2010年09月29日

最終章『SAW 3D』(SAW VII) フルトレーラーのここが気になる!

さるおです。
しばらく前からあちこちでフルトレーラーが観られます。
観客も絶体絶命っぽく、とてもおもしろい予告編で楽しいのですが、どーしても気になるシーンがありますよ。

ofalegend.jpg

これっす。まだ元気なジョンです。
ジグソウのトレードマークといえば赤黒のフード付きマント。うーん、この衣装選びは絶妙っすね。バーガンディのシャツに黒いコートです。まだジグソウにはなってないけど、なるぞ、という匂いがする(笑)。
で、この映像にはジョンの他に2人が映っています。
暗い部屋。スタンドの明かりが点いています。デスクを挟んでジョンと向かい合っている手前の人物。黒い上着の背中の位置から、彼は立っているように見える。左手は黒い手袋に包まれて、不気味ちゃん、あんたのほうがジグソウ的だよ。何者でしょう。ジョンに、何を話しているのか。ジョンの手前に見える機械のようなモノはいったい何でしょう。
もうひとりはジョンの奥で、やはり後ろ姿の、立っている人物。錆びたメタルラックのような棚に向かって、重心を右に傾け、何かの作業をしているもよう。腰のまわりの赤いチューブは何ですか。

そして何よりもいちばん気掛かりなのは、ジョンの表情です。トビン・ベルってすげぇっすね!と感心している場合ではありませんよ。だって、ジョンが神妙な顔つきだから。
さるおがイメージしているジョン・クレイマーという人物はですね、どちらかというと、"話す人"なのです。"聞く人"ではない。会話をするときに、話す側なのですね。例えば聞く側になる場面があったとしても、達観して超然としているのがジョン。スマートな哲学者であり、教えることはあっても、教わることなんてなさそうな感じなわけです。
が、このシーンのジョンは聞く側に見えてしまうのですよ。ということは、哲学者になる前のできごと、あるいは、その瞬間なんでしょーか。
心配しているようにも見え、怖い思いをしているようにも見え、同情しているようにも見える。
あるいは、やはり、これは何か途方もなく重大な、決意の表情でしょーか。

心ゆくまでさるお、もんち!

2010年09月28日

最終章『SAW 3D』(SAW VII) 公開まで1ヶ月でずいぶんとキャストが増えてドリル男のジェフにコーフンしてみたり

さるおです。
IMDbにもWikiにも、ずらーりとキャストが並ぶようになりました。で、IMDbのほうなんかは、クレジットの順番もいちおう気にしておこうと思わせる感じっす。

Tobin Bell ・・・ Jigsaw / John
Cary Elwes ・・・ Dr. Lawrence Gordon
Costas Mandylor ・・・ Mark Hoffman
Betsy Russell ・・・ Jill Tuck
Sean Patrick Flanery ・・・ Bobby Dagen
Gina Holden ・・・ Joyce
Rebecca Marshall ・・・ Suzanne
James Van Patten ・・・ Dr. Heffner
Greg Bryk ・・・ Mallick

ここからはアルファベット順
Laurence Anthony ・・・ Rogers
Dean Armstrong ・・・ Cale
Ned Bellamy ・・・ Jeff
Chester Bennington ・・・ 役名不明(Evan)
Claudia DiFolco ・・・ News Anchor
Chad Donella ・・・ Gibson
Joanna Douglas ・・・ Joan
Tanedra Howard ・・・ Simone
Joris Jarsky ・・・ Seth Baxter
Noam Jenkins ・・・ Michael
Shauna MacDonald ・・・ Tara
Ishan Morris ・・・ Alex
Elizabeth Rowin ・・・ Sara
Naomi Snieckus ・・・ Nina
Jon Cor ・・・ Ryan (uncredited)
Anne Lee Greene ・・・ Dina (uncredited)
Simon Northwood ・・・ Lead Swat officer (uncredited)
Dru Viergever ・・・ Dan (uncredited)
Rachel Wilson ・・・ Mother (uncredited)

Wikiにはさらに2名。
Larissa Gomes ・・・ Emily
Gabby West ・・・ 役名不明(Kara)

コーフン致します。
大出世を遂げたかもしれないヘフナーさんとマリック。
歯医者さん、出てきてくれーっ、とついこないだ思っていたドリル男のジェフ!うひゃぁーっ!
セス・バクスターやマイケルやタラもそうですが、カルーセルに乗っていたエミリーたんの登場もステキっす。
あと、おヘソから上の型をとられて怖かったらしい新登場の"スクリームクィーン"ガビー・ウェストも楽しみだし。

うはー、こーなったらもう、あとはダニー・グローバーに出てもらうしかねぇ

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | SAWについての情報あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

まるで波乱万丈の人生をおくってきたようで、かっこいい、そんな感じ

さるおです。

見てみろよ、ってな。
オレの足なんかもう、スネだらけ、ってな。
どうだ、ってな。

注) 脛に傷持つ
  以前、悪事を働いた経験があることを指す。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ある友人の語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

