2010年10月03日

最終章『SAW 3D』(SAW VII) 完全大予想10 ボビーさん著『S.U.R.V.I.V.E. - My Story of Overcoming JIGSAW -』

さるおです。

S.U.R.V.I.V.E .jpg

ボビーさんがいかなるグルか、わかりました。
『S.U.R.V.I.V.E. - My Story of Overcoming JIGSAW -』なる本を出したんすね。
じつは、"Overcoming"の部分が読めなくてね、最初が"O"で、最後は"g"なんだからそれは"ing"だろう、というだけで、意味合い的にも単語の輪郭的にも、きっと"Overcoming"だぜっ、ということなんですが。
"Overcoming"の意味は、打ち勝つ、克服する、(困難を)乗り越える、とかです。つまり、『さ・ば・い・ぶ!私はこうしてジグソウを克服した』という本ですな。『さ・ば・い・ぶ!』がひじょーにバカっぽいですが、ま、これはさるおのせいですのであしからず。

恐ろしいゲームを体験し心も身体も瀕死状態の生還者にとっては、なんともありがたい。同じ地獄を通り抜け、大きすぎる犠牲を払って生き延び、そして立ち直った、実在の人物。この人のところへ行こう。そりゃそー思うよな。恐怖体験を乗り越えよう、また明日から生きていこう、そのために、藁にもすがる思いでこの本の著者を頼る。そーゆーことです。

しかーし。
(勝手にジョン目線で)気に入らないっすね。
ドヤ顔のポスターを背負って、ニヤケ顔のグル様が、ドヤ顔の表紙の著書を差し出し、ペンなんか持って、こりゃサイン会ですかい。どーみても絶好調でウキウキしすぎのボビーさん。
ジョンは、商売にされるの、気に入らないだろうな、と思うのです。
それに、トラウマを乗り越えたのは素晴らしいことですが、ボビーさん、元気すぎやしませんかね。
この本が出版されたのはいつなんでしょう。ジョンが生きている時なら、ボビーさんはとんでもないリスクをおかしているように思える。だって、さるおがジョンなら、ゲームやったのにコイツ相変わらずのドヤ顔じゃねーか、ということで再ゲーム。あるいは、なんやコイツ生存者のフリしやがって、ということで初ゲーム。そんな感じになるからです。
もしもボビーが、この時点でじつはまだゲーム未経験者だとすれば(予告編を観ると『SAW 3D』(SAW VII) にボビーのゲームのシーンがあります)、ジョンが死んだからそろそろいいだろう、自分も生還者だということにしてこれを商売のネタにしよう、なんていうタイミングでしょーか。
それとも素直に、生き延びて悟ったボビーさんがゲーム後のアフターケアまで考えているだけなんでしょーか。

ボビーさん、あなたは本当に、ゲームの生存者か?

心ゆくまでさるお、もんち!
この記事へのコメント
お久しぶりです。 覚えてますか 笑

まずは新しい情報として、

ギブソン刑事、ロジャース刑事という2人の新たに事件を追う人物の登場。

ボビーは「ジグソウ生存者の会」なるものを主催していること。

ボビーのGAMEは大きく4つのブロックに分かれており、
第1の部屋にはニーナ(ボビーの広報担当者)
第2の部屋にはスーザン(ボビーの弁護士) 
第3の部屋にはケイル(ボビーのマネージャー)
第4の部屋にはジョイス(ボビーの妻) 
がいること。

が「gyao」にて発表されました。



ここで私の妄ソウなのですが、
さるおさんの記事に、「ボビーさん、あなたは本当に、ゲームの生存者か?」という記述がありますが私の答えはNOです。
『S.U.R.V.I.V.E. - My Story of Overcoming JIGSAW -』を出版しボビーの元へ被験者が集まるわけですが、私は元被験者達を集めるための手段だったと考えます。
(本の出版によって「ジグソウ生存者の会」というものがあるよーという宣伝)
著者を元被験者とすることで訪れやすいという安心感。

ん〜でも被験者ではなかったとすると、偽っていること警察にすぐばれそう…

まぁでもこの際、被験者であったかどうかは今はどうでもいいや 笑


なにが言いたいかというと、ボビーは元被験者達の監視役だったのではないかということ。
つまりはジョン側の人間だったということ。

『更生』こそがこのゲームの始まりといってもいいかと思うのですが、ゲーム以後被験者達がどういう『更生』をしたのかというのはやはり「言葉」を介して初めてわかるものなのではないかと思うのです。


そこでジョン(ボビー)は「ジグソウ生存者の会」なるものを主催し、本を出版。
元被験者達をボビーのもとへ集まるよう仕向ける。
そして、ボビーは聞き手役となり被験者達がどういう「更生」をしたのか見極める。
ジグソウをうらむ者、ジグソウに助けられたと言う者、実に様々だとおもいます。
きっとアマンダもここを訪れていたのではないかと思います。

つまりは「ジグソウ生存者の会」=「更生を見極める会」なのではないかと。
ボビーが『更生』したと認めた者には新たな人生のスタートを、認めなかったものには再試験。

ん〜けっこう重要な役割です。
そう考えるとジョンとボビーには相当な信頼関係があって、実は当初から組んでいたように思えてなりません。
ボビーは裏方に徹していたわけです。
ジョン=ジグソウではなくジョン+ボビー=ジグソウなのではないか!?

