2011年04月24日

コパデルレイ クアトロ・クラシコ(2) そんな感じの勝ち方でいいなら、おめでとうマドリ

さるおです。
クアトロ・クラシコ1発目の焼き直しっすね。あれを少し乱暴にしただけという感じのマドリさん。レオやビジャをあんなふうに踏んづけるなんて嫌な人たちだな。

『ボールポゼッションこそ素晴らしいサッカーだ』と主張する人間もいるが、必ずしもそうとは限らない。守備、カウンター、スペースのカバー、チームプレーなども、素晴らしい試合を構成する要素となり得る。その意味で、われわれは最高の試合をしたと言える。

ほんと、おまえって頭が良すぎて嫌いだよ(笑)。
あんたの言うとおりだ。あんたは正しい。守備とカウンターでサッカーやったっていいんだ。そしていつだって、おまえのチームは"最高の試合"をしている。
クライフならともかく(笑)、マドリディスタのディ・ステファノにまで「おもしろくねぇ」とこき下ろされても、ぜんぜんへいちゃらな、おまえのその"正しさ"がまことにバカバカしいのです。
おまえがおバカな子だと思うのは、『ボールポゼッションこそ素晴らしいサッカーだ』ではなく『ボールポゼッションは素晴らしいサッカーだ』と言っているのが正しく聞こえていないというところ。
頭のいい人なのに、もったいない。

でも、マドリのいいところも見ることができました。
最近のマドリは、国王杯なんて要らねぇやみたいなね、国王杯ナメてる感じがしていたのです。興味があるのはリーグ戦とCLだけで、他は価値ないみたいなさ。いつもいつも2部のチームに大敗してあっという間に大会を去るという、疲れないための常套手段をとっているように見えてた。
ところが今年、まじめにがんばって勝ってみたらバスからカップを落っことすほどすごく喜んでるんじゃん。そうだよ、コパもけっこうかっこいいんだよ。モウの野郎が「コパもまじめにやろうよ」って言ってくれたんだろう、"とにかくタイトルを獲る"ということがマドリには必要だったわけだし。
だから、まじめにやってるマドリを見られてよかったです。
あの勝ち方でいいなら、それでいいなら、おめでとうマドリ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 03:58| Comment(2) | TrackBack(0) | FCバルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。