最終章『SAW 3D』(SAW VII) 完全大予想9 放火の裏側-1

さるおです。
ネタばれ記事です。ネタばれコメントも大歓迎です。これからご覧になる方は気をつけてねー。

なぞなぞの答えを先に見てしまう。だいじょうぶ、どーせその後も考えたいことはたくさんあるから。
こちらは『SAW 7』に関する、脚本のパトリック・メルトン(Patrick Melton)のインタビューです。答えすぎじゃねーかと少し心配になる内容なので、お気をつけくださいな。

まずは、インタビューの内容を。長いので訳しませんが、要点だけです。
ちなみにこのインタビューは2010年2月8日付けです。

・ブリットとマリックが登場する。
・『SAW II』の家と、『SAW V』でストラームが最後に入って行った家は、同じ家。『SAW V』の5人のひとりであるマリックが放火した建物は、この家。この家の地下に"バスルーム"がある。この家は発見されていない。当然、"バスルーム"も、ストラームの遺体も、発見されていない。ホフマンが隠している限りは、発見されない。
・『SAW』でタップが聞き分けた火災報知器の音は、『SAW V』の5人のひとりであるマリックの放火によるもの。
・(カットされたが)、エリクソンが瀕死のブリットを見つけたとき、ブリットはエリクソンにこう言った。「あなたを知ってる。あなたと、もうひとりは捜査官で、あの火事を調査して私たち全員を逮捕しようとした」。そしてエリクソンは、ストラームが5人全員とつながっていると知った。
・ゴードンせんせの家族(アリソンとダイアナ)について語られる。

えー、最後のは放火に関係なさそうですが、大事だし、"すべて"つながっているかもしれないわけで、書いときました。

放火はいつ起きたのか。放火により、何がおきて何がおきなかったのか。誰がからんでいるのか。

まずはこれです。ブリットはエリクソンを知っていたということ。
彼女が言う"もうひとり(the other guy)"はストラームさんですね。
マリックが言った"連邦政府の役人(the feds)というのもエリクソンとストラームのはずです。
ブリットによれば、火事を調査したFBIはブリットたち全員をタイーホしようとした。ところが、マリックがこう言ってます、何も起きなかった(タイーホされなかった)と。その間に、ドラッグディーラーが消えたわけです。
唯一の証人が消えた。だからタイーホできなかった。そーゆーことでしょうか。

いやいや、そーではない。もっと裏があるはずっす。
アマンダ宛てのビデオを見ていてタップは火災報知器の音に気づいています。で、火災警報の報告はケーサツ内に記録を保管してありました。火事そのものについては、消防も、ケーサツも、そしてFBIまでも、みんなが知っている。
なのに、現場は発見されていない。
そんな話あるかー(笑)。

消防は、放火ではなく事故による火災だと嘘の報告書を作りました。犯罪でないのなら、ケーサツは無関係に思える。でも、少なくとも火事の現場はそこにあるわけです。
例えば東京都で起きた火災なら、火災現場というのは"刑事事件の現場"であり、消防だけでなくケーサツも駆けつけ、ケーサツ官はその場で直ちに焼死体を"不自然死である"と扱う決まりだそうな。そして、検視官が必ずその不自然死体の検視をして解剖が必要かどうか判断する。で、23区内であれば例外なく、この後に行政解剖して、厳密に死因が断定される、という手順らしい。焼死体は必ず解剖されるわけっすね。ここで言う死因というのは、やけどだとか、窒息だとか、一酸化炭素中毒だとか、どれだかわかんないから焼死と呼ぼうとか、そーゆー意味です。

この手順がSAWの舞台でも同じかどうかはわからない。
けどまさか、ケーサツがぜんぜん無関係ってことはないだろ。

ここで、『SAW II』の家に何体の死体があったかを考える。
『SAW II』のゲームプレイヤーは8人。そのうち、アマンダとダニエルは生き延びた。でも、地下にはゼップと、例のミイラがある。計8名。
マリックは放火で8人を焼き殺したと思っていたけれど、その8人はすでに死んでいた、ということになりそうなわけです。
解剖屋のヘフナーさんが俄然輝いてくる気がしますよNE(笑)!ヘフナーさんは、8人の焼死体を解剖した、少なくとも検死はしただろうと思うのです。
こーなると、"放火の5人とケーサツ(というか検死官)はグル"だという気がしてきます。ケーサツが放火事件を揉み消し、FBIは犯人逮捕に至らなかった。

こりゃたくさんの疑問がわいてきます。
そもそも、なぜ火災にFBIが首を突っ込んだのか。
FBIのターゲットが放火犯だったとは思えない。追っていたのは"ジグソウケース"という連続殺人事件だっただろうと思います。ジョンはFBIが捜査に乗り出したことを知っていたでしょーか。いや、知らないはずはないし、予想できないことでもない。けれどジョンは、FBIをゲームにかけてはいません。FBIの3人を葬ったのはホフマンであり、ゲームではなく殺人だった。
ジョンとFBIはつながっていたでしょーか。
ストラームが5人全員とつながっているというのは、火災を調査したというだけの意味なのか。

ケーサツ内部も複雑なことになっているかもしれんな。FBIに協力した者(ケリー)と放火を揉み消した者(ヘフナーとか)、両方が混在してたり。
すると、ドラッグ・ディーラーはザビエルとかオビとかではなくて別人で、消した(売人としてタイーホしたとか)のはケーサツだったりして?

心ゆくまでさるお、もんち!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。