2008年06月16日

EURO2008 ほぼ倒れながら、2周目(その2)

さるおです。

イタリアルーマニア 1-1
たったの1試合しか終わってないのに早々にイタリア国民に土下座してしまった、オーストリアギャルやスイスギャルとの合コンが楽しみで試合中も頭から離れない、かっこいいデルピエロと共に世界王者を率いる色男GKが(形容過多)、すごかったっす。
かなりの出血量で、ルーマニアもすごかったっす。
"何もかもがうまくいかない"なんて苦しいことを言っているザンビーを見てまたちょっと泣きたくなったり。いろいろと思い入れのあるアズーリを応援しているわけですが、同時にターマシュに惚れてみたり。

オランダフランス 4-1
まだ27歳なのに、オレンジの背に"旧"の文字が白く光る、いくら眺めても背番号のわからない、そんな男(どんな男)カイト。あんた最高。

kuyt.jpg

全員がきっついプレッシングで、攻守を切り替える長いパスを合図に怒濤の攻めを展開するオランダ、もう、あんたら優勝です。(決定)
強いっすねー。今日もジオは地味でしたねー。

スウェーデンスペイン 1-2
すがすがしいっすね。気持ちいいな、こーゆー好ゲームは。どっちも好きなので応援が困りますが、ま、グループの1位2位ということで、あとはズラタンがロシアに勝ってくれればそれでよろしい。
で、金持ちの金持ちによる金持ちのためのダビド・ビジャ争奪戦が、欧州全体で巻き起こっていると思われます。つってもま、ガナーズ、チェルシー、マドリーとかですよ、破格のオファーを殺到させてビジャを競売にかけているのは。リバポもか。もしあなたが9番で迷っているなら、高いようでも結局は安い買い物、そうだろうと思います、たぶん。で、バルサはその"もし"状態なわけですが、4000万ユーロとか、そんな金あるはずねぇ(笑)、ロニ子が高値で売れない限り(涙)。ほしいような、もうビッグになりすぎて要らないような、けどまぁ、ほしいっすねー(笑)。
さるおはトーレスが好きです。決めてくれて嬉しかったっす。要らないけど(爆)。

ギリシャロシア 0-1
ロシア、初戦はどうかと思いましたが、やっぱり効いてたヒディングマジック。スピーディなフットボールを展開してかっこよかったっす。
ギリシャのレーハーゲル、「2004年は30年に一度しかない起きない奇跡だった」なんて言うなよ。みんな諦めずにがんばったじゃないか。

[グループC]
オランダ   6pts
ルーマニア  2pts
イタリア   1pts
フランス   1pts
青い強豪2チームがまさかの下2つ。ですがまぁ、どちらかが残るわけですよ、おそらく。
ということは、ふんばれルーマニア。次の相手ははじめての色なので気をつけろ、勝てー。

[グループD]
スペイン   6pts
スウェーデン 3pts
ロシア    3pts
ギリシャ   0pts
ロシアスウェーデン次第です。おもしろそうっすよ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 18:14| Comment(4) | TrackBack(0) | UEFA EURO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。