2008年06月28日

EURO2008 Semifinals

さるおです。
2日休んだのでまた気持ちよく泣けましたよ。(際限なし)
鉄人リリアン・テュラムが先天性心臓奇形で引退しそうです。(泣き崩れ)

ドイツトルコ 3-2
フリンクスも復帰して、みなさんおかわりなくお元気そのものでいらっしゃるドイツ。
怪我人と出場停止で満身創痍のトルコ。
なんとなくドイツが憎たらしく感じるのは気のせいかな。
傷だらけになって奇跡を起こし続けるトルコ、大感動でした。獲られても獲られても、追いついてみせるトルコ、あんたら大将。
ありがとうトルコ。かっこよかったぞトルコ。(号泣)

ロシアスペイン 0-3
無敵艦隊が、浮きすぎて陸に上がりそうだNE!

xavi.jpg

スペインはすごかったっす。強いのなんのって、もう、本当に優勝してください。
で、もちろん大満足につき号泣なわけですが、泣きやんだ今(泣きすぎ)、思い切って少し文句をたれようと思います。
イタ公とやったときに思ったんですが、本当のラ・ロハ(スペ代)というのは、もっとガンガン攻めるわけです。後ろなんかガラ空き(笑)、ある意味隙だらけで攻めまくる。で、案の定、両刃の刃で自分の血を流す。それがスペ代。美しくもあり、哀しくもある、その脆さがラ・ロハ。
ところが、イタ公とやるのが怖くて怖くてしょーがないラ・ロハ(アラゴネスのじーさま)は、守備偏重になりました。もちろん随所に美しさはあって、ワンタッチでパスをつなぎ華麗なコンビネーションを見せる。けれど、総じて言えば、スペインにしては守備的だった。つまり彼らは、美しさを少し犠牲にしてイタ公に勝った。そう思います。
で、ロシア戦。前半はやはり美しさを犠牲にしたと思います。そーゆーのは、正直言ってつまらねぇ。ところがセスク投入後にチームは変化しました。2トップを1トップにして、中盤を厚くした。そして後半、臆病な無敵艦隊はいつもの姿をとりもどす。イニ坊からシャビのかっこよすぎるゴール以降、すんばらしく美しいゲームを展開しました。ロシアも後半はガツガツやってやろうと鼻の穴がおっぴろがってかっこよかったですが、ここは率直に、スペインのほうが上だった。
本当は、無敵艦隊は臆病だったけれどあるとき勇敢になった、というよりもじーさんの戦略で、イタ公とやったときはもうずっと守備やってないとまた負けちゃうよと、で、ロシアもやばすぎだと思ったけれど中盤も支配してるしセスク以降なんかいい感じだしここは後半一気に決めるぜと、そーゆーことなわけですよね。
ラ・ロハの中盤は強い。ハンパなく強いです。どこの国の代表と比べても、圧倒的に強い。いや、身体が小さいから、強いというのとは違くって、巧いんだ。
ロシアはピッチのど真ん中を獲られてしまいました。これでは思うようにプレーできない。だからロシアは、疲れるだけ疲れて、何もできずに負けてしまった。まともなシュート(枠内)を撃てたのは、なんと後半終了まで1分半を残した時点です。スペインらしからぬ引き気味の布陣とカウンターに負けてしまいました。ちょっと悔しい負け方。そう、中盤を放棄したらフットボールで勝つのは難しい、チェルシーみたいにやらないかぎり(笑)。
で、これはこれでいいんだけど、勝ったんだからいいんだけど、やっぱりさるおはたとえ自分の血を流したとしても両刃の刃が好きで、少しね、哀しかったりもするんです。ほんの少しだけど。もう、時代は変わってしまったんだなと。勇気りんりんでラインを上げまくるフットボールで頂点まで登りつめるのが難しい時代になってしまった。戦略を使い分けなければ、勝てない。そんなのわかりきったことだけど、あらためて。
このゲームは後半戦のおかげで、総じて言えば、攻撃的で美しかった、と言えると思います。だからいいんだけど。
ユーロ2008で最も強く最も美しく素晴らしいフットボールを展開したのはロシアだと思います。これは変わらないな。

ということで、ついにここまで来てしまいました。倒れそうになって見てましたが、ここまでくるとなんだか早かったなー。大会が終わっちゃうの、ちょっと寂しいっすね。
フィジカルか、速いパスのコンビネーションか。
アメフトじゃないんだから、ラグビーじゃないんだからさ、パスサッカーが勝つ。必ず。そうでなくちゃ。
ゲイリー・ウィンストン・リネカーの"サッカーとは、最後に必ずドイツが勝つスポーツだ"説を覆します(笑)。

