly Hallows Chapter 15 (1)

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、さるおのハリポタツアー参加者のみなさん、すごい話を盗み聞きしよう!
『DH』の完全ネタバレです。コメント欄も含めて、すごーくご注意ください。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

15:The Goblin's Revenge

翌朝、ハリーはふたりよりも早起きして、マッドアイのお墓をつくります。林の中にマジカルアイを埋め、木に、杖で小さな十字架を刻みました。もっとちゃんとしてあげたいけれど、これが精一杯。でも、カエル部屋のドアよりはマシだよね。
ハーはプロテクションをすべて外し、ハリーとロンですべてを元通りに復元し、トリオがいた痕跡を残さないようにして小さな町に瞬間移動します。そしてその町の、川の近くの雑木林に、ハーがまたプロテクションを張り巡らせてテントを張り、ハリーは透明マントをかぶって食料探しです。ハリーは、異様に寒いのに気づきます。なんと町中にディメンターさんたちがいる。ところが、このときのハリーにはパトロナスが呼び出せません。おっかないので手ぶらでテントに帰るわけです。
するとロンが怒るんすね、食いもんはねーのかと、おめーはパトロナスが得意だろと。
ハーはハリーの話を聞いて、ハリーにパトロナスが呼べなかったのはロケットのせいだと気づきます。このロケットは、人の心(気分)に影響を与える。1人が長時間持ち続けているとキケンです。ハリーが、ロケットをテントに置いといて誰かに盗まれたら大変じゃんかと言うので、交代で持とうということになりました。
次はロンちんのリクエストに答えなければなりません(笑)。農場に忍び込み、マグルのお金をこっそり置いて、卵やパンを入手。久々の"ちゃんとしたごはん"です。ところが、ロンのゴキケンはなかなか続かない。腹は減っててあたりまえのかわいそうな少年時代を過ごしたハリーと違い、ロンはモリーの愛情たっぷりのお料理を、いつだって満腹になるまで食べて育ってきた子。テント暮らしに食料不足じゃ不機嫌になるのも無理はないんだよね(笑)。

トリオは、次のホークラックスはどこにあるだろうかと考えます。ハリーは、ホグワーツだと思っているんですね。ヘビ男にとって思い入れのある場所で、ダンブルドアですらその秘密のすべてを知っているわけではないと言うホグワーツ。
あるいは、アルバニアか、B&Bか、孤児院か・・・。孤児院は実際に訪ねてみると、ずいぶん前に取り壊されて、新しいビルになっちゃってます。
手がかりのないまま、トリオはテント生活を続けます。同じ場所には決してとどまらず、瞬間移動してはプロテクションを張り巡らせテントで眠り、すべての痕跡を消してはまた瞬間移動する。あるときは森へ、翌日は崖、そして原野、さらに山の奥深くへ、あるいは入り江、ひとけのない場所を渡り歩き、隔絶されて終わりのないキャンプ生活を続けます。
まるで"pass-the-parcel"のゲームみたいに、ロケットは12時間おきに次の人へ手渡されます。
ハリーがロケットを首にかけると額が痛くて「あたたたー」となるわけですが、そのたびにロンは「何が見えたの?」と聞くんですね。で、"笑顔のどろぼう青年"だと答えると、露骨にがっかりした顔をする。ロンは"新しい情報"に飢えてるんですね。ハリーに"笑顔のどろぼう青年"しか見えないのはハリーのせいじゃありません。ヘビ男が、どろぼう探しで忙しいからです。
ハリーはだんだん、ロンとハーがひそひそと話しているのに気づき始めます。ハリーに気づいて急にないしょ話をやめたりする。ふたりとも、「ついて来たのはいいけれど、意味ねーじゃん!」って話してるんだろうな。
秋はどんどん過ぎていき、季節はもう冬です。
ロンは「うちのかあちゃんだったら美味いもん作ってくれるのになー」と文句を言い出し、ハーも「いくら魔法でも"the first of the five Principal Exceptions to Gamp's Law of Elemental Transfiguration"があるから、何にも無いところからごはんは出てこないの!ハリーは魚捕ったし、あたしは料理してっし、何もやらんのあんただけよ!」と反論。社会から孤立して極限状態と闘うトリオです。
このケンカ中、あれ?なんか聞こえます。誰かがおしゃべりしながらこちらに近づいてくる。トリオは杖を構えます。
ハーはバッグから"Extendable Ears"を取り出しました。
その一団は、"Accio Salmon!"なんつって、どうやら夕食の準備をしています。なんだか人間の言語ではないような会話も聞こえます。
遠くに焚き火の明かりが見え、鮭が焼けるうまそーな香りが漂ってくる。
彼らの会話を聞きましょう。

