2011年05月30日

10-11 欧州CL 決勝 勝ち続ける

さるおです。
わたくしは、ユナイテッドを讚えたい。彼らはとても素晴らしかったから。強いユナイテッド、潔いユナイテッド、そしてなにより誇り高いユナイテッド、万歳。

バルサは疑う余地のない"ゴールデンエイジ"です。でも、ユナイテッドだって黄金期だよな。4年で3度CLファイナルの舞台に立つイングランドの王者というのは、すごすぎる強さっすよね。
直近で準決、ボールを支配しゲームを支配し決定機をつくりまくったユナイテッドはアウェーでシャルケを完璧にボコッて0-2。続くオールド・トラフォードではファンデルサルとバレンシア以外の全員を入れ替えて、つまり、こーゆー言いかたは好きではないですが、いわゆる"メンバーを落とした"というチームで、またまたシャルケを叩きのめす4-1。めちゃめちゃに勢いのあったシャルケを容赦なく攻め切ったユナイテッドは、とてもとても強いのです。
この決勝でよかったことは、両チームともに準備に余裕があったということ。バルサも怪我人が戻って来つつあったし、お互いに国内リーグは最終節を待たずに済んだ。だから、良い意味で、言い訳は成立しない。最近忙しかったんで疲れてまして、えへへ、なんて言えないわけです。こーして100%でぶつかりあえるというのはすごく嬉しいっす。特に、ユナイテッドのような強い集団とゲームができるって、ほんと、幸せ。
しかも、この"準備"の質が素晴らしかった。もし相手がユナイテッド以外のクラブだったら、それがどこであっても、"戦術"面の準備をしてきただろうと思うのです。守ろうよとか、メッシ潰しとか、削りまくろうとか、要はそのチームのスタイルと違うことをしてでも勝とうとするだろう。バルサが準決勝で当たった相手のように(ファール数がCL新記録を作ってるようじゃみっともないんですが)、あるいはW杯決勝のオランイェのように、プロレスをやってもおかしくない。けれどユナイテッドは、そんなことはしなかった。システムを変えてまでバルサに合わせるのではなく、バレンシアがちょっと内側にしぼって守って中央に人を集め、バルサの中盤を押し下げ、ボールを前に運ばせないようにしようとした。パク兄さんもタフさを活かしてバルサの選手を追い回し、だにべすが上がれば裏に走ってとか、いろいろやろうとした。とにかくじつに誇り高いっすねー。堂々たるもんです。あんたたちはえらい。
そして、ユナイテッドは負けた。まったく歯が立たなかったと言っていいでしょう。最初の10分だけがユナイテッドの時間帯で、あとの80分は走らされ、揺さぶられ、疲れてついにはボールの後を追うだけになった。ユナイテッドって、こんなの経験したことないだろ、だって強いんだもん、ボコることはあっても、"ボコられる"というほどひどいことにはならない。もっと互角にできるはずだった。
思えばユナイテッドにファーガソンがやってきたのは1986年。あれから25年、サーの手によってのみ磨き込まれてきたチームです。99年と08年にCLを獲って、いろんなことがありつつも、栄光の中を歩んできた。一方で、バルサの指揮をクライフが執り始めたのは1988年。以来23年、たったひとつの哲学を貫いて、今はクライフチルドレンが指揮を執るチームです。どちらも、20年以上の年月をかけてひとつのスタイルを磨いて来たわけで、そりゃそーだよな、一途に、ひたすら一途に、四半世紀もやってきたんだ、『スタイルと違うことをしてでも勝とうとする』なんてレベルじゃねぇ。
守備偏重でプロレスみたいなことをやる相手はかっこ悪いんだけども、相手はそーゆー戦術でしか勝機を見出せないからそーなるわけで、バルサはそれをバルサの強さゆえだと誇っていればいい。そこに、ユナイテッドは乗ってこなかったわけです。
ユナイテッドは偉大だ。ユナイテッドは潔かった。かっこいいぞ、おまえら。

