2010年10月31日

『SAW 3D』(SAW VII) 解読1 あと2匹は誰なんだよ

さるおです。
ネタばれ記事です。ネタばれコメントも大歓迎です。これからご覧になる方は気をつけてねー。

ケヴィン・グルタート(Kevin Greutert)もそうですが、パトリック・メルトン(Patrick Melton)とマーカス・ダンストン(Marcus Dunstan)には失望しました。"きめ細かく作っているフリをしていた"ということに怒ってますよ。意味なく細かい不必要な映像やセリフが多すぎたシリーズでした、という結果になってしまいました。
惜しいとこまで来てたのに、残念っすー。決して不可能じゃないのに。SWはそれをやってのけたのに。
時間軸が整理されることはありませんでした。"something much larger"(全貌)も、見えなかった。謎は謎のまま、ただ放置されてしまいました。映画の作り手には観客の上を行ってほしいもんですが、SAWシリーズに関して言えば、作り手の役不足というか、ずいぶん下を行っちゃった感じっす。
観客のはるか上を行ったのは、リーとジェームズだけ。オリジナル『SAW』のみ。
少し溜め息が出ますよ、残念すぎて。
さるおが最終章に求めていたのは、サプライズではありません。ただ、すっきりと納得できればそれだけでよかったんです。
けどまぁ、しかたない。

まったく要らない3Dのために2200円は高い。過去6年間夢中になり続けたマニアにもそうじゃないお客さんにも、1800円でたくさんの人に観てもらえばいいじゃないか。
けどまぁ、しかたない。
公開処刑のメンバーも、ジョンの命を大切に的コンセプトから大きく外れ、小悪魔とバカ男2名という軽さ。底知れない迫力を醸し出していたジル姐さんも突然弱くなってきゃぁきゃぁ逃げるようになっちゃった。
けどまぁ、しかたない。

しかたないとあきらめた上でね、まずは感想を少し書こうと思います。"しかたない"というマイナスのスタートラインに立ったので、えー、それなりにおもしろく感じることができる(爆)という、ミラクル発動。
最終章に、初めて、いなかったのはアマンダです。アマンダ不在じゃ、何の華もねぇ。そう覚悟してたんすよ。
ところが!
ホフマンが大暴れっす。
ホフマンにアマンダの代役がつとまるかって、そんなのいかにも無理っぽい。アマンダはジョンに愛された一番弟子で、過去にはウェディングのような美しいシーンまであり、そして何より素晴らしいのは、とても感情的で、破滅型で、純粋だということ。このアマンダに敵うわけねぇ。頭脳派ではなく肉体派の"ただの"悪役ホフマンが、アマンダに敵うわけねーじゃん。
そう思っていたから、ものすごく驚きました。アマンダ不在の穴をまったく感じなかったことに。
もうね、ホフマン万歳と思いましたよ。男ホフマン、やるときゃやるぜ。男ホフマン、やけっぱちだぜ。すっかり惚れましたね。
しかも、ド派手なショーでケーサツを引きつけておいて死体袋でケーサツに忍び込むという奇跡の頭脳派っぷりまで披露して単細胞という汚名返上。おまえはハンニバル・レクターかと。
ホフマンでアマンダ不在の穴を埋めておつりが来るなんて、すげぇ!
とにかく、ホフマンに、さるおはとても満足です。
あとね、"かえし"のついた釣り針を飲まされてて、糸引っ張って取り出さないとってゆーね、しかもお静かに、あるいは永遠にお静かにという、あのゲームだけはおもしろかったっす。よく考えました。くれぐれも、ボビーさんのその他のあれこれは、目ん玉にパイプとかただの首吊りとか、歯に彫刻はねーだろとか、オーブンも2度目だし、んまー手抜きっすけど。

