2010年01月12日

リーガ・エスパニョーラ09-10 第17節 テネリフェバルサ

さるおです。
本土からはるか遠く、大西洋上にあるスペイン領カナリア諸島。カナリアが鳴く、7つの犬の島。いいなぁ、行きてぇ。
小さな島に山々と緑が広がり、盆地に人が住む、火の島テネリフェ。海を渡ればモロッコから西サハラに出る。いいなぁ、行きてぇよ。

クルブ・デポルティーボ・テネリフェとやるんだ、ペドロを90分出してくれ、そして例によってプジョルはチレーナを決めてくれ。シャビ・アロンソのおにいさんこんにちは。
と思っていましたが、ペドロはベンチから。べつにいいや、最近いつも観てるしな。それにしてもすごい、"ペドロが疲れちゃ困るから温存してとりあえずメッシを使っとく"的な今日この頃(笑)。ほんとすげぇゴールハンターっぷり。残り時間も少なくなって出てきたときのパパさんの嬉しそうな顔、ゴール決めた(OG扱いでしたが)ときのパパさんの喜びよう、すってきー。
で、スタメン張ってるのはぼやんちゃんです。これは応援せねば!
すごいとこ見せてやれよ。おまえの名前はぼやん・蹴る吉、いつものように、いいとこ見せろ。

ということで笛が鳴ったとたん、ぶはー、バルサやられまくり。て、てねりふぇさん、強い!
男バルデスが大活躍っす、クロスバーも大活躍。バルサは自陣で、ちまちまとミスを連発していますよ(泣)。あぶねー。
っちゅーかそもそも敵陣には入れてませんが(汗)。
しかたがないので敵地を眺めてみる。テネリフェのホームはとても美しいっすよね。エスタディオ・エリオドロ・ロドリゲス・ロペス、何年かかっても名前は覚えられません。
そうそう、サッカーのピッチというのは、よく模様がついてます。あれは芝を刈った跡なんすよね。
芝の上を芝刈り機がゴォーッと走ります。左から右へ走れば芝が右に倒れます。芝に光が当たれば斜めになった草がそれを反射するわけだから、左から見て明るく、右から見て暗く見える。芝刈り機をまっすぐ走らせた跡でピッチが縞模様に見えたり、斜めに走らせればチェック模様みたいになってるわけです。
エスタディオ・エリオドロ・ロドリゲス・ロペスはにょろにょろ線。とてもアーティスティックで美しい。

ということでやっと、やっとだ。36分。蹴る吉がドリブル突破で左エリア内、DFを置き去りにして折り返す!ニアのシャビはDFに囲まれてますが、ファーのレオがドフリーっす。うりゃぁーっ!で1点。
続く44分はセットプレー。出ましたプジョルの頭!どりゃぁーっ!で2点目。(チレーナがよかったのにぃ)
前半ロスタイムにはイニ坊のスルーパスに蹴る吉が抜け出して折り返しまたまたレオ様で3点目。
うーん、いきなりバルサを追い込んでいた序盤のうちに3点ばかし獲れてて不思議はなかった怒濤のテネリフェさん、3-3で折り返したかったっすねー。

後半はまぁゆったりなゲームにならざるを得ない。この点差だもんなぁ。
後半30分に蹴る吉からレオで今度はとってもソフトなループっす。4点目。
あはは、ハットトリックかー、すげぇ。テネリフェ島のよい子たちも拍手してくれてます。
で、凱旋プレーの神様仏様ペドロ様投入。41分、撃ってるわりにぜんぜん入る気がしないティティからのグラウンダーを仏様がボックス内という至近距離でちょこちょことなんかしつつDFをかわして5点目。(OG扱い)
ミリート弟とちぐりんにも会えてよかった。

とても爽やかっすね、このゲームは。
なんつってもテネリフェさんが勇敢で強い。スコア見たら一方的にボコられたようですが、ほんとぜんぜん違う。一歩も引かずにばんばん攻めてきたよ。かっこええ。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 00:56| Comment(2) | TrackBack(1) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。