2006年03月07日

さるおのハリポタ辞典[魔法学校] Hogwarts School of Witchcraft and Wizardry

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、ホグワーツ魔法学校を紹介します。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

Hogwartscrest.jpg


【紹介】
スコットランドの山に囲まれた魔法学校で、男女共学の7年制(11歳から18歳まで)寄宿学校。
歴史ある太古の城が、その校舎です。7階建てで6つの塔がそびえ、地下室があり秘密の部屋がたくさんある、巨大な城です。(グリフィンドール寮とレイヴンクロウ寮はタワーに、ハッフルパフ寮とスリザリン寮は地下にあります。←これはとっても重要だYO!)
森(Forbidden Forest)や湖(Black Lake)を含む広い敷地を有し、フルサイズのクィディッチ・スタジアム(Quidditch pitch)やたくさんの温室(greenhouses)がある。ホグワーツ特急(Hogwarts Express)の駅(Hogsmeade station)は学校の南東に位置し、ホグスミード村(Hogsmeade Village)は北西に位置しています。

【モットー】
"Draco dormiens numquam titillandus."
ラテン語です。
意味は"A sleeping dragon [is] never to be tickled/poked.(or "Never tickle a sleeping dragon.")"(眠れる竜は、くすぐられる(小突かれる)ことがない)です。

【校歌】
Hogwarts, Hogwarts, Hoggy Warty Hogwarts,
Teach us something, please,
Whether we be old and bald
Or young with scabby knees,
Our heads could do with filling
With some interesting stuff,
For now they're bare and full of air,
Dead flies and bits of fluff,
So teach us things worth knowing,
Bring back what we've forgot,
Just do your best, we'll do the rest,
And learn until our brains all rot.
メロディもリズムもスピードも自由です(爆)。

【制服】
本によれば、黒いローブ、黒いとんがり帽子、銀ボタンの黒い外套。
映画では胸に寮の紋章が入ってたり、ローブの下は通常の学生服のようです。グレーのセーターと白いシャツと寮カラーのネクタイ、男の子は長ズボンで女の子はプリーツスカートとニーソックス。

【寮】
勇気と大胆さによって特徴づけられたグリフィンドール寮
 (創設者:Godric Gryffindor
忠誠と公正によって特徴づけられたハッフルパフ寮
 (創設者:Helga Hufflepuff
機知と知性によって特徴づけられたレイヴンクロウ寮
 (創設者:Rowena Ravenclaw
野心と狡猾さによって特徴づけられたスリザリン寮
 (創設者:Salazar Slytherin

【経営】
理事は12人で、経営は基本的には現場に任されている。指揮をとるのは校長先生(Headmaster or Headmistress)で、補佐役として副校長(Deputy Headmaster or Deputy Headmistress)がいる。
学校の運営資金がどーなってるかとか、学費は一体いくらなんだとか、そーゆーことは本で言及されていません。が、『HBP』によれば、貧しい家の子のために、奨学金制度のような特別な基金が存在するらしいね。

【アクセス】
ホグワーツへのアクセスは、ホグワーツ特急を利用するか、ほうきで飛んでくるか、学校の近くに瞬間移動(apparation)して来てそこから歩くか、Floo networkを使うか、いくつか方法がある。魔法でプロテクトされているため、学校の敷地内にいきなり瞬間移動して来ることはできません。校内でもapparationはできないようになっていて、例外はハウスエルフのみ。
学年のはじめに生徒が学校に到着すると、校門はその都度セキュリティが再インストールされるようになっている。
マグル(非魔法族)にとっては崩壊寸前のただの廃城。「倒壊のおそれがあるので立ち入らないでください(keep out, dangerous building.)」という札があって、見た目もやっぱり廃城です。
この通り、ホグワーツ城の周辺では、空気中の魔法が多すぎる。このため、マグルの電子製品は付近で使用できません。

【スタッフ】
スタッフはたくさんいるぞ。科目ごとに選任の先生がいて、いわゆる保健室の先生(school nurse)がいて、校内の管理人がいて、ゲームキーパー(敷地の管理人)がいて、司書がいて、キッチンには約100名ものハウスエルフ(house-elves)がいます。
しかーし、じつは、時間割をもとに、1コマが1時間半で1年生から7年生まで教えないといけないから週何時間の労働で・・・と計算していくと、なんと、必須科目を教える先生は、週休1日だとして、1日15時間労働になってしまうらしい(涙)。ホグワーツまさかの労働基準法違反(笑)。ハーがマクゴナガル先生から借りていたタイム・ターナー(time-turner)でも使わないかぎり、無理ざんす。きっとほかにも先生がいるんだな。

【名称の由来】
ホグワーツのモデルはオックスフォード大学だと言われています。Ox-ford、Hog-warts、たしかに名前まで似ているぞ。J.K.Rowlingはオクスフォード大学が、pure-bloodの優越という偏見と同種の価値観を内包していると思っているらしく、ハリーとJoの誕生日が同じだったりもして、この辺には多少の皮肉も込められているかもしれません。Jo、インタビューでは「植物の名前」だなんてことも言ってますが。
それとモールズワース(Molesworth)のラテン語劇の中にThe Hogwartsとかいうタイトルのものがあって、劇中のHoggwartはある校長先生の名前らしい。
よくわかりませんが、さるおは、Hogwartsは、warthog(イボイノシシ)の並べ替えだという説が好きっす。
Hogwartsはアナグラムだというのも成り立ちます。Hogwarts ← Ghost War、これも好きですね。
hogには"豚"という意味の他に"貪欲な人"という意味があります。これは校歌の♪Teach us something, please♪にぴったり。wartは"イボ"とか"(木の)こぶ"ですが、これは生徒のことを指しているのかもしれません。好奇心旺盛な(貪欲な)コドモたち(イボイボ君たち)、いい学校名ですね。