なので、不満は大きくどちらかと言えば怒っていますが、ま、こんなもんだろと。いいんじゃねーか、つまんなくなかったし、とね、そーゆー感じになるわけです。
さらに、過去7年間も振り回されていた無意味なディテールのことはまぁ置いといて、この1点についてだけ考えるのも楽しいじゃん、と思わせるような素晴らしいシーンがあった。それが、2匹のブタは誰か、ということっす。

そもそもこのシーンが素晴らしいかどうかというのも、んまーいろいろあるとは思う。最後って言ったのに、ちゃんと終わってないじゃーん、とか言われそうだし。このシーン(もちろん、バスルームに移り、ホフマンの生死が不明、という点も合わせて)のおかげで、『ソウ ザ・ファイナル 3D』なんておバカ丸出しのタイトルを付けてしまった日本の『SAW 7』だけが世界で唯一マヌケな映画、ということになってしまったであろうし。
けどね、ジョンの時代は終わった。
それでいいや、と思うわけで、別シリーズ(または事実上の『SAW 8』)があるかないかに関係なく、この2匹のブタが誰かを考えるのは、けっこう楽しいと思うのです。

さて、ここからがまず1つめの解読。
3匹の子豚の1匹目はゴードンせんせでした。彼は、ジョンに頼まれてブタちゃんになっているんだよね。ジルに何かあったら、自分の代わりに行動してくれ、と頼まれた。つまりゴードンせんせは、今は亡きジョンの代理です。
で、彼は片足がないっすから、やっぱ身体能力を問われるシゴトとかになるとそんなに自信はないわけです。相手が身体の小さな女子ならまぁ、ひとりでもうまくやれるかもしれない。けど、ホフマンは身体もデカイし、力もありそう。やっぱ応援を頼んだんだろうと思うんすね。
ブタ持参でよろしくねー、くらいの要請にすぐに応じてくれる人たちです。ゴードンせんせの言うことを聞いてくれる誰か。あるいは、ジョンのゲームに感謝していてジョンをそれなりに理解している誰かです。ジョンの名のもとに行動するローレンス・ゴードンに手を貸すのは、誰でしょう。
もちろんこれは、サバイバーの中から探すべきだろうと思う。で、彼らの中で明らかに"生まれ変わった"と感じているのは、わかっている範囲で、シモーヌ、マリック、ブレント、シドニー、そして名前はわかりませんが、ニュース番組で報道されていた女子です。ボビーがバーでテレビを観てビジネスの参考にした、あの人です。あるいは、ブリット、モーガンの可能性もある。で、誰を選ぶかというと、うーん、男子2名で行きたいところですが、できれば、両手両足が揃っているほうがいいでしょう。
となると、ひとりはブレントの可能性が高そうっす。もうひとりは、年齢的に、シドニーか、名前のわからない人。休む間もなくボビーという線もあるにはあるし、ダニエル・マシューズもいいっすね。

でもね、でもね、いちおう最終章なんだし、もっとステキな解読をしたい。
夢のある、ハートのある、暖かい解読がしたい。
理由は、じつは、このセリフです。
Think about everything that you've done. You think about what you promised me. Think about our dreams. You think about tomorrow.
未来を捨てそうになるアマンダに、ジョンが言ったセリフです。アマンダがリンを撃つ直前の、ジョンの懇願にも近い言葉。
自分がしてきたすべてについて考えるんだ。私と約束したことを考えてくれ。私たちの夢のことを考えてくれ。明日のことを考えるんだ。
our dreams.
また泣けてきましたが(笑)。
夢があったんすね、ジョンとアマンダには。tomorrow. 未来があったんす。
以前も書きましたが、ジョンという人物は、孤独な者の家そのものだった、そんな気がするのです。孤独なサバイバーの、疑似家族だったと思う。だから、ジョンの、家族というものへの情熱を思ったとき、3匹の子豚はこれで行こうぜと、ひらめいてしまいました。現実的ではないかもしれませんが、こうだと思いたい。あとの2匹は、アリソンとダイアナだと。(願望)
ぶはー。明るいフューチャーを感じます。(ただの願望ですが)
身長とか、辻褄合わないけど。
辻褄合わないのは、おたがいさまだし(笑)。

