2011年01月14日

こっちの結果のほうが好き

さるおです。
わたくしは、この結果を支持したい。
International Federation of Football History & Statistics(国際サッカー歴史統計連盟)が発表した世界ベスト・プレーメーカーが、今年もまた(3年連続)チャビでございます、断トツで。
2位にイニ坊、3位にスナイデル、4位にレオ、という順位であってるぞ、という感じがします。フィールドプレイヤーでないと該当しないよね、というのはしかたないとして、とりあえず、続く順位も、そうだよねと思えるし。

ちなみに、IFFHSというのはいろんな統計を発表していて、月刊でクラブチームを選んでいるやつ(The World's Club Team of the Month)がけっこうおもしろくて好きっす。
2010年だと1月から順に、ローマ、リベルタ(パラグアイ)、バルサ、バイエルン、インテル、エメレク(エクアドル)、ローゼンボリ(ノルウェー)、ジリナ(スロバキア)、マドリ、マドリ、シャフタール(ウクライナ)、ポルト。
2009年だと、バルサ、パリ・サンジェルマン、マルセイユ、パルメイラス、インテルナシオナル、浦項スティーラース(韓国)、エストゥディアンテス、リヨン、セビージャとマドリ、シャフタール、チェルシー、バルサ。
2008年は、ローマ、バイエルン、リバープレート、バイエルン、リヨン、リバープレート、BATEボリソフ(ベラルーシ)、マルセイユ、マドリ、ユナイテッド、バルサ、ユナイテッド。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | FCバルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。