2010年02月22日

リーガ・エスパニョーラ09-10 第23節 バルサラシン

さるおです。
バルデスの前にピケとラファ、右に"バルサを10人にするカピタン"プジョル、左にマクスウェル。底にややちん、その前にイニ坊とブスケ。レオ、ティティ、最前線にぼやん・蹴る吉。
おほほ、あちらはトップ下にセルヒオ・カナレス。エンリケも出ましたな。
楽しみだったゲームです。だって、この後はドイツに行くから。
CLは失敗できない。だからね、強いぞ、というところを観たかった。

だぶる.jpg らしん.jpg

今回、このような強そうなライダーさんたちとやって、CLノックアウトラウンドの初戦を占う。

4-0で勝ちましたよ。圧勝です。たしかに。スコアだけ見れば。
でもなぁ、うーん、なんというか、けっして良くはないですね。
1点目はラシンのDFのミスのおかげさまでイニ坊。
2点目のティティのFKは壁を抜けてステキだったし、3点目のラファもぐわぁーんと曲げてポストという技ありのFKだったけど、ともにセットプレー。
4点目のチアゴ・アルカンタラはレオの折り返しを押し込んだんですが、相手の足に当たって入ったゴールです。
しかもトニ・モラルからシスコで抜けたラシンさんのゴールはオンサイドだったと思いますが、判定にたすけられました。
うーん、CLが迫ってるにしては、よくないよね。
アトレチコ戦に続きミスが多い。回しすぎてボールをとられる"無駄に遅すぎる"遅攻のパターン。2タッチじゃ遅い。
うーん。

冬のカンペオン、なんつってるころはまぁよかった、時間もあったし。けどその後の20節ヒホンさんあたりから、雲行きが怪しすぎる。あのときは、出来はよくないけど、CLに照準合わせてこいよ、と思ってたのです。けれど、例によってヘタフェさんに痛めつけられてアトレチコに敗戦、怪我人と累積が続出でホンモノの非常事態に突入。そしてこの、シュツットガルト戦直前にして、ぜんぜん準備できてない感。
嫌だなぁ。

ペップ曰く、「ここ数試合の戦いぶりでは準々決勝進出は無理」

そりゃそうだ。
集中して、サクサク行かないと。ミスはもう本当に許されないんだよ。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。