あるいは、アダムとタップで。
この2名についてはもういいかげんわたくしもしつこいわけですが、ハートのある終わり方だし、夢のある始まりでもある。

いやー、うーん、どっちかといえば、ゴードン家の3ブタ希望かな。

心ゆくまでさるお、もんち!
この記事へのコメント
初書き込みですー。
今までのさるおさんの解読ほぼ全部読ませてもらってます!

今回の残り2匹の解読、ゴードン娘母という発想をまず見習いたいですw


ところで、以下の伏線ってどうなるんでしょう?
・アマンダ、セシルの行動を何故ホフマンは知っていた?
・5の火事のリンクエピソードは?
・6のウィリアムの妹、パメラのテープ内容は?またその後は?
・6スタッフロール後の、アマンダとコーペッドのエピソードについては?
・ゴードンがジグソウ側についた理由は?
・ゴードンは何故ホフマンの机に「お前の正体を知っている」という手紙を置いたのか?
→煽り?
・何故ゴードンはジルが殺される前に行動しなかったのか?
→ジョンに家族を怖い目に合わされた恨み?

やっぱSAW:The New BeginsとかSAW 3D IIあるんですかねー。
Posted by ko_re at 2010年11月01日 02:18
さるおさん、こんにちわ。

ついさっき観てきました
(毎月1日は800円引きなので 笑)


まず初めに。
> ゴードンの時だって、死体が起き上がってマスクをビリビリーってしてゴードンにジョン本人の素顔を見せましたし。

すんません;;単純なミスです。





saw7
ん〜どうなんでしょう。
saw7としては良い作品だったと思うんですが、シリーズとして観ると……って感じです



ところで、胸筋にフックって引っ掛けれるもんなんですねぇ。
てっきり私は胸の上部を貫通させるものだと鑑賞前は思っていたので、
画像を見て「あんな小ちゃなフックでいけんのか?」
って思ってたんですが、まさか引っ掛けるとはなぁ。
いやぁ〜胸筋があるって素晴らしいですね 笑

結局、あと一歩で体重に耐えきれませんでしたけど。

てか、あの中で一番の悪ってボビーですよね?
なのに
「彼だけ生き残るってどうなの?」
って思ったのは私だけなんですかね?



ジョイスの『焼き土下座の丸焼き』には胸打たれる想いでした;;

純粋に彼を信じていただけなのに…
あの中はまさに生き地獄ですよ;;


ジョンの目には全員グルに見えてたのかな?





さっき観てきたところなので、私の考えや疑問に関しては追々投稿さしてもらいます。



追伸
先日言わしてもらった予告編に一瞬だけ映るニーナらしき人物は、電ノコ罠で真っ二つになった女性でした;;





Posted by 七色 at 2010年11月01日 19:43
さるおさん、こんにちは!
いつも拝見させていただいてます。
いやーとうとう終わってしましました。
私も皆さんと同じ感想に近いw
伏線や時系列ギミック、全貌を素無視しても、ラストだけはゲームオーバーにこだわりたかったんですね。1のように。

ボブのサイン会にキャップを反対にかぶってジョンが出てきたときはかわいいなーとニヤっとしてしまいました(笑)
今回もあのいわくつきのミイラ2体?が出てきましたが、2で出ていたミイラと数合うかな?とか思いながら観てました。

今回、大きな謎よりなぜか封筒とか小さい謎にこだわっていた感があります。新しく登場した内務調査官もホフマンとつながりがありましたが、これも時系列わかりませんし…車工場で派手にしたのは死体と入れ替わるためだというのはわかったけど、民衆に3人のゲームをさらした派手さの意味はわからず…

