2005年02月20日

映画鑑賞感想文『アイ・アム・サム』

さるおです。
『I AM SAM/アイ・アム・サム』を観たよ。劇場で観た。
監督はジェシー・ネルソン(Jessie Nelson)。
出演はショーン・ペン(Sean Penn)、ダコタ・ファニング(Dakota Fanning)、ミシェル・ファイファー(Michelle Pfeiffer)。

7歳の知能しか持っていない父親サムと、ホームレスの女性が産んだサムの娘ルーシー・ダイヤモンド。施設に取り上げられてしまったルーシーを取り戻してまた一緒に暮らすため、親子が励まし合い慰め合いながら法廷で闘う。
裁判でうまく証言ができないサムの障害者の友人や、外出恐怖症を乗り越え証言台に立つアニー。社会的弱者と呼ばれる様々な人々を描いた映画。
この映画のダコちゃんがいちばん可愛いなぁ。
マドンナぶん殴り事件のイメージが拭いきれないショーンも、新境地を開拓した感じがしないでもない。

『KRAMER VS. KRAMER/クレイマー、クレイマー』や『RAIN MAN/レインマン』のように、アカデミー賞狙えるか!というクラスの作品ではないし、美しくまとめてしまった映画なのではっきり言ってリアリティはまったくない(笑)。
何も考えずに、泣きたい日に観れば気持ち良く泣けるな。なんつってもダコちゃんがかわいいから。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:08| Comment(15) | TrackBack(9) | 映画の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画、本当に泣けますよね、もう大泣きしました。
思い出しただけでもウルウルしちゃう。
関係ないけど今日、ダン・ブラウン(ダヴィンチコードの人)の「天使と悪魔」を読んで電車の中で一人で大泣き。ミステリーなのに泣ける!ナンデ?
Posted by gabriellle at 2005年02月22日 21:57
gabrielleさん
さらっと書いたわりに、じつはさるおも相当泣きました(笑)。んも〜、せつない!深いことは考えずに、泣くつもりで観るための映画ですね。
ダヴィンチ・コードすごい流行ってますね。おもしろそうで、本屋でいつも気になってますが、まだ未体験です。『天使と悪魔』同じ人の本なんですね。ミステリーで泣ける?どういうことでしょう!気になります。もう読破したんですか?
Posted by さるお at 2005年02月22日 23:37
はい、お陰様で本日読破しました。
個人的には「天使と悪魔」の方が面白かったです。
(みんながみんな泣けるかどうかはわかりません、周りの反応を聞いて居ないので)
しかしハードカバーの本は高いし邪魔だし持ち歩くのに不便だしデメリットしか目に付きません。
Posted by gabriellle at 2005年02月24日 00:37
gabrielleさん
『天使と悪魔』はペーパーバッグで出てないんですか?ダヴィンチコードの方もですけど、気になって我慢できなくなってきたので(笑)、まずはどっちか買ってみようか思うんですが、さるおもやっぱりハードカバーは苦手で・・・もうちょっと時間がたてば出るかな?軽くて小さいやつが。
Posted by さるお at 2005年02月24日 03:21
はじめまして。
TBありがとうございます。
ダコタ・ファニング、かわいいですよね!!
ホントかわいい!!
私はショーン・ペンも好きです。アカデミー賞嫌いでバックレ続けてたところとか(最終的にはバックレ切れなかったんですけどね)。
映画のシーンでは「クレイマー・クレイマー」のパロディ場面も好きです(笑)。
Posted by 雨宮 at 2005年04月22日 17:28
雨宮さん
うん!ダコちゃんはまじかわいい!
でもダコちゃんの最新作『ハイド・アンド・シーク』(ロバート・デ・ニーロと共演)の予告を観たら、顔の形も表情もずいぶんと大人びていてびっくらこけてしまった。いわゆる"美人"になるのかどうかもよくわからないし・・・
『アイ・アム・サム』は(リアリティには欠けるけど)いい作品でしたね。『クレイマー・クレイマー』のパロディシーン、さるおも好きです。
Posted by さるお at 2005年04月24日 19:24
TBありがとうございました♪

