2008年01月21日

Liga 07-08 第20節 バルサラシンとまたしてもバレンシアさんの心配

さるおです。
こないだコパ・デル・レイでマジョルカのイバガサさんが白組を嘲笑うかのようなループシュートを決めてくださって、もうこれでおまえらヘコんだだろと、自信喪失しただろと、おまえらシーズン後半は連敗だぜと、とっても明るい期待を抱いていたのに、えっと、ぜんぜん7ポイント差が縮まりません(汗)。モッタちゃんのアトレチコに勝ってほしかったのにー。

とにかくバルサは勝ち続けるしかない。たとえばバルサが7ポイント差をつけて1位のときっちゅーのはもう、ものすごい余裕を感じるわけですよ、"あと2回負けられる"みたいな、なぜか非常にいやらしくてくだらない余裕を(笑)。だからもちろん追うときの7ポイントは果てしないってわかってるんですが。いやー、縮まらんね。
バルサはラシンさんとです。ティティがぱんつをなぜか内側からぎゅっぎゅっとわきの下ぐらいまで上げたのが30分で、1-0です。
エトーの留守はティティと若者で3トップっすね。レオも戻ってきてよかった。(クラシコにいてくれれば、という禁句)
さるお的にはひたすら、デコのスタメン復帰が嬉しいわけです。ティティのぱんつが上がったのもデコのFKから。みんなぴょんぴょん跳んでますがなぜか誰も触れていないボールにニアのティティの頭だけが触りましたよ。

で、もちっとドラマチックなのが観たいなぁと思っていたら、ビジャレアルバレンシアで泣けました。さるおはどっちも好きで、おらが村のみなさんCLでまた暴れようぜとかも思ってて、勝ってくれたのはいいんですが、3-0でしかも1点目なんて早い早い!スタジアムの熱狂と、瀕死のバレンシアの対比があまりに苦しくて、涙出た。
為す術のないバレンシア、選手が足りないバレンシア、火の車のバレンシア、ビジャがまったく前を向けずに後ろへ後ろへパスを出しまくるというありえないバレンシア。どうしよう。
おらが村の黄色いみなさんにはこの勢いで来週ベルナベウを陥落させてほしいと強く思います。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 23:42| Comment(2) | TrackBack(5) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。