2008年01月15日

さるおのハリポタツアー Harry Potter and the Deathly Hallows Chapter 33 (1)

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、さるおのハリポタツアーは、極限の哀しみをくぐり抜け、ついに次のエントリーで愛すべき究極のヒミツを、切なくも孤高の人生のヒミツを、目の当たりにして泣きましょう。ということで、次の記事は長いっすよー。
『DH』の完全ネタバレです。コメント欄も含めて、すごーくご注意ください。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

33:The Prince's Tale

スネイプさんのかたわらにひざまずいたまま、ただじっとスネイプさんを見つめるハリー。
そこへ、冷たく甲高い声が響き渡ります。おっさんが戻ってきたのかとびっくりしましたが、壁や床や天井から聞こえるような、例の村内放送です。ヴォルディはまたホグワーツに向かってしゃべってるんですね。

おまえらは勇敢やった。ヴォルデモート卿はその勇気を褒めたたよう。おまえら、もうほんとボロボロやけどな、これ以上わしに逆らえば、全員死ぬことになるで。一人ずつ、皆殺しや!
価値ある魔法族の血を流すなんて無意味や。損失と浪費でしかない。
ヴォルデモート卿は慈悲深いんや、DEたちに撤退を命じてやる。
そんでおまえらに1時間の猶予を与えよう。威厳を持って死者を葬れ。傷を負った者を手当てしてやれや。
でな、ハリー・ポッター、ここからはおまえひとりに向かって話すで。おまえはわしと向き合おうとせんのや、おまえのために友を次々と死なせとる。今から1時間、Forbidden Forestで待っとるで。1時間経ったとき、もしもおまえが現れなければ、再び戦闘がなされるやろう。今度は、わしが城に乗り込んだる。おまえをかくまう全員を殺して、女子もガキも、ひとり残らずや。おまえをみつけてやるでー。1時間や。

ロンは「こんなの聞いちゃだめだよ」と言います。ハーは「なんとかなる。城に戻って作戦練ろう」と言います。
だけどハリーの心の中に、痛い言葉がこだまします。おまえは私から逃げ、友を次々死なせた、と。
透明マントをかぶり、スネイプの死を消化できないまま遺体を置いて、トリオは城に戻ります。ポケットに、スネイプさんの記憶のフラスコを持って。

夜中をすぎた城はまだ真っ暗で、不気味な静けさに包まれています。閃光も爆発も悲鳴もありません。校庭にいたはずのグロウプの姿もない。エントランスは血に染まり、エメラルドが散らばり、あちこちが吹き飛んでいます。
「みんなはどこ?」ハーがささやくようにつぶやきます。ロンはそれに答えるようにまっすぐに大広間に向かいます。
大広間の入り口で立ち止まるハリーが見たのは、あまりに凄惨な、あまりに哀しい、直視できない光景でした。
4つの長テーブルなどなく、生き残った人々が互いに肩を抱き合っています。マダム・ポンフリーが負傷者を手当てしてせわしなく歩き回り、何人かがそれを手伝っています。怪我人のなかには、わき腹から血を流し、立っていることもできずに倒れたまま震えるフィレンツェの姿も見えます。
大広間の中央には、横たわる死者の列。ウィーズリー家が取り囲んだ、あの中心には、きっとフレッドが眠っている。
フレッドの頭のそばに跪くジョージ、フレッドの胸で泣き崩れ激しく身体を震わせているモリー、モリーの髪を撫でるアーサーの頬に涙が光っています。
傷だらけの顔で泣きはらしたジニーを、ハーが抱きしめる。ビルとフラーと一緒にいたパーシーが、ロンの肩を抱きます。
そして、見えました、フレッドの隣に横たわるふたつの亡き骸が。それは、眠るように穏やかな、リーマスとトンクス。

ハリーは思わず後ずさります。苦しくて呼吸ができない。もう見ていることができない。これ以上、いったい誰が、ぼくのために死んだというのか。
もうウィーズリー家の仲間に入れてもらうわけにはいきません。彼らにあわせる顔がない。ぼくが最初からあきらめていれば、フレッドは死なずに済んだかもしれないのに。
ハリーは大理石の階段を駆けあがります。リーマスだって、トンクスだって、死なずに済んだかもしれないんだ。ぼくのせいだ。ぼくのせいだ。ハリーの内側で、取り返しのつかない、大きすぎる罪悪感が悲鳴をあげている。
人影のない校舎を、走って、走って、走り続けて、スネイプが遺した記憶のフラスコを握りしめたまま、気がつけば校長室の前です。
「パスワードは?」石のガーゴイルが問い掛ける。
ハリーは考えるより先に叫びました。
「ダンブルドア!」
パスワードなんかじゃない。混乱と絶望とショックに押し潰され、たすけを求める心の叫びです。それが今こそ必要だから、今こそどーしても会わなければならないから。
ガーゴイルの彫像は道を空け、らせん階段が現れました。

校長室の壁の歴代校長の肖像画はどれも留守です。校長の椅子の真後ろ、つまりド真ん中の額縁に、何が何でも会いたいダンブルドアはいません。
そしてペンシーブは、昔と同じ、キャビネットの中にありました。
現実に耐えられないハリーは、誰かの頭の中にいるほうがマシだと、たとえそれがスネイプでもこの惨状よりマシだと、スネイプの記憶をペンシーブに注ぎ込み自らもその中へ飛び込んでいきました。

【メモ】

血に染まり、エメラルドの雨が降ったホグワーツ。ここにもまた赤と緑の対比です。

これ以上、いったい誰が、ぼくのために死んだというのか。
"ぼくのせいだ"と罪の意識にさいなまれるハリーさん、かわいそうっすねぇ。違うのにな、ヘビのおじさんのせいなのにな。

校長室のパスワード、号泣っす、号泣!
セヴルスは、いつかハリーが本当に追いつめられたとき、今度こそ本当に押し潰されそうになったとき、たすけを求める相手を知っていた。命をかけて自分がハリーを守り続け、そしてその子は、自分ではなく、ダンブルドアに救いを求めると、きっと知っていたんだ。

心ゆくまでさるお、もんち!


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。