なんか過去記事を探り当ててTBしてもらうのって気持ちいいですね。
私はさるおさんのストーカーだから観る映画もかぶらせているんですよ〜。(笑)

この映画はショーン・ペンの演技力に感動しました。
知的障害者をあまり悲観的に見えないように、また嘘っぽくもないギリギリのラインで演技していて絶妙だなぁと思いました。

もちろんダコタちゃんは超カワイイ!!
この映画以降、本当にひっぱりダコ(シャレ?)で、稼ぐのはいいけどちゃんと立派な大人の女優になってくれよ〜と祈っております。
Posted by つっきー at 2005年05月28日 19:06
つっきーさん

> 私はさるおさんのストーカーだから観る映画もかぶらせているんですよ〜。(笑)

そういえば、『スチームボーイ』もかぶっているぞ。まだ感想文は書いてないんだけど。

この映画のショーンはまさに新境地を開拓したよね!素晴らしかったぞ。『ギルバート・グレイプ』のレオ様と雰囲気の近い、前向きで明るさと希望に満ちた役作りにすっごく共感できるのだ。
ひっぱりダコちゃん、まともなタコになれるかなぁ?あーちがう、タコじゃないぞ、なんだ、"オトナ"だ、まともなオトナになれるかな、だ。
Posted by さるお at 2005年05月29日 17:09
これはさるおさんが私のところにつけてくれたコメントへのお返事をコピペしたもので、同じ内容です。

>さるおさま
『スチームボーイ』もかぶっていましたか・・・。
どっちが正当なストーカーなのかだんだんわからなくなってきましたね。(笑)

ひっぱりダコちゃん、立派なタコになって海に還って欲しいものです。(ちがーう!)
ドリュー・バリモアやマコーレー・カルキンになってしまうか?
ジョディ・フォスターやナタリー・ポートマンのようになれるのか?
将来が楽しみですね。(まずは『宇宙戦争』から)

ショーンはマドンナと別れて正解でしたね。
マドンナってば、”サゲマン”なのでしょうか。
Posted by つっきー at 2005年06月01日 05:56
遅くなりましたが、TBありがとうございます!

「I am Sam」はストーリーのほかにも、
映像も音楽にとてもワクワクしちゃいました。
もちろんストーリーとして感動もしました。
ダコタ・ファニングちゃんの笑顔にメロメロ!

他の映画レヴューも拝見させていただきますね。
これからもよろしくお願いします!
Posted by sana at 2005年09月17日 21:59
つっきーさん

> ドリュー・バリモアやマコーレー・カルキンになってしまうか?
> ジョディ・フォスターやナタリー・ポートマンのようになれるのか?

わはは!これってすげーこわい(笑)。
ドリューは我が道行ってっし、マコーレーには復活の兆しがありますが(ほんとにあるんかい!)、どう思われますか?
(さるお、ダコちゃんのこと忘れてるし)

ジョディとダコちゃんはある意味似てるかも。ふたりともものすごい自意識もってそうで、それはそれでちょっとこわいなー(汗)。

> マドンナってば、”サゲマン”なのでしょうか。

なんとなく、なんとなーく、マドンナと結婚って、ろくなことにはならない気が・・・
Posted by さるお at 2005年09月21日 00:41
sanaさん