ビジャさんがファイナルに出られまへんがなー。(涙ながらに)

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 21:07| Comment(4) | TrackBack(2) | UEFA EURO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も、なんとなーくドイツが憎たらしいと思っておりましたが、やっぱり気のせいでしょうか・・。(ラ−ムさんは小柄なので好印象)
ポルトガルの敗退はホント残念〜。なにも、あそこまで“でっかさ”にヤラレることないのになぁ。もったいない!デコちんがもう2人位居たらな・・・
トルコはみなさんカッコイイでしたね。先制しちゃったのがマズかった?
そして、応援はしてたけど、期待はしていなかった(失礼)スペイン!スウェーデン、オランダ戦でのロシアの素晴らしさに驚き、もしかしたらロシア応援しちゃうかも・・なんて思ったりもしましたが、浮いていてくれてウレシイです。決勝はビジャさん残念ですね。ト−レス君がんば。シャビイニプ−さんも。
テュラさん・・。本当に引退することになったら、最期がバルサで幸せだったかなぁ、悔いなく引退できるかなぁと思うと、ゴメンナサイネという気持ちになります(泣)
Posted by こんぶ at 2008年06月29日 00:10
こんばんは。いよいよ決勝戦が明日未明に迫ってきましたね!
ドイツ−スペインの決勝と決まってからというものドキドキしっぱなしですよ。
(まあ結局のところ録画セットだけしておいて寝るんですが・爆)
ポルトガルを応援してきたので、またしてもポル代を帰国させてしまったドイツには是非とも負けていただきたいと思います。
休みの多いドイツが何となく有利かとも思えるのですが、過去に4回も優勝しているとも聞きますしもう要らんでしょうが。たまには他所へ譲ってあげても罰は当たらんのではありますまいか。第一バラックは泣き顔が一番可愛らしいと思いますから、どうかもう一度見せてください頼みます拝みます、とほとんど懇願調でスペインを応援します。
頑張れスペイン。ここまで来たからには是非優勝旗をイベリア半島に持ち帰ってください。
え?旗じゃないって?こりゃまた失礼いたしました。←植木等風
Posted by oka at 2008年06月29日 21:55
こんぶさん

> (ラ−ムさんは小柄なので好印象)

あ、それわかる(笑)。
ポル代は"でっかさ"に負けましたね。
なんでもかんでもセットプレーだもんなー。そーゆーんじゃおもしろくないのに。

> トルコはみなさんカッコイイでしたね。

感動したよぅ。
ロシアもだけど、かっこよかった。
スペインロシアだなんて、嬉しくて苦しい組み合わせっす。どっちも勝ってほしくて。さるおもね、ラ・ロハがロシアに勝てないなら、なにがなんでもロシア優勝だ!ととても思いましたよ。

> テュラさん・・。

本来なら、最後がバルサで幸せだった、そのはず。なのに、あんなにぶったるんでちゃちゅらさんがかわいそうだ。さるお、ちゅらさんに泣いて謝りたい気持ちっす。
Posted by さるお at 2008年07月17日 11:43
okaさん

> ポルトガルを応援してきたので、またしてもポル代を帰国させてしまったドイツには是非とも負けていただきたい

しかも、"身長"で勝ち上がってきたドイツ。このまま勝たせるわけにはいかんと、最後に勝つのは真のフットボールだぜと、さるおもメラメラと燃えましたよ。

> 優勝旗をイベリア半島に持ち帰ってください。

大感動で長いこと泣きましたねー。

> え?旗じゃないって?こりゃまた失礼いたしました。

柿右衛門の杯です。(植木等に答える方法がわかりません(笑))
Posted by さるお at 2008年07月17日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

キトでボッコボコやないかーい(泣笑)。
Excerpt: こんばんわ。木曜どうしようです。 いよいよワールドカップのアジア最終予選の組合せが決まりたね。 日本代表は9月6日、バーレーンとのアウェー戦を皮切りに、ウズベク、カタール、オーストラリアと20..
Weblog: 木曜どうしよう
Tracked: 2008-06-29 10:50

スペインがロシアを圧倒、決勝へ
Excerpt: いやもうたいへんなゲームでしたね、とりわけロシアサイドにとっては。 録画しておいたものを今晩(って、また日付が変わってるし・涙)やっと見たところですので今更感満載なのですけど、例によっておバカ加工済..
Weblog: ブログのある風景
Tracked: 2008-06-29 10:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。