2009年08月16日

レスポールよ、永遠に

さるおです。
1世紀に近い年月をギターと共に生きて、8月13日、Red Hot Redことレス・ポール(Lester William Polsfuss)さんが旅立ちました。あー、さるお、さみしいっすー。

5度のグラミー、アーリー・インフルエンス部門でロックの殿堂入り、そしてミュージシャンとしてはただひとり、8トラのレコーダーやギブソン・レスポールで発明家の殿堂(en:National Inventors Hall of Fame)入りをしているすごい人。
さらに、『スタートレック』のクリンゴン語では、ギターを意味する単語がレ・スポール(LeSpol)。す、すごい。

楽器ですが、さるおはレスポールが好きです。ストラトキャスターよりも、レスポールのほうが好き。
ヘッドがどーとか、ピックアップの構造がどーとか、ブリッジがそれぞれ特徴あってとか、もっと言えば材質とか塗装とか、いろんなことがあってつまりは音も違うわけですが、とにかく、四角っぽいのに角がついたカタチよりも、茄子みたいな丸いのが、ね、なんとも美しい。そしてもちろん、ぶっとい音も、最高っす。
さるおんちにはレスポール・カスタムがあります。
あとね、ワッシュバーン(Washburn)のP4という、ティファニーブルーのやつ。これはヌーノ・ベッテンコート兄さんのモデルですが、レスポールを追及した感じのとてもよい楽器でスタンダードよりはカスタムに似てますね、色はさておき(笑)。
ということで、さるおはレスポールが好き。
あ、象さまもおりました。

さみしいなぁ。でもさみしくないか、この世界にはレスポールがあるから。
レス・ポールさんはどーせ天国でもバンドやったりギターを作っていると思うので、いつか遊びに行ってみようと思います。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 心ゆくまでさるお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。