「鮭が焼けたよ、グリップフック(Griphook)、ゴーナック(Gornuk)」どうやらゴブリンが2人です。
「どんくらい逃亡生活してんの?」「6、7週間かなー。グリップフックとゴーナックと一緒に逃げることにしたんだ。で、テッドはどーして逃げてんの?」人間も2人かな、なんとひとりはテッド・トンクスです。
「マグル生まれだから、つかまったら大変だもん。ディーンに会ったから、一緒に逃げてる」「ぼくんちは母ちゃんがマグルで父ちゃん出てっちゃったから、証明できないんだよね」わぉ、テッドが連れているのはディーン・トーマスですよ!
「ディーク、キミはムショかと思ったよ」「アズカバンに護送される途中でダウリッシュを気絶させて、ヤツのほうきで逃げたんだ」お、人間の3人目はディーク・クレスウェルさんですね。
ゴーナックさんは、「ゴブリンはどっちにも味方しない。これは人間の争いだから」と言います。彼は、彼が不適切だと思った、ある顧客の要望を拒絶。その結果自分の身が危険だと感じて逃亡生活に入った。
グリップフックさんも似たような理由で、グリンゴッツはもはやゴブリンのものではなくなった、けれど、人間の上司に仕えるくらいならと、シゴトを放り出して出てきたようです。しかも、"小さな抵抗"をして、飛び出してきた。
「DEでも金庫に閉じこめてきたの?」とたずねるテッドに、「だとしても、あの剣じゃ役に立たないよねー、クスクス」となぜか楽しそうなゴブリンちゃん。「セヴルス・スネイプも気づいてないし、クスクス」
テッドとディーン、そしてトリオには何がおかしいのかわかりません。するとディークさんがこう言います。「聞いてないの?スネイプのオフィスにグリフィンドールの剣を盗みに入った生徒の話。銀行員のビル・ウィーズリーからグリップフックが聞いたところでは、ウィーズリーの末の娘さんが校長室に忍び込んだんだってよー。友達連れてね、ガラスケースをぶちやぶって、剣をつかんで逃げようとして、そこで捕まっちゃったらしいけど」
「えー、すごーい。その子たち剣で、You-Know-Whoを殺そうと思ったのかな、それともスネイプを殺そうと思ったのかな」
「ほんでまぁ、学校に置いとくのはなんだなーっちゅーことで、スネイプが剣をグリンゴッツに送ったらしいんだよね」
「クスクス、クスクス、ところがそれが、まさかのニセモノなんだよね!超笑えるんですけどぉー!」とグリップフックさん。
なんと、よくできた贋作がグリンゴッツの金庫にあるらしい。本物は何世紀も前のゴブリン・メイド、ニセモノは魔法使いメイド、彼らには一目でわかるみたいです。
「ジニーたちは無事なのかな?」そこへ割って入るジニーの元カレ。
「ひどく罰せられたらしいけど、怪我とか大変なことにはなってないみたい」とグリップフックさん。「校長がスネイプじゃ、生き延びただけでラッキーかも。ウィーズリー家に怪我人はもうたくさんだろー」とテッド。「ほんじゃ、テッドは信じてるわけ?スネイプのダンブルドア殺し」とディークさん。
「信じてんに決まってんじゃん。Daily Prophet新聞読んでるようじゃ、だーめだーめ。"The Quibbler"を読まなきゃー。ゼノは最近マトモよー。Daily Prophet新聞が書かないことを書いてるんだから。すべての記事の冒頭に、"You-Know-Whoを倒したいよい子はハリー・ポッターをたすけよう!"なんて書いちゃって、がんばってるわけ」
「ぼくハリー・ポッターを直接知ってるよ。彼はホンモノだよ、"選ばれし者"っちゅーやつ」
「そりゃ私も信じないわけじゃないけど、もしホンモノなら、彼は今どこにいる?どーして姿が見えないんだ?今ごろレジスタンスを率いて戦ってるはずなのに」
「何言ってんだよ、ディーク。少なくともハリー・ポッターはまだDEに捕まってないし、屈してないんだよ。だからいつでもたすけてやれるように、こうして逃げてるんだろ、オレらはさ」
「そこだよ、そこ。ハリー・ポッターが本当にまだ生きてるか、わかんないじゃんか」

またまたものすごい話を聞いたトリオです。この続きが知りたい!ハーはバッグから、あの肖像画を取り出します。

【メモ】

"the first of the five Principal Exceptions to Gamp's Law of Elemental Transfiguration"というのは、魔法で作り出せない5つの例外のことで、1)食べ物、2)愛、3)生命、4)情報、5)お金、があります。それ以外のモノは魔法で生み出すことができるんすね("Gamp's Law of Elemental Transfiguration")。

グリップフック(Griphook)さん、『PS』でハリーとハグリッドを713番金庫に連れてったゴブリンさんですね。"目利き"としてまだまだ出番がありそうだな。

心ゆくまでさるお、もんち!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。