アマンダもホフマンもトラバサミから逃げられたのにジルだけ食らってしまったのも、かわいそうな気もします。ソウ集編で生存不明確認者が1からピックアップされていたけど、その人たちにもしやつながりがあるのか?とか、考えすぎないほうがいいのかしらw
Posted by ぷよ at 2010年11月02日 13:01
なるほど!ゴードン一家で3匹の子豚ですか。夢とファンタジー溢れますねぇ!(笑)今回で本当に終わりだとすれば、あの描写は本当に「皆様のご想像にお任せします」って感じでしょうね。伏線を回収しきれないのをファンの先走りする推理や妄想にお任せする的なオチのやり方はSawではやってはダメですよね…やっぱり定石どおり、大ヒットの1作目の続編は駄作ってことになっちゃいますよね。さるおさんが怒ってらっしゃる「散々ひっぱってきて、緻密につくっているふりをしていた」ってのは本当にそう思います。せめて6からのパメラがどうなったかとか、大きな計画の一部とかについては続編としてやるべきだったと思います。悪い方でとらえるならおそらく、製作側は伏線を回収する気は無かったんではないでしょうか?ゴードンという、ファンの中での「とっておき」を利用してどれだけ儲けられるかになっていたのではないのでしょうか。良いほうにとらえるなら、そこまでの深い伏線をちりばめたつもりはなく、1の完成度の高さにファンの妄想推理と期待が先を行きすぎてしまったってとこでしょうか。毎回終わりをほのめかしてきたことを考えると、2の時点からずっと「ゴードン」しか無かったんじゃないんですかね。
ここまで広げすぎずに2の終わりで綺麗にゴードンで終わっていれば、SAWは伝説の映画になってましたよ。
文句ばかりになっちゃいましたが、さるおさん、次回作「杖つきゴードンの人間更正大作戦」(笑)に期待するしかなさそうですね。もしくはファンを散々ひっぱってギネス認定された、ある意味伝説の映画として名を残すかですね。こんな言うのも大好きで何年も期待をしてきたからなのです…
Posted by taka at 2010年11月02日 16:31
ko_reさん
初めまして。読んでくださってどうもありがとーう。

> 今回の残り2匹の解読、ゴードン娘母という発想を

えっとね、じつはこれはけっこう深いのです。あり得るどうかはともかく、というか、こうでないとジョンが報われないよー、と思うのです。別の記事に詳しく書くね。

> ・アマンダ、セシルの行動を何故ホフマンは知っていた?

これを読んでみてください。
http://kooks.seesaa.net/article/132569427.html
さるおはアディソンをプッシュっすー。

火事のリンクエピソード、パメラのテープ内容とその後なんかは無視されましたねぇ。
コーベッドちゃんは出てこなくて残念っす。子役さんだと大きくなっちゃうから、本人じゃ無理かな、とは思ってたけど。代役でもいいから、なんとか出してほしかったのにぃ。

> ・ゴードンがジグソウ側についた理由は?

これもブタ家族の件と一緒に、今度書いてみます。

> ・ゴードンは何故ホフマンの机に「お前の正体を知っている」という手紙を置いたのか?

これも別記事で考えようと思います。長くなりそうなので(笑)。

> ・何故ゴードンはジルが殺される前に行動しなかったのか?
> →ジョンに家族を怖い目に合わされた恨み?

