2006年02月04日

いつかやるだろう、誰かがやるだろう、と思っていた映画

さるおです。
携帯電話内蔵カメラだけを使って撮影した長編の劇場映画『SMS SUGAR MAN/SMSシュガーマン』が南アフリカで今年中に公開されるんだってー。すごい、世界初!いつか誰かがやるだろうと思っていた初挑戦。
監督は南アの映像作家アリアン・カガノフ(Aryan Kaganof)、ご自身もSUGAR MAN役で出演している。

smssugarman.jpg

ヨハネスブルグの売春斡旋人"シュガーマン"と高級娼婦たち物語。クルマで移動するシュガーマンと彼女らをつなぐのは携帯電話。クリスマスイブの夜、まずい事件が起きるみたいです。
サスペンスっぽい感じかな。
アリアン・カガノフは「娼婦たちとシュガーマンは、携帯電話を命綱のようにしてつながっている」と説明しています。

http://smssugarman.com/

2005年12月、11日間で撮影した作品で、南アの低予算映画の相場600万ランド(ZAR)(約11.400万円)をはるかに下回る、100万ランドで仕上げたらしい。そりゃ安かろうて。

これはさすがに、祈るような気持ちでレンタルを待つしかないか。興行がいい感じなら、単館上映・・・無理かね。携帯電話向けに配信予定らしいですけど、さるお、携帯電話持ってません。(えーっ!戦慄)
PHSなら持ってます。(必死)
観たいぞ。ドキュメンタリー風の臨場感がありそうでござる。

心ゆくまでさるお、もんち!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック