2009年03月24日

『SAW V』のジャケに書いてある"劇場公開版に映像が追加された、アンレイテッド版が収録されています"というのはミスだということがわかりました

さるおです。
例の斬新すぎる謎について、角川エンタさんに電話をかけて質問しましたよ。
そしたらね、"約12分間の未公開映像を含むバージョン"というのは、劇場公開版を再編集して短くしたものに、トータルで約12分間になる未公開映像を追加したものだということです。結果として、ジャケに書いてある"劇場公開版に映像が追加された、アンレイテッド版が収録されています"というのは誤りだそうっすー(爆)。

つまり、93分の映画のあちこちをカットして、8〜9分短くなったところに、12分間に相当する未公開映像を入れた、という説明です。
ほんとは、そもそもが劇場公開するために編集(カット)してるわけっすよね。だから、編集前の作品から、あらためて別の部分をカットした、という感じかな。

ちなみに、いわゆる"未公開シーン"なるものが商品化される予定はないそうです。

ということで、まずは劇場版と何が違うのかをみつけたいと思います。
でも劇場で1回しか観てねーし。おぼえてねーよ。
なんとなく、順番が違うかなぁと思うところもありましたが。エリクソンさんの名前をホフマンさんがクルマの中でメモるシーン、あれはもっと後のほうだったような。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さるお発『SAW V』予想/解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。