> 映像も音楽にとてもワクワクしちゃいました。

わかるー!ダコちゃんの役名が"ルーシー・ダイアモンド"なだけでもう、期待感が募りました(笑)。

最近のダコちゃんはなんだか大人びておそろしい(笑)けれど、かわいいよねー。
Posted by さるお at 2005年09月21日 00:45
マドンナはサゲマンですねぇ。
ショーンがマドンナと付き合ってる頃、まさかショーン・ペンがこんな良い俳優になるなんて思いませんでした。
夫の仕事に自分もしゃしゃり出るのが問題なのかもしれません。
「上海サプライズ」しかり、「スウェプト・アウェイ」しかり。
Posted by ふれん at 2007年08月21日 15:20
ふれんさん
マドンナ自身はなぜかいつでも絶好調なのがすごいっすね(笑)。ショーン・ペンはたしかに"マドンナ後"にいい俳優さんになったよなぁ。
Posted by さるお at 2007年08月22日 18:54
はじめまして、ホーギーと言います。
この映画は、愛することの素晴らしさと大切さをあらためて感じさせる感動の名作ですよね。
そして、知的障害のある父親という難しい役を完璧なまでに演じたショーン・ペンが素晴らしかったです。
オスカー主演男優賞にノミネートされるだけの演技だったと思います。
また、個人的にビートルズ&スターバックスのファンなので、そういう意味でも楽しめました。
ということで、これからもどうぞよろしくお願いします。それとTBもお願いします。
Posted by ホーギー at 2008年06月04日 21:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アイ・アム・サム
Excerpt: アイ・アム・サム 2001年 アメリカ 監督:ジェシー・ネルソン 脚本:ジェシー・ネルソン 音楽:ジョン・パウエル 出演:ショーン・ペン 、ミシェル・ファイファー 、ダコタ・ファニ..
Weblog: QMIC GARDEN
Tracked: 2005-03-15 01:00

アイ・アム・サム #275
Excerpt: 2001年 アメリカ 133分 7歳程度の能力しかないサムの子供が生まれた。母親は産んだ後逃げてしまうが、サムは一人でその女の子を育てる。二人は幸せに暮らしていたが、娘が7歳になるとき、つまり子ども..
Weblog: 映画のせかい
Tracked: 2005-04-04 19:16

アイ・アム・サム
Excerpt: 劇場でこの映画の予告編を観た時から、この映画は泣ける話なんだろうなぁと予想がつきました。 が、実際観てみたら、案外泣けなかったつっきーです。ダンナさまは横でぽろ
Weblog: つっきーの徒然草
Tracked: 2005-05-28 18:58

アイ・アム・サム (映画館/DVD)
Excerpt: 予告編だけを観て泣いたのは、今まで観てきた映画でこれが初めてだと思う。 とにかく、ダコタちゃんの愛らいさにやられた。当時はたしか5。6歳だったはず。小さいのにあんなにちゃんとした芝居が出来た子は今ま..
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2005-06-01 20:34

ミシェル・ウィー
Excerpt: ミシェル・ウィーの最新情報をチェック!ad4();         ...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-06-27 16:15

I am Sam/アイ・アム・サム
Excerpt: 『I am Sam/アイ・アム・サム』(「I am Sam」2001 米 133分) 監督:ジェシー・ネルソン 出演:ショーン・ペン、ミシェル・ファイファー、ダコタ・ファニング他 あぁ、..
Weblog: a + d = squeeze
Tracked: 2005-09-05 21:47

I am Sam アイ・アム・サム
Excerpt: I am Sam : アイ・アム・サム  映画『I am Sam アイ・アム・サム』を観た。内容は7歳の知能しかないドーソン(ショーン・ペン)には1人の娘がいて、母親は若いホームレスの女で、..
Weblog: 阿部健一郎BLOG
Tracked: 2005-09-14 15:31

Movie Review: 【I am Sam】
Excerpt: I am Sam : アイ・アム・サム 7歳程度の知能しか持ち得ないサムと娘のルーシーとの物語。 ショーン・ペンって今まで何とも思ったことがなかったんだけど、 この映画を観て、彼の演技の..
Weblog: My Favorites
Tracked: 2005-09-17 21:59

アイ・アム・サム
Excerpt: 【公   開】 2002年 【時   間】 133分 【製 作 国】 アメリカ 【監   督】 ジェシー・ネルソン 【出   演】 ショーン・...
Weblog: <映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅
Tracked: 2008-06-04 21:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。