そしてFCバルセロナ。ああ、バルセロナ。
わたくしは、泣いてしまう。
こんなにも、こんなにも強いのか。ユナイテッドを圧倒して、まだまだおつりが来るほど強いのか。
今日も、そしていつでも、チャビとイニ坊とレオのボールを、何人たりとも奪うことができない。この3人以外のすべての選手も、ほとんど同じくらいの柔らかいボールタッチで自在にパスを操る。針の穴ほどのスペースを押し広げ、寸分の狂いもないパスを通し、超高速でビルドアップする。ボールを奪われた瞬間から攻撃の連動が始まり、チャビが前を向くのを合図に津波のように相手ゴールに襲いかかる。これでもかとパスをつなぎ、徐々に追いつめて、結局は試合をブラウグラナに染めてしまう。ユナイテッドというチームがまるで不在であるかのように、あっさりとノーチャンスに追い込む。
この星のフットボール史上、最高だろ。最強だろ。
ここまでボールポゼッションというものを貫くチームはかつて存在しなかった。存在できなかった。
たったひとつの哲学だけを、唯一のプレースタイルを、これほどまでにブレずに実践する集団はいまだかつて存在しなかった。
こんなに勇敢なチーム、他にはないんだよ。こんなに美しいフットボール、探したってないんだよ。
今、非の打ち所のないすべての駒が揃っている。過去にこんなチームは存在しなかったし、今後も現れないだろうな。
負けてもいい。自分たちのスタイルは何があっても絶対に変えない。そのときは、バルサの名と心中するだけ。そんな覚悟で、勝ち続けている。

10-11cl.jpg ←クリックして拡大

ばるです、だにべす、ピケ、マスケラーノ、ブスケ、ビジャ、ペドロ、レオ、チャビ、イニ坊、そしてアビダル、おまえらは最高だ。
ケイタ、イビ、プジョル、最高だよ。オラサバル、アドリアーノ、チアゴ、そしてぼやんちゃん、最高だってば。
ありがとうペップ。
クライフもレシャックもライカーも、ありがとう。
アビさんに、大耳もらっといてねと言うプジョルとチャビ、わたくしはあなたたちを愛していますよ。
ついでにクーマンありがとう。

これからフットボール界では"打倒バルセロナ"ということになりますな。
WELCOME 打倒バルセロナ。
負けないようにふんばってみたいです、少しでも長く。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:29| Comment(6) | TrackBack(4) | UEFA チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

バルサは3連覇、そしてCR7は狂い咲き

さるおです。
レオにボールを集めようとしたバルサ。レバンテさんと引き分けましたが、レバンテさんはかなりこわかったですが、レオにシュートを撃たせようというバルサはその意味で余裕っす。
今季もまたたくさんのカンテラーノがトップチームでプレーしましたよ。中盤のチアゴ・アルカンタラはもうお馴染みだし、DFアンドレウ・フォンタスも本職ではない左SBで過不足なく、右ではマルチン・モントーヤもデビュー(怪我しちゃいましたが)。前線ではノリートも、そしてジョナタン・ドス・サントスも、さらにフベニールAからはジェラール・デウロフェウも呼んでしまうということで、なんて人手の足りないバルサなの、という分析もありつつ、素晴らしい。
バルサは、バルサのカンテラは、ほんとに宝石箱のようっすね。
そーやって、磨いて磨いて、何十年も、研ぎ澄ませて来たのがバルサの強さっす。
ぐっはー。3連覇。ぐははーっ。

20110513CAMPIONS.jpg

しかし一方で、この期に及んですげぇなと、さるおが呆気にとられているのがCR7でございます。
ここ2試合で7得点。なんだ、それは。すごすぎる。
クリスチアーノ、おまえはモンスターだ。
んま、こんなに狂い咲けるCR7がいても、優勝はうち。むっはっはー。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

