2011年03月29日

今回検出されたプルトニウムの濃度は、通常の環境でふわふわと空気中を漂っているどこにでもあるプルトニウムの濃度と同程度だから、まぁいいんじゃないか(by 世界最大の民間電力会社)

さるおです。
心配していた3号機のMOX燃料。やっぱりなぁ。
1週間前に採取した福島第1敷地内の土壌からプルトニウムが出ました。
238と239と240ですね。量は土壌1kg当たり、0.18〜0.54ベクレル。
東電の副社長曰く、「今回検出されたプルトニウムの濃度は通常の環境で見られる水準と同程度であり、人体に影響はない。大気中に存在するプルトニウムではなく、原子炉から放出されたものである可能性がある」。

ははーん、通常の環境で0.54ベクレルのプルトニウムが身の回りにあるのですね。プルトニウムはふわふわと空気中を漂っているどこにでもあるのもなのですか。それはよかった(汗)。ばかやろう。
プルトニウムがないとは言わない。この国は原爆落とされてるし、人類はこれまでさんざん核実験をやってきたわけだし。
とにかく、原子炉由来のものなわけです。プルトニウムの沸点はとても高い。約3228℃もあるんだからもちろん蒸発したわけではなくて、燃料棒の中身そのものが水と一緒に流れ出たわけでございます。話としては今さらですが。検出された濃度はともかく、気体になって飛んでいるヨウ素やセシウムとは違うだろ。
これも"通常"の範疇だという、その不真面目さが嫌なんだ。後のことは知らないけれど今すぐ病気にはならないから平気だという、ごまかし感が嫌なんだ。ついでに、すべて他人事だと思っている保安院の態度が嫌なんだ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 10:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 心ゆくまでさるお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193044844

この記事へのトラックバック

プルトニウム 福島
Excerpt: 今回検出されたプルトニウムの濃度は、通常の環境でふわふわ... の土壌からプルトニウムが出ました。 238と239と240ですね。量は土壌1kg当たり、0.18〜0.54ベクレル。 東電..
Weblog: ポップコーン好き
Tracked: 2011-03-31 00:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。