こちらのエントリーのコメント欄に正解があります。
ホグワーツの場所と名前はロウェナ・レイヴンクロウが決めたんだって。warthog(イボイノシシ)が湖の断崖に彼女を連れて行く夢を見たからだそうです。ホグワーツはロウェナの地元、彼女のテリトリーっぽいっすねぇ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 00:05| Comment(8) | TrackBack(2) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そるです。

>ってゆーか、片方は生徒でもう片方は教頭だもの、そりゃ違うよー!(←混乱)

というわけで、さるおさんはホグワーツ初の『セクハラで退学になった生徒』になりました(待て

>ほんじゃ行きます。渾身の演技でワーって出て行って「ハリー!ハリー!」って叫びます。コドモとお年寄りがびっくりしてまうが、行ってみよう!

あ、ちょ、待っ…!
──と演技指導もしてない(そもそも慰問だって言った汗)のに、突撃しちゃったのでコドモが泣き出すは、じーさんばーさんはひきつけ起こすわで、てんやわんやの状態に!

どうしましょう…今度は訴訟ですよ(げぇ

>そうそう、オスカーはあごのしゃくれたお姉さんが獲ったよ。

ん?誰でしょうか?
ってか、自分で確かめろYO!

>さるおの漢字バトンは時間があるときに。

うぃ、むっしゅー。
あ、お題がちょこっと変わったのでチェックしといてくださいね。

ではではw
Posted by そる at 2006年03月07日 20:50
マグルがもし間違ってホーグワーツに紛れ込んだら、どうなるんでしょうね。
でもセキュリティーがあるから大丈夫か。インストールされるとはおもしろいね。
キッチンに10人のハウスエルフがいるとは知らなかったです。読み落としてたのかな。
それに、先生の数が少ない気はしてましたが、特に具体的に気に留めてなかったんだけど、よく考えると、計算が合わないよね。
表舞台に出てこないだけで、他にもいらっしゃるんでしょうね。
名前にいくつも説があるってことは、ローリング女史は、わざと明かさず秘密にしているんでしょうか?
Posted by micchy at 2006年03月07日 22:47
そるさん
さるお、ホグワーツの歴史を塗り替えた。セクハラでまさかの退学、ぐわぁー、卒業したかったです。
ほんで、コドモと年寄りに突撃。

> どうしましょう…今度は訴訟ですよ(げぇ

人生の歯車がぁ・・・
Posted by さるお at 2006年03月08日 00:54
micchyさん

> マグルがもし間違ってホーグワーツに紛れ込んだら、どうなるんでしょうね。

いちおうね、入ろうとするとなぜか急用を思い出すように魔法をかけてあったり、入れないようになってるらしい。入れたところでどうせ魔法をかけられて、出てくる頃には何もおぼえてないとは思うけど、それでもこれは気になる想像だよねー。

> キッチンに10人のハウスエルフがいるとは知らなかったです。読み落としてたのかな。

失礼しました!100人です、100人!
読み落としじゃないよ、たぶん本には書いてないと思う。

> 表舞台に出てこないだけで、他にもいらっしゃるんでしょうね。

それか、女史もあんまり計算してなかったか・・・。

名前には皮肉が込められていそうだなー。
Posted by さるお at 2006年03月08日 01:02
そるです。

>さるお、ホグワーツの歴史を塗り替えた。セクハラでまさかの退学、ぐわぁー、卒業したかったです。
>ほんで、コドモと年寄りに突撃。

ああ、アレは退学でヤケになってたからなんですね。俺、納得。

でも、そのツケは随分高くついたようで(以下後述)

>人生の歯車がぁ・・・

ここに来た時点で人生設計は確実に狂ってますよ(爽やかに毒

それはそうと、差し迫った現実は惨く。

莫大な賠償請求が上がってますが…で、どの弁護士に依頼します?(ぉ
Posted by そる at 2006年03月08日 18:46
そるさん

> どの弁護士に依頼します?(ぉ

マギー・スミスとマギー・スミスの背後の仲間たちとよい子のみんなとその親とお年寄りを黙らせることができる弁護士・・・えーん、とりいそぎさるおが消されそうだYO!
Posted by さるお at 2006年03月11日 18:19
映画では知りえなかったホーグワーツの
諸事情って・・
★そうだったんですかぁ〜!
ホグワーツへのアクセスは
ほうきか瞬間移動ってとこ★面白いです〜!

Posted by sati at 2006年03月22日 19:30
satiさん
ホグワーツへのアクセス、ほうきは遠いなー。ファイアーボルトならいいけど、他のほうきじゃやってらんないかも(汗)。夏でも寒そうだし(笑)。
瞬間移動はステキよね。
このへんの設定の細かさも、ハリーが住む魔法の世界のリアリティっすねー。
Posted by さるお at 2006年03月31日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Excerpt: 目立ちたがりやだとか・・良いカッコしだとか・・信じていた唯一の友達からもハリー
Weblog: 映画のしっぽ
Tracked: 2006-03-23 22:24

彦根城
Excerpt: 彦根城は国宝に指定された4つの城のうちのひとつです。 その彦根城の柱に落書きが・・・・・
Weblog: ホームページ制作会社のブログ
Tracked: 2006-04-22 04:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。