10-11 欧州CL 準決勝 クアトロ・クラシコ(4) 思い出の地ウェンブリーへGOです、アビさんとな。

さるおです。
仲良くケンカしてクラシコをやりたい。ユーロも世界も獲って、ばらばらだったラ・ロハはひとつになった。とてもいい雰囲気だったのに。勝っても負けても、だいじょうぶだったのに。とんでもなく本気でギスギスしてまいりました。蜜月はもう終わりかな(汗)。
クアトロ・クラシコの3つ目について、だにべすの小芝居に余念がないな(笑)というのはさるおも同感です。が、マドリが乱暴することに決めたのなら、バルサとしては笛を吹いてもらわないと、損するばかりで困るので、だにべすに関わらず、おまえらは純粋に自業自得。首都チームはどんだけ粘着質なんだか知りませんが、とにかく、品格というものを失っている状態のマドリは嫌いっす。
さるおはね、フットボールというのは、点をとる競技だと思っているんです。シュートチャンスをつくるというところが最大のスペクタクルなわけです。決して、点をとられないようにする競技ではない。だから、クアトロ・クラシコのうちの3つについて、語るべきモノは、無いわけです。

でもまぁ、やっとお互いオープンな試合っぽくなりました。前後半ともに、序盤はマドリがとてもこわかったっす。
イケル君がいかに素晴らしいGKかということが、とてもよくわかる前半でしたよ。
前半終了間際のリッキー・カルバリョはどーみても余裕の黄札。またまた10人になっててあたりまえでございましたが、オマケしてもらってよかったね、モウたん。
しかし後半すぐのイグアインのゴール、あれはカウントしなきゃだ。何がファウルだったのかさっぱりわからねぇ。うーん、かわいそうですが、リッキーの退場免除と相殺とか、無理矢理ですが受け入れるしかない。こーゆーのはネチネチ言ってもしょーがないんすよね、判定でミスることはあるわけで、それがフットボールというもの。バルサもインテルに敗退に追い込まれた日、ぼやんちゃんのゴールを取り消された。けど、ネチネチ言わないでインテルにおめでとうと言い、次があるさと思ってここまで来ました。マドリもそーゆー感じでオトナっぽく振る舞ってくださいな。モウ流サッカーの体現者ペペがいなくても、元祖モウ流サッカーのリッキーや、今日は思いっきり武闘派のディアラ、そして両手でバルサ選手をぶん投げたりする何やら別格のアデバさん(笑)が、ほんと、ずいぶんオマケしてもらっただろ。

わたくしは、いつかマドリが誇りを取り戻してくれたら嬉しい。けど、モウの旦那だと無理だ。バルサと4つも試合したのに、オープンだったのは4つ目だけ。あとは、被害妄想だけ。天下のマドリがそれじゃかっこ悪い。
つくづく、ペジェグリーニ・マドリの続きが観たかった!きっと、スペクタクルで攻撃的でパスを華麗につないでいただろうに。
モウの旦那の洗脳がどれほどのもんか知りませんが、選手のみなさんも、言われたとおりしゃべったりすんの、もうやめませんかね。

3つ目ではどこの誰だか知らないようなコドモを出してきたり、4つ目でもおととい腫瘍をとったばかりみたいなのが入ってきたり、マドリ的にはあまりの屈辱かもしれませんが、きっとね、そーゆー意味じゃないと思うの。
ヘンなケンカは終わりにしよう。
そーゆーことだと思うの。
アビさんがんばれって、マドリも言ってくれたんじゃん。応援してもらったそのアビさんが、元気だよって意味なんだよ。
だからまた来シーズン、仲良くケンカしてクラシコをやりたい、何度でも。
今年はバルサが、ウェンブリーに行く。相手はどっちかな。どっちにしても、首洗って来いや。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | UEFA チャンピオンズリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。