2006年05月29日

さるおのハリポタ辞典[魔法生物] Fawkes, the Phoenix

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、Fawkes, the Phoenix(不死鳥フォークス)を紹介します。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

【紹介】
アルバス・ダンブルドアのペットのフェニックスです。雄です。

fawks.jpg

ヴォルディのペット"ナギニちゃん"の対極にいる存在です。

【名前の意味】
由来はガイ・フォークス(Guy Fawkes)ではないかと考えられています。
で、こりゃ誰かというと、1605年にイングランドで発覚した火薬陰謀事件の実行責任者として知られる人物。まずいな、あんまりステキな名前じゃないや(笑)。
当時イングランドでは、国王ジェームズ1世の国教会優遇政策で、カトリック教徒が弾圧を受けていた。で、ジェームズ1世を爆殺しちゃえという計画を実行してしまう、ま、犯人です(笑)。
彼の手法の爆殺にちなんで、11月5日はガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)、別名Fireworks Night/Bonfire Nightと称して花火を打ち上げたりなんかするわけです。
花火、ファイヤーワークス(Fireworks)か、これなら燃焼日に燃え上がる不死鳥フォークスっぽくてステキです。
そうそう、ガイ・フォークスさんは赤毛です。ますますステキです。
ついでに、ガイ・フォークスさんは映画『V FOR VENDETTA/Vフォー・ヴェンデッタ』のモデルですね。

【特徴】
赤ちゃんのときは鶏のヒナのようで、大人になると白鳥ぐらいの大きさになる、深紅と黄金の羽を持つ美しい鳥です。いかなる理由であっても死ぬときは(老衰だろうが殺されようが)自然発火のように自ら炎に包まれ、すぐに灰から赤ちゃんとして再生する。
不死っすよ、不死!
ちなみに草食です。
飼いならすのが難しく、"ペット"としてのフェニックスは激レア中の激レア。この子と飼い主(アルバス・ダンブルドア)だけの、特別な絆があるんだろうな。

【功績】
ハリポタシリーズで彼が持てる力を存分に発揮したのはやはり『CoS』です。バジリスクとの対決を余儀なくされて圧倒されっぱなしのハリーのもとに、歌いながら突然現れ、バジリスクの目をつついてから剣を届け、涙でハリーの命を救い、みんな連れて地上に戻る。大活躍っすね。
(『OotP』のネタばれ→)『OotP』でナギニちゃんにやっつけられてアーサー・ウィーズリー(Arthur Weasley)が瀕死の重傷を負った直後は、憎たらしいドロレス・アンブリッジ(Dolores Umbridge)の見張り役をたのまれたり、ハウスエルフ以外は瞬間移動(Apparation)ができないようになっているホグワーツ城内でダンブルドアの逃走経路を確保、そしてクライマックスの魔法省内大バトルではなんとヴォルディのAK丸飲みという荒技でダンブルドアを救っている!まさに大活躍っす。

【特殊技能】
重い荷を運び、鳴き声(歌)は人々を慰め、その涙には癒しの強い力がある。
突然消えて、意のままに突然現れる。

【過去】
フォークスの尾羽から、2本の杖が作られています。
邪悪を祓う聖なる木ヒイラギの杖と、ヒイラギとは対をなす死と再生の象徴にして毒を持つイチイの杖
なぜ、2本の杖が作られたのか?なぜその2本の杖は、一方は神聖であり、もう一方は邪悪なのか?このへんも深そうです。で、これもまた『ハリポタ7 大予想』へとつながっていくわけです。

【その他】
(『HBP』のネタばれ→)ダンブルドアの死後、フォークスは美しすぎる哀しみの歌を歌ったあと、ホグワーツを去ります。さて、どこに行ったのか?『HP7』では、最後にこんな大活躍をするかもしれません。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:16| Comment(7) | TrackBack(1) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
6巻の訳本読みました。
さるお先生に質問です!

「ペベレル家の紋章」
ヴォル父の指輪に刻まれているらしいですが、何ですか、そのペベレルというのは?

さらに、この指輪を破壊するにあたってはダンブルドアは大怪我をしている。ハリーにも、どうしてそんな怪我をしたのか、ついに教えませんでした。何故でしょう?
ハリーが他のホークラックス(笑わないでください、、訳本にはこう書いてあるんですっ)を破壊しなければならないなら、どんな危険があるか話すべきですよね、具体的に・・・

それと、ヘプジバ スミスの話によれば4人の賢者所縁のものには強力な魔力が込められているそうですが、ホークラックスを破壊するにはそういう魔力とも戦うことになるんでしょうか?それともハリーの見方になってくれるのでしょうか?

