2011年08月10日

すごい時代がきたもんだ

さるおです。
1977年、奥寺さんがドイツに渡った。その強さと速さにドイツ人が惚れ込んだ。最高峰のドイツリーグで通用した日本の左ウィング。それはちょっと、驚異的なことだった。
その10年後、カズさんがブラジルを渡り歩きはじめた時代だった。1994年にセリエA(ジェノア)に行った初めてのアジア人はカズさん。44歳、まだまだやる。かっこいい。
FIFA100選に入って、アジア年間最優秀選手賞は2回、ついにはイタリア政府からカヴァリエーレ(功労勲章)ももらってしまったヒデさん。ペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナとイタリア中を渡り歩きイングランドにも渡った。U-17W杯、U-20W杯、U-23五輪、コンフェデ杯、W杯、日本代表として5つの世界大会すべてでゴールネットを揺らした唯一のアジア人選手。
天才すんすけさんも、レッジーナ、セルティック、エスパニョールと、欧州を渡り歩いた。

そんな時代があった。などと感傷的なことは言いたくないし思ってないが、いやぁ、次の、すごい時代が来たもんですね。
日本人が、ビッグクラブではなくて"超ビッグクラブ"に在籍する時代が来てしまいました。
長友さんはインテル、宇佐美さんはバイエルン、そして宮市さんがアーセナル入り。
すごい。
この3つは完全に"超"の部類っす。

さらに、この3つの"超"をも越えてしまったのが、久保建英さんのバルサ入り。
んもう、どーなってしまうんだ。
川崎のU-10チームに所属する小学4年生(10歳)のFWの選手ですよ。将来はプロ契約まで行くかもしれない。
バルサって、13歳未満の選手だと、カタルーニャ出身じゃないと基本的には契約しないんすよね。ということは、久保選手については特例っす。
がんばれ小学4年生。
わたくしなんぞ、小学4年生のころに何をしていたかというと、日課のようにイモ欽トリオの『ハイスクールララバイ』を歌い、好きなアニメは『まいっちんぐマチコ先生』で、ことあるごとにサブマシンガンをぶっぱなすポーズで「カイ、カン」とか言いながら、『窓ぎわのトットちゃん』は飽きてしまって読めなかった、という、つまりそーゆーアレですよ、ね。
がんばれわたくし。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボールあれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/219518975

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。