2005年03月02日

映画鑑賞感想文『ビッグ・フィッシュ』

さるおです。
『BIG FISH/ビッグ・フィッシュ』を観たよ。

fish1.jpg

監督はティム・バートン(Tim Burton)。
出演はユアン・マクレガー(Ewan McGregor)、『MURDER ON THE ORIENT EXPRESS/オリエント急行殺人事件』『ERIN BROCKOVICH/エリン・ブロコビッチ』『OCEAN'S TWELVE/オーシャンズ12』のアルバート・フィニー(Albert Finney)、『ALMOST FAMOUS/あの頃ペニー・レインと』のビリー・クラダップ(Billy Crudup)、『THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE/郵便配達は二度ベルを鳴らす』『TOOTSIE/トッツィー』のジェシカ・ラング(Jessica Lange)、『FIGHT CLUB/ファイト・クラブ』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』のヘレナ・ボナム=カーター(Helena Bonham Carter)、『RESERVOIR DOGS/レザボア・ドッグス』『ARMAGEDDON/アルマゲドン』のスティーブ・ブシェーミ(Steve Buscemi)(大好きだ!)、俳優業だけでなくプロデューサーとしても監督としても活躍しているマルチな大御所ダニー・デビート(Danny DeVito)、これからが楽しみなアリソン・ローマン(Alison Lohman)、本当に巨人のマシュー・マッグローリー(Matthew McGrory)。

ティム・バートンといえば、『BEETLEJUICE/ビートルジュース』『ED WOOD/エド・ウッド』『THE NIGHTMARE BEFORE CHRISTMAS/ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『SLEEPY HOLLOW/スリーピーホロウ』『BATMAN/バットマン』(シリーズ)『EDWARD SCISSORHANDS/シザーハンズ』『MARS ATTACKS!/マーズ・アタック』『PLANET OF THE APES/猿の惑星』等々思いつくだけでも色々あるけれど、今のところこの作品がいちばん好きかなー。

自分の人生を人々に語り続けてきたエドワード・ブルーム。巨人や魔女やサーカスの人々との痛快な冒険が彼の人生なんである。そう、エドワードはホラ吹きだよな、そんな話は信じらんない。けど、みんながその物語に惹かれて幸せになって、そしてエドワードを愛するのだ。そして、最後についにわかるんだよね、そこにはひとつの嘘もないってことが。
息子に愛を伝えようとする父、父の愛を求める息子、変わらぬ愛を捧げる妻。ホームドラマの側面も、人というものに対する愛で満ちている。
エドワードはついに自分まで物語になってしまった。あんな死に方は現実にはできないけど映画だからいいのだよ、最高の死に方だよね。
血は親から子へと継承され、ウィルによって父の死は物語の一部となった。本当は父に憧れていたウィル、だいじょうぶ、今度はホラ吹きウィルがみんなから愛されるのだ。
人と、人のイマジネーションへの讃歌を、きらきらと謳歌している。
そこにあるのは、おとぎ話の姿をした、"事実"より奥深い"真実"なんであるね。

fish2.jpgfish3.jpgfish4.jpg

fish9.jpgfish8.jpg

fish5.jpgfish6.jpgfish7.jpg

小さな池の大きな魚になりたくない。
君が大きすぎるんじゃない、この街が小さすぎるんだ。

そうさ、広い世界に繰り出すぞ。気持ちが大きくなるなぁ。
温かく泣ける心地いいファンタジー。なんていい映画だ!

スティーブ・ブシェーミがくるくる回る。スティーブよ、なんだその楽しそうな顔は!さるおはキミが大好きだぞ。
笑える名場面。なんていい映画だ!

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 06:06| Comment(25) | TrackBack(28) | 映画の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
ティム・バートンいいですね。
ほんの少し苦味のある大人の童話のようなところが好きです。
これからもよろしくです。
Posted by uota at 2005年03月06日 06:33
バスタブでのラブシーンがよかったですね。
こんなふうに波瀾万丈の人生なら、送ってみたいものです。
Posted by kiku at 2005年03月06日 10:35
遅くなってしまいましたがトラックバックありがとうございました。
ビッグフィッシュは2回も見に行ってしまいました。
不思議な感覚に包まれるような映画が大好きです。

