2007年09月07日

さるおのハリポタツアー Harry Potter and the Deathly Hallows Chapter 16 (2)

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、さるおのハリポタツアーは、ハリーと一緒に泣きましょう。
『DH』の完全ネタバレです。コメント欄も含めて、すごーくご注意ください。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

まだ見ぬ思い出の地へ、うりゃぁー!とぶっ飛び、手と手をつないで、一番星が煌めきはじめたばかりの雪の小道に降り立ったハリーとハー。家々の窓を覗けば、クリスマスのイルミネーションで飾られた室内が見えます。
「雪のこと考えてなかったわ。これじゃいくら透明マントをかぶっても足跡が残っちゃう!」
でも、ハリーとしては"家へ帰る"のにこそこそしてるのは嫌なわけで、禿げかかった中年男性と小柄な奥さんに化けていることだし、思い切ってマントを脱ぎます。

その小さな村の中央広場に戦没者慰霊塔。隣にクリスマスツリー。広場を囲んで商店や郵便局やパブ、そして小さな教会が建っています。人々が行き交い、笑い声や音楽が聞こえる。今夜はイブなんですね。
教会の裏に墓地をみつけると、いざ両親との対面を目前にしてビビりまくるハリーの心情を察したハーが、ハリーの手をとり歩き出します。そして広場を横切ろうと中央に差しかかる。すると、戦没者の名が彫り込まれたオベリスク(方尖塔)が、なんと、くしゃっとした髪にメガネの男性、優しい表情の髪の長い可愛い女性、そしてその母親に抱かれた、まだ額に傷跡のない幸せそうなベビーちゃん、うっすらを雪を頂いた3人の像に姿を変えます。そして通りすぎるとまた元の慰霊塔になりました。
教会からはキャロルが聞こえます。ポケットの中で杖を握り、門をくぐり墓地に足を踏み入れ、墓石の間を進みます。そこにはAbbott家のお墓もあります。同級生ハンナ・アボットの先祖か親戚かもしれない。さらに奥へ、ふたりは手分けをしながら、ハリーのパパママのお墓を探して進みます。

「来てみれー!」とハーが呼ぶ。それは、"KENDRA DUMBLEDORE AND HER DAUGHTER ARIANA"と刻まれた白い大理石の墓石です。生まれた日付と亡くなった日付、そして"Where your treasure is, there will your heart be also."という碑文も刻まれている。
ダンブルドア家のお墓もポッター家のお墓も同じ場所にあるのに、なんでダンブルドアは言ってくれなかったんだよ。もしかしたらふたりでここを訪れてたかもしれないのに。
なんだか複雑な気持ちになりながら、パパママのお墓探し再開。
「来てみれー!」とまたハーが呼ぶ。今度のは、とてもとても古そうな、風化しかけた墓石です。そこに、あの三角形の目のようなマークが彫ってあります。そして名前は、"Ignotus"と読めます。それが誰なのかはわかりません。
キャロルが終わり教会の明かりも消え、静けさの中、パパママのお墓探し再開。
「来てみれー!」その声から、ハーがついに見つけたんだとわかります。ダンブルドアが死んだときと同じ、深い哀しみが押し寄せる。ケンドラママのお墓のわずか2列後ろの、同じく白い大理石の墓石の文字は、なんだか光っているような気がします。
"JAMES POTTER BORN 27 MARCH 1960/DIED 31 OCTOBER 1981"
"LILY POTTER BORN 30 JANUARY 1960/DIED 31 OCTOBER 1981"
そして"The last enemy that shall be destroyed is death."の碑文。
これを読めるのは最初で最後、そんな気持ちで、大切に読みます。
"The last enemy that shall be destroyed is death."について、ハーは「死を乗り越えて生きること。それを言ってるのね」と言いますが、ハリーにはそんなふうに思えない。
パパママは、死んじゃったんだ。
涙があふれます。自分も一緒に死ねたらよかったのに。お墓の下で、一緒に眠れたらよかったのに。
ハーの手が、ハリーの手をしっかりと握ります。ハリーもその手を握り返します。
花を持ってくればよかったな。咲いている花なんて、雪の墓地にはありません。ハーが、杖で輪を描くと、そこにクリスマスローズが咲く。ハリーはそれを供えます。
悲しすぎて、これ以上ここにいられない。ハリーはハーの肩を、ハーはハリーの背中を、抱き合うようにして、歩き始めました。

【メモ】

Hannah Abbottは、ブロンドにピンク色の顔をした、ハリーたちと同級のハッフルパフ生でDAメンバーです。彼女はいつもハリーの味方っすね。『HBP』でDEにママさんを殺されたハンナ、『DH』で復讐に立ち上がるかな。

ケンドラとアリアナ、一緒に眠っています。リタが言うように、"どちらかがもう一方を故意に殺害した"なんてことは断じてないはず!ふたりとも、生まれた日付と亡くなった日付は具体的には書かれていません。
"Where your treasure is, there will your heart be also." あなたの宝がある場所にあなたのハートもあるよ、という意味。"宝"とは、母にとっての娘、娘にとっての母親ですね。

"Ignotus"さんが誰なのか、まだわかりませんが、超重要な大昔の人に違いない!ちなみに"Ignotus"はラテン語で、意味は"unknown"です。

"The last enemy that shall be destroyed is death." 滅ぼされるべき最後の敵は死、ですね。
ダンブルドアが友人ニコラス・フラメルの死について語った言葉を思い出します。"it really is like going to bed after a very, very long day. After all, to the well-organised mind, death is but the next great adventure." 死は、次の冒険のはじまりであって、長い長い1日の終わりにすぎない。本当の終わりではない。そう言ってました。
死を怖れてはいけない。まだ続きがあるから。死は人生の一部にすぎないんだよ。ハリーのパパママもそう教えてくれているんだな。

心ゆくまでさるお、もんち!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。