では、なぜボビーは今回試験(ゲーム)を受けることになったのか?
ジョン+ボビー=ジグソウであったとするならば、ボビーが試験を受けるなんてありえないじゃないか!
となるのですが、それがジョンのジルへの遺言であったとするならば一気に解決です。

遺言:「私は今までボビーと共にジグソウとして活動してきた。だがもし彼(ボビー)が道をふみはずすようなことがあれば私の残したtrapで試験をしてくれ。」

こんな感じでどうでしょう?

ここで"私の残したtrap"という風にしたのには理由があって、
ボビーのGAMEは大きく4つのブロックに分かれているという話をしましたが、
第0の部屋ボビー Suspended cage trap
第1の部屋ニーナ(ボビーの広報担当者) Pasting trap
第2の部屋スーザン(ボビーの弁護士) Neck needles trap
第3の部屋ケイル(ボビーのマネージャー) ?
第4の部屋ジョイス(ボビーの妻) Hook trap

この4つのtrap(?除く)は初期のジョンをおもわせるような非常にシンプルな作りなのです。
(私はジョン個人製作のtrapはシンプルな作りであると考えています)

非常に薄い理由ですがご勘弁を。笑







まだまだ書きたいのですが、時間の都合でここで失礼さしてもらいます。
中途半端に終わってしまって申し訳ない…。


さるおさん、どうでしょうか?
Posted by 七色 at 2010年10月15日 14:26
こんにちわ^^

どうもお久しぶりです。

ついさっき「ジグソウ生存者の会」の本編映像発見しましたよ。
http://www.youtube.com/watchv=bGlBnPhE5Ew

歴代の被験者達が集まってます。見慣れない者もいますがおそらく本編では語られなかった元被験者でしょう。

もちろんDr.ゴードンもいますよ。

ちなみに熱弁しているのはボビーで、隣にいるのは妻のジョイスです。


あとこちらにいけば

http://www.bobbydagen.com/

ボビーはなぜ被験者となったのか?
どういうゲームを経験したのか?
「ジグソウ生存者の会」とはいったいどういうものなのか?『S.U.R.V.I.V.E』(著書)とはいったいなんの略なのか?

などなどその他ボビーについての情報が書かれています。





なのでボビーが過去に試験を受けたのは間違いないようです。

Posted by 七色 at 2010年10月16日 16:46
連コメですいません;;

ついさっき「ジグソウ生存者の会」の本編映像を紹介したのですが、過去に死んだ被験者がいるようにも思えるんですがどうでしょう?

確認できる環境にあればぜひ確認してもらいたい。

http://www.youtube.com/watchv=bGlBnPhE5Ew
いや〜外国人の顔の見分けは難しい 笑

Posted by 七色 at 2010年10月16日 17:08
七色さん
おひさっす。おぼえてるよー。

http://www.bloody-disgusting.com/film/4190/gallery
取り調べしてるデカさんペアがギブソンとロジャースっすねー。椅子に座ってうなだれたマントの人影を攻撃しようとしている人もギブソンさんかな?チャド・ドネラ、いいっすね。

> 「ボビーさん、あなたは本当に、ゲームの生存者か?」という記述がありますが私の答えはNOです。
> ボビーは元被験者達の監視役だったのではないかということ。
> つまりは「ジグソウ生存者の会」=「更生を見極める会」なのではないかと。

むはー。俄然、コーフンします。
元被験者達を集めるための手段、まさしくそうだと思います。目的はなんだと思います?生まれ変わったかどうかをチェックして、その先は何だろう。ボビーが更生したと認めた者はただ新たな人生をスタートするのはいいとして、認めなかった者には"ジョンと同じ方法論"の試練を再び与えるのかな。更生した者から後継者を、という人選の機能はあるでしょーか?
あと、これプラス、新プレイヤー募集だとか、そーゆーのはあるかな?

> きっとアマンダもここを訪れていたのではないかと思います。

http://kooks.seesaa.net/article/159171181.html
だよねだよね!(心拍上昇)

> そう考えるとジョンとボビーには相当な信頼関係があって、実は当初から組んでいたように思えてなりません。

たとえば、それはこちら↓と関係あるかな?
http://kooks.seesaa.net/article/164150051.html

> 「私は今までボビーと共にジグソウとして活動してきた。だがもし彼(ボビー)が道をふみはずすようなことがあれば私の残したtrapで試験をしてくれ。」

ここは時系列がむずかしいっすよね。『SAW 7』でボビーがやる4つのトラップが、ジョンの死後でジルの死後でもちろんホフマンの死後だとすれば、託されたのはジルだろうし、さらにその後のことはボビーに託せと、そんな感じかもしれない。
たしかに檻に入れられてぶら下げられるやつ、すごくシンプルっすよね。スーザンとジョイスのもシンプルそうだし。
ニーナのPasting trapはどーゆーやつかな。

> 過去に死んだ被験者がいるようにも思えるんですがどうでしょう?

確認したよー。
http://kooks.seesaa.net/article/166644379.html
死んじゃったはずの人って、どの人っすかね。名前か見た目、おしえてくださいな。
Posted by さるお at 2010年10月27日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。