逆じゃないかな。ゴードンはジョンに忠実だったんだろうと思う。「ジルに何かあったら行動しろ」と言われて、ちゃんと状況を見ていたと思うんです。
"別記事に書きます"ばっかり言ってて申し訳ない。けど、これも書くつもりっす。

今までは、いいかげん終わってくれーと思ってましたが、今は、続編作れよって感じだよね。
Posted by さるお at 2010年11月02日 19:13
七色さん
なんかねー。ビミョーっすよねぇ、いろんな意味で。

> ところで、胸筋にフックって引っ掛けれるもんなんですねぇ。
> てっきり私は胸の上部を貫通させるものだと鑑賞前は思っていたので、

!!!
そ、それは意外。
さるおは"ひっかける"だとしか思わなくて、まさかフックが両胸を貫通だなんて想像もしませんでした。

> 「あんな小ちゃなフックでいけんのか?」

これって、そーゆー意味だったのかぁ。
わかってなくてすみません(爆)。
でもまぁ、体重ぶらさげるにはやっぱちょっとフックが小さいよね。

> てか、あの中で一番の悪ってボビーですよね?

うーん、取り巻きも3バカな気はするけど(笑)。
ジョイスはかわいそうっすね。悪い人じゃないのに、オーブンで、ほんと、土下座で丸焼きだなんてー。きっとね、ジョンはわかってたと思うんです。みんな同じなんて、大ざっぱなモノの見方をする人ではない。けど、結局それが、生き方を過った者が失うモノの大きさなんじゃないかと、そーゆーことなんだろうと思うんです。いや、ジョイス目線で見れば、それで済ませるな!って話なんだけど、でも、それでも、なんて言ったらいいのかわかんないっすけど、そーゆー美しいものまで失ってしまうんだよ、と、そーゆーことなんじゃないかと思うんです。ジョイスを失ったのはジョンのせいではなく、ボビーに原因があるんだと。

> ニーナらしき人物は、電ノコ罠で真っ二つになった女性でした;;

さるおはさるおで、仰向けで頭(正確には口でした)を押さえ付けられているニーナの絵をちゃんと思い浮かべていましたよ。
これだけ誤解し合って結局何の問題もないって、すげー。わはは。
Posted by さるお at 2010年11月02日 20:50
ぷよさん
来てくださってどうもありがとーう!読んでいただいて嬉しいっす。

終わっちゃったねぇ。終わってない気もするけど(笑)。

> 伏線や時系列ギミック、全貌を素無視しても、ラストだけはゲームオーバーにこだわりたかったんですね。1のように。

それも大事だけどさ。(溜め息)
ゲームオーバーで、ゴードン出して、バスルームに連れてきゃ文句ねーだろ的な、アレでしたね(爆)。

> ボブのサイン会にキャップを反対にかぶってジョンが出てきたときはかわいいなーとニヤっとしてしまいました(笑)

さるおも少しニヤつきましたよ。でもとにかく、フード、好きなんすね、ジョンは(笑)。

> いわくつきのミイラ2体?

さるおはよく観られなかったなー。アダムさんだということになっているミイラの足枷、観なくちゃ!と思ったときにはもうその映像は終わってた(笑)。

> 大きな謎よりなぜか封筒とか小さい謎にこだわっていた感があります。

小さい謎・・・ジルの封筒はゴードンせんせ宛てで、ホフマン宛てのはゴードンせんせが書いてて。で、あちこち切ったり縫ったりはゴードンせんせで。
そんくらいだっけ?
うーん、足んないよねぇ(涙)。

> 内務調査官もホフマンとつながりがありましたが、これも時系列わかりませんし

そうそう。何にもおしえてくれないなら、要らないのにね。

> 民衆に3人のゲームをさらした派手さの意味はわからず…

ほんと、これも意図がわからない。今では街中がジグソウ事件を知っている、ということなんかな、と思うのですが、なんかなぁ。

> ジルだけ食らってしまった

さるおも少し泣きそうになりましたよ。それまでは、ジルの走り方がなんだか本気っぽくないなぁ、と思って呑ん気に観てましたが、あー、アマンダのトラバサミ、あー、カギがないや、もうだめぽ、と思ったら切なくて泣けてきた。

> ソウ集編で生存不明確認者が1からピックアップされていたけど、その人たちにもしやつながりがあるのか?