話は変わりますが、ヘレナ・ボナム=カーターって「眺めのいい部屋」に出てた人ですよね?ひえー,あのかわいらしかった女優さんが、ベラですかー。時の流れは速い。
Posted by ニンフ at 2006年05月30日 16:14
特殊技能で、重い荷物を運べるとありますが、だから、CoSではみんなをつれて帰る事が出来たんですねー。これで納得しました。
Posted by micchy at 2006年06月03日 18:27
ニンフさん

> ヴォル父の指輪に刻まれているらしいですが、何ですか、そのペベレルというのは?

ヴォルディのじーさんの指輪ですか?黒い石の入ったやつ。
それともヴォルディのとーちゃん(マグル)のがあるの?
ペベレル家の紋章・・・知らないです。なんだろう?どこにこのような情報が?

> ホークラックス(笑わないでください、、訳本にはこう書いてあるんですっ)

笑うどころか、さるおは原書しか持ってないので、発音のわからないのがたくさんあって困ってます。いろいろおしえてください。
Horcruxの発音はホークラックスが正しいのか。訳本がそうなってるなら今度さるおんとこもなおしとこう。他にもあるかな、そーゆーの。

> どんな危険があるか話すべきですよね、具体的に・・・

たしかにそうだよねー。
だけど、きっと避けようがないんだよね、賢いDDですら手が火傷みたいになったり毒飲んで苦しんだりしてるわけだから。あと4つも残ってるのに、ハリーひとりでだいじょうぶかなぁ。

> 4人の賢者所縁のものには強力な魔力が込められているそうですが、ホークラックスを破壊するにはそういう魔力とも戦うことになるんでしょうか?それともハリーの見方になってくれるのでしょうか?

この4人は悪者なわけじゃないから、強力な魔力とは言っても邪悪なものじゃないよね。ヴォルディがホークラックスを守るために仕掛けた罠は怖いから、もしヴォルディが4人が残した強力な魔力を利用してたりしたら、それとも戦わなきゃってことになっちゃう。でも、そもそも善なる魔力なら、ひょっとしてハリーをたすけるトリッキーな結果になるかもしれないね。

> ヘレナ・ボナム=カーターって「眺めのいい部屋」に出てた人ですよね?

そうでーす。かわいかった彼女が、おっかないベラでーす。時の流れだかなんだかわからんが、女優さんってすごいっす(怖)。
Posted by さるお at 2006年06月05日 07:18
すみません、間違えました。
ヴォル父ではなく、ヴォル祖父の指輪です!

「第10章、ゴーントの家」でヴォル祖父が指にはめた黒い石つきの醜悪な指輪をオグデンに見せて、
「・・・何世紀も俺の家族のものだった。(中略)石にペベレル家の・章が刻まれた、この指輪に!」
というシーンがあるんです。・・・なんかブラック家みたいな、由緒ある闇の家系かなんかか? などと想像してたのですが。
Posted by ニンフ at 2006年06月05日 08:17
Vフォー〜観ました。私的には1000円の日に観るには○でしたが1800円だと微妙な映画でした。ただキイワードのガイフォークスの話の方が面白いと思いました。ハリーと別ネタですいません。
Posted by bonejive at 2006年06月05日 09:54
bonejiveさん

> Vフォー〜観ました。

いいなぁ、さるおは観てません。けっこう社会派な感じがして気になってるのになぁ。

> キイワードのガイフォークスの話の方が面白いと思いました。

『Vフォー・ヴェンデッタ』の中に出てくるんですか?ガイ・フォークスのエピソードが。
1000円ちゅーのは微妙ですが、さるおも観たいぞ。
Posted by さるお at 2006年06月08日 12:58
ニンフさん

> 「第10章、ゴーントの家」でヴォル祖父が指にはめた黒い石つきの醜悪な指輪をオグデンに見せて、
「・・・何世紀も俺の家族のものだった。(中略)石にペベレル家の・章が刻まれた、この指輪に!」

あった!そーいえば、あった!
あまりにあっさり書かれていたのですっかり忘れてたよ(泣)。うわぁー、恥ずかしいね。いや、ほんと、まるで忘れてた。
これについては別途、記事に書きました。なんちゅーか、ありがとうです。
Posted by さるお at 2006年06月08日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18569331

この記事へのトラックバック

V フォーヴェンデッタ
Excerpt: 正直あまり期待していなかったけど見ても損しないかな〜という映画でした。 第3次世界大戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト“V”が国家に立ち向かう近未来スリラー。(Yahooムービーより転載) ..
Weblog: Favorites Lab.
Tracked: 2006-06-05 09:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。