2005年02月05日

術後2ヶ月ヘンリク・ラーション 来期復帰が目標です

さるおです。
11月20日のR・マドリー戦で負傷したヘンリク、アメリカでひざの手術を受けて2カ月、今はバルセロナでチームのメディカルとリハビリ中。
ヘンリクは、彼のいないバルサを「うまくやってて誇りに思うよ。みんな高いレベルを維持してよくやってるね。バルサは調子よくないときでも勝つ方法を知ってるチーム。それは大事なことなんだ。」と褒めている。
ほんの数ヶ月しかバルサのためにプレーしていないのに、なぜ愛されるのか。
ヘンリクの答えは、「わかんないけど、一生懸命やって、最善をつくして、正直なプレーヤーだと思ってもらえたんじゃない?」とのこと。

"ラーションのような誰か" マクシ・ロペスについては、「アルゼンチンのフットボールってよく知らなくて、マクシのことも知らなかったけど、CAリバープレートにいたんなら、いいに決まってる。僕のが年上だし経験もあるけど、何もおしえることはないと思うよ。」
アルベルティーニについては、「彼はベテランで、試合中でも物事を冷静に落ちつかせることができるけど、同様に、若いプレーヤーは熱意でベテランを染めていくことができるんだ。それらが混ざり合うことはすごくいいことだね。僕は33歳だけど、ベテランじゃないよ。33ってただの数字さ。」

復帰は次のシーズンに照準をあてている。早く会いたいけど、まだ少し先だね。リハビリ、がんばってくれ。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | FCバルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。