なんだったんだろうね、あれ。
Posted by さるお at 2010年11月02日 21:08
takaさん

> 夢とファンタジー溢れますねぇ!(笑)

ブタ家族、夢とファンタジーっす。わはは!
でもね、それだけじゃないんだ。じつはかなーり真剣なのです。現実味はともかく、ジョンのフィロソフィーの中では、ジョンのこの世界の中では、こうでなければジョンが報われないよぅ、というくらいに、真剣なのです。
別の記事に書くので、また読んでね。

> Sawではやってはダメですよね…

ほんとだよなぁ。
ずっと雑に作ってきたんならいいんです。でも、そーじゃないフリしてきただろー、おまえらー。と思っちゃうよね。

> 大ヒットの1作目の続編は駄作ってことになっちゃいますよね。

確定っすね(涙)。
さるお的にね、『SAW III』までだな。あそこでやめる勇気がほしかった、つくづく。

> 6からのパメラがどうなったかとか、大きな計画の一部とかについては続編としてやるべきだったと思います。

パメラも、タラやブレントと同じように、「ほんじゃ帰りますかぁー」なんつって、たーだ帰ってきたとでも言う気かな(笑)。
そして、全体図。見えない見えない。何にも見えない。
最後には見えるってジョンにセリフで言わせたのに、公開前には作り手側も"すべての疑問の答えを用意した"って言ってたのに、嘘つきすぎっすよねぇ。

> 製作側は伏線を回収する気は無かったんではないでしょうか?

伏線なんて言葉も知らない人たちなんでしょう、きっと(泣)。ずいぶん下を行っちゃったもんです。

> ゴードンという、ファンの中での「とっておき」

たしかに、"最後はゴードンで"というお約束はあったんだと思う。揉めてたなんて言うほど揉めてたとは思えないしー。
ヘッドギア、ゴードン、バスルーム、こんでいいだろと。

> 1の完成度の高さにファンの妄想推理と期待が先を行きすぎてしまったってとこでしょうか。

そうね、そうかも。でも、ずいぶん首突っ込んでたようなトビン・ベルが、それに気づいてくれてなかったなんて、ちょっと寂しいっす。トビンって、ジョン的というか、頭いい人なんだろうなって思ってたから。

> 2の終わりで綺麗にゴードンで終わっていれば、SAWは伝説の映画になってましたよ。

そっかー。そーだよね。

> 次回作「杖つきゴードンの人間更正大作戦」(笑)

世直しゴードンの大冒険、楽しみっすー(笑)。

> こんな言うのも大好きで何年も期待をしてきたからなのです…

わかっています。愛ゆえです。痛いほどわかっていますよ。うんうん。さるおも、愛ゆえです。(泣き崩れながら)
Posted by さるお at 2010年11月02日 22:49
明らかになると期待していたことが
明らかにならなかった…
これ、ハリポタとちょっと似てますね(泣)

「とびだすソウ」が終わって、
さるおさんの次のイベントは
「とびだすはずだったのに、とびださなくなった最後のハリポタ 前編」ですよね?

私も、さるおさんの解説と翻訳でお勉強しましたので、楽しみに見にゆこうと思います。
ソウの討ち死に感は、ひとまず忘れまして。
Posted by お茶猿 at 2010年11月03日 13:32
お茶猿さん
ハリポタやSAWばかりではありません(泣)。
ばばーんっ!ついに謎が明らかになる!
と言われたら、明らかにならないのがもはや定説。さるお的に人生でいちばんショックだったのは『ツインピークス』なのですが。
涙出ますよね。

> 「とびだすソウ」

しかも、どーでもいい飛び出し感だったしな。

『とびだそうと思ったけどとびださなくなったラストハリポタ前編』楽しみっすねー。もうすぐだなぁ。
ドビーさんがアレしたら号泣する予定。

> ソウの討ち死に感

わはは!爆笑してしまいましたよ。腹いてぇ。
Posted by さるお at 2010年11月08日 19:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。