これからもよろしくお願いします
Posted by panaco at 2005年03月06日 14:05
初めまして♪TBありがとうございますm(__)m
最後の頃にはすごい泣いてしまいました(^^;
本当に心温まる映画ですよね〜♪
Posted by toda at 2005年03月07日 00:00
uotaさん
大人の童話、まさにそう!ビターなかくし味のきいたファンタジーで、人と人との関わりを見つめなおしていますよね。
これからもよろしくお願いします。
Posted by さるお at 2005年03月07日 07:37
kikuさん
バスタブのシーンはすごく静かで、心が暖まりましたね。愛情の深さが伝わってきました。名場面ですね。
Posted by さるお at 2005年03月07日 07:43
panacoさん
さるおも、なんだかんだで2、3回観ちゃいました。またいつか観ちゃうと思います。ファンタジーのリアルの境目が"無い"ところが素晴らしいですね。
Posted by さるお at 2005年03月07日 07:45
todaさん
暖かく泣ける映画ですよね。さらにティムらしい幻想的な冒険の世界でもあり、ティム好きにはたまらない作品ですね。
Posted by さるお at 2005年03月07日 07:48
初めまして、Do you know?のシゲです。
トラバありがとうございました。
この映画は心温まる良い映画ですよね。
あんな親父にいつかなりたいです(笑)
Posted by シゲ at 2005年03月14日 18:06
シゲさん
まさに憧れる父親像ですね。
「広い世界に繰り出せばそこには冒険と真実があるぞー!」と言われた気分です。心は温まり気分は爽快。いい映画ですよね。
Posted by さるお at 2005年03月17日 15:42
トラバありがとうございました♪
しかし、あのブログは放置中でして、
今まで気がつきませんでした。
ごめんなさい。
新しいブログのほうでトラバさせていただきました。
ビッグ・フィッシュ良い映画ですよね。
また観たくなりました。
Posted by akane at 2005年04月02日 00:38
トラバありがとうございます。思い出すだけでもじわ〜っと来てしまう映画ですよね。見た後に、自分の父親との関係はどうなんだろう??って考えさせられてしまいました。
Posted by (ゆ) at 2005年04月04日 11:34
(ゆ)さん
感動ですよね〜。
親子愛とか、夫婦愛とか、全部飛び越えて、人間愛ですよね。ファンタジーだけれど、現実もこうあらねばと思ってしまいます。
Posted by さるお at 2005年04月05日 15:04
お久しぶりです♪
トラバありがとうございました。
私もブシェミ好きです〜
画面にいるだけであまりのアヤシサに気になって気になって(笑)
Posted by yukizo at 2005年04月08日 02:59
yukizoさん
異様なオーラが光ってますね、ブシェーミは、ほんと名優にして怪優です。本人はまじめにやっているんでしょうが・・・あの満面の笑顔、たまりません。頭にこびりつきます。
決して"個性"を追及した役柄ではなかったはずの『アルマゲドン』のブシェーミですら、笑うとこ全然無いのにものすごい存在感でした(笑)
Posted by さるお at 2005年04月08日 03:29
さるおさん。再びこんばんは〜。
トラックバック、ありがとうございます。
あたしもスティーブ・ブシェミ好きです。。
サンドラ・ブロック主演の「28DAYS」の
ときの彼が好きでした。。
ってこの映画に関係ないですね。
この作品の不思議さと、親子の絆が。。
よかったです☆
Posted by ☆なな☆ at 2005年04月08日 05:19
☆なな☆さん
『28DAYS』さるお観てないんです。観たいな。さっそく借りてきて観ようかな。サンドラも『デンジャラス・ビューティ』で好きになったし。
ブシェーミいいよね!あんなに目と歯の強烈な役者さんだけど、ファンが多くて(多くはないか(笑)・・・)嬉しいです。なぜか漂う哀愁とインパクトのギャップをうまく使う人ですね。

ってさるおもこの映画から逸れてきました。
本当はどこまでも愛し合っている父と子、絆って素晴らしいです。
Posted by さるお at 2005年04月09日 02:25
どうも、おさるさん♪
いえ、さるおさん♪

え〜、こちらからもTBさせていただいたわけなんですが、同じくブシェミファンだという事で。
ブシェミはいいですよね。
俳優としてあの顔は絶対お得ですよね。
でも、時折かっこよくみえてしまう自分が怖いんですけど、いかがなものでしょう?
Posted by tabalog at 2005年04月11日 15:15
tabalogさん
ブシェミね、何をやるにせよ、ショウビズ界にいる以上、あの顔でまちがいなく得しているはずです。
俳優としてね、かっこいいと思います。単に見た目がどうかという意味ならば・・・冷静に評価できないほどにブシェミはブシェミだということで、お許しいただきたい(笑)!とにかく大好きです。
Posted by さるお at 2005年04月12日 06:38
つっきー、ブログお休み中でも映画はちゃんと観続けている。(汗)
『ビッグ・フィッシュ』もその1本でした。

ユアン目当てで観始めたのですが、コメントで話題になりまくりのスティーヴ・ブシェミには私もノック・アウトされてしまったよ〜。
あの独特の風貌、のんきな詩人だと思っていたら銀行強盗してるし、ウォール街で成功してしまっている!
なんておもしろいヤツなんだ!!(←この人のことですよね?)

これ以上の感想は自分のブログで書くべきかなぁ?
もう3回も観てしまった・・・。ティム・バートンのカルトクイズにも挑戦したし、映像特典も観尽くしました。
『チャーリーとチョコレート工場』の公開が楽しみっす!!!
Posted by つっきー at 2005年08月26日 00:54
つっきーさん
スティーヴ・ブシェミ、いいよね。この作品のスティーブは特にいい!
銀行強盗兼ウォール街で成功者なんだけど、いちばん強烈なのは踊ってるシーン(笑)。天真爛漫というにはあまりにキケンな怖いくらいの満面の笑みで、すごい回転。

> これ以上の感想は自分のブログで書くべきかなぁ?

記事を書いてくれたらそれは楽しみだ!
Posted by さるお at 2005年08月28日 09:59
これは、見ている間「終わるな、終わるな、終わるな」って久しぶりに思えた映画だったな〜〜。多分バートンの最高傑作(今の所の)と素直に思えましたですよ。うん。開かれているのに、自己の世界を確立しているのが素晴らしかった。
Posted by kazoo at 2005年09月12日 09:31
kazooさん

> 「終わるな、終わるな、終わるな」

???終わらないでほしいって意味かな?

さるおもね、バートンの最高傑作って思ってる!『チョコレート工場長のヒミツ』を観た後でも、やっぱりそう思うな。
Posted by さるお at 2005年09月16日 20:47
はじめまして。
だいぶ遅くなりましたが、TBありがとうございました!
「I Am Sam」の方もありがとうございます。

この映画、とても心に染みました。
劇場でも周りの人がすすりなくほどのラストシーン。
観終わった後、素直に「生きるって素敵」って思っていました(*^^)

こちらからもぜひTBさせていただきます。
これからもどうぞよろしくお願いします!
Posted by sana at 2005年09月17日 21:55
sanaさん

> 劇場でも周りの人がすすりなくほどのラストシーン。

そっかぁ、みんな泣いてたかぁ・・・。
いい映画だよね。あったかく、気持ち良く、明るい気持ちで泣けるよね。
さるお、すっごく大好きな作品です。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いしますだぞ。また遊びに来てね。さるおも遊びに行くぞー!
Posted by さるお at 2005年09月21日 00:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2213336

この記事へのトラックバック

「きみに読む物語」→「ビッグ・フィッシュ」映画数珠つなぎ
Excerpt: 「きみに読む物語」を観て、映画の余韻にひたりながら次に観る映画は何がいいかな?ただ一人の人を愛し抜く。言葉にするのは簡単だけど、本当に成し遂げる人は世の中にどれくらいいるのだろう。「きみに読む物語」で..
Weblog: 映画に恋してる
Tracked: 2005-03-03 13:28

『BIG FISH』
Excerpt: 幼い頃、 絵本を開くと、 そこには不思議なお話がたくさんありました。 【雲の上まで届く豆の木】や【お菓子で作られたお家】。 【額に1本の角と翼の生えた白い馬】や【コロボックルという小人達の住む村】..
Weblog: シーラカンスの憂鬱
Tracked: 2005-03-06 12:08

おすすめ映画5「ビッグ・フィッシュ」
Excerpt: ティム・バートン監督が贈る、親子の絆を描いた感動作。 ・DVD「ビッグ・フィシュ」
Weblog: おすすめ映画ダイジェスト
Tracked: 2005-03-06 12:21

DVD「ビッグ・フィッシュ」★★★★★
Excerpt: 劇場予告でポップコーンが空中に止まっているシーンを観て「ファンタジー過ぎて無理かも」と思った作品。ただ評判は良かったから気にはなっていて一週間レンタルだったから早速借りてみた。 久々に映画らしい映画..
Weblog: 卓之介の場合
Tracked: 2005-03-06 18:28

ビッグフィッシュでむせび泣き。
Excerpt: 作り話の肯定=映画文化へのオマージュ。
Weblog: thiswholeworld
Tracked: 2005-03-06 21:21

ビッグ・フィッシュ (劇場レビュー)
Excerpt: おとぎ話つうよりほら話?にうんざりしてる息子。けっこうな年齢までサンタクロースを信じるように父親のほら話を信じてたのねあの息子。「僕のお父さんってすごい」と尊敬してただけに 裏切られたような気持ち..
Weblog: シネマの缶詰
Tracked: 2005-03-06 21:46

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: 映画好きの友人が「すっごく良かった!たぶん今年のNo.1!」と言っていた「ビッグ
Weblog: ++poco a poco++
Tracked: 2005-03-06 22:00

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: タイトル: ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション 製作: リチャード・D.ザナック 監督: ティム・バートン 原作: ダニエル・ウォレス 脚色: ジョン・オーガスト 音..
Weblog: Eigablog
Tracked: 2005-03-06 23:58

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: ティム・バートン監督、ばんざぁーい(〃^∇^)o_彡☆ って、すごい心が温まって染み入る作品を見れて嬉しいです。 劇場公開に行きたくて行けなかった作品なので かなり期待してたのですが、裏切られる..
Weblog: むーびーだいやり〜
Tracked: 2005-03-07 19:53

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: BIG FISH(2003年アメリカ) 2004/11/10@早稲田松竹 □簡単適当なあらすじ□ エドワード(父親)は話が上手くて、なんでもかんでもファンタジックなおもしろい話に変えてしまう。..
Weblog: befounddead
Tracked: 2005-03-11 02:24

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: 監督:ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラングほか 今日紹介する作品は、独特の映像美を駆使して父と息子の心の交流を描いた映画「ビッ..
Weblog: Do you know?
Tracked: 2005-03-14 18:04

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: ☆LINK→" target="_blank">amazon. ☆LINK→オフィシャルサイト 今日は、超個人的 映画の感想ですー。 ちゃんとした評論は、..
Weblog: siesta*Diary
Tracked: 2005-04-02 00:36

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: ☆LINK→" target="_blank">amazon. ☆LINK→オフィシャルサイト 今日は、超個人的 映画の感想ですー。 ちゃんとした評論は、..
Weblog: siesta*Diary
Tracked: 2005-04-02 00:39

本当は好きだから・・・洋画「ビッグ・フィッシュ」
Excerpt: 近親憎悪という言葉があるけれど、そんなに強くはないにしても、 肉親同士で素直になれない、とか、 顔をあわせると喧嘩のようになってしまう、とか、 そういうことってよくあることだと思います。 あた..
Weblog: チャトレとクリエとイロイロと
Tracked: 2005-04-08 05:22

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: もうすぐ上映終了ということで、昨日慌てて見てきました。 ティム・バートン監督の最新作で、主演はユアン・マクレガーです。 ユアンのバタ臭い顔があまり好きではないのですが、この作品ではあのバタ臭さが効..
Weblog: taba-log
Tracked: 2005-04-11 15:10

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: BIG FISH見てきました。 すごく良かったです。 ティム・バートン監督作品ってシザーハンズくらいしか見たことなかったんだけど(シザーハンズ大好き) あんなに泣いた映画久々!っていうくらい泣い..
Weblog: Cerezo Weblog +α
Tracked: 2005-05-06 01:32

ビッグフィッシュ
Excerpt: 映画館で見てなくて、ずっと気になった映画。 監督はティムバートン、ユアンマクレ...
Weblog: Kutsulog_____
Tracked: 2005-07-08 00:01

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: 主演アルバート・フィニー、ユアン・マクレガー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング 監督ティム・バートン 脚本ジョン・オーガスト 製作2003年、アメリカ 父の冒険物語 折りにふれては実..
Weblog: a story
Tracked: 2005-08-24 03:34

Big Fish(感想文下手なので超長文・・・メソッ)
Excerpt: ★★★★☆ ティムバートン監督の2003年の作品です。 ジョニーデップの話題から、ティムバートンを思い出し、そうだ、このDVDが家にあったなーぁ。と、ずーっと放置していたのですが、この機会に観よう..
Weblog: マイファシナシオン2☆
Tracked: 2005-09-05 18:38

【映画】ビッグ・フィッシュ
Excerpt: としです。
Weblog: としの備忘録 ??最近物忘れが激しい
Tracked: 2005-09-08 17:38

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: 雨が凄い事になっているのね? 私の所は降らないもんだから、
Weblog: LIFE ‘O’ THE PARTY
Tracked: 2005-09-12 09:33

Movie Review: 【ビッグ・フィッシュ】
Excerpt: ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション ダイスキなユアン・マクレガー主演で、ティム・バートン監督の作品だったので、 上映されてすぐに劇場へ観にいってきました。 映画『シザーハ..
Weblog: My Favorites
Tracked: 2005-09-17 21:55

深夜の「ビッグフィッシュ」で眠れない
Excerