2011年02月24日

あなたが好きだと言ったのに

さるおです。
てめこんにゃろー、ガナーズ。
わたくしは、あなたが好きだ。そう言ったのに。今は嫌い(笑)。そんな仕打ちするなら、あなたが憎い。

またまた、16歳のキラ星を持って行かれた。"またまた"だよな、セスクも、フラン・メリダも、あんたたちが連れ去った。今度はジョン・ミケル・トラル・ハーパーを、ロンドンに連れて行くのか。
あなたが好きなのに、なんでわたくしにそんなひどいことするの。ベンゲルこのやろー。
バルサは経済的に、イングランド勢には太刀打ちできない。だからって、だからってー。

ミケルのママさんはイングランドの方なのですね。そしてこの少年は英語ができる。うん、そうか、そうだったのか。バルサは夢への通り道だった。はじめから。そーだったのかもしれなくて、それならそれで、しかたない。
夢は自由に持っていいし、そこへ行くためにどこを通るのも自由。バルサも選手を"利用"するし、選手もバルサを利用していい。おまえのことは応援する。(おまえと同時にオファーをもらってガナーズを蹴った今15歳のセルジ・サンペルのことはもっと応援するけどな)
けど、とにかく、アーセナルのそのやり方は嫌いなのです。
ベンゲルよー、早く人質を解放してくれー。早くセスクを返してくれー。

アーセナルのフットボールが好きです。かっこいいから。
だけど、あんたらのそのやり方は嫌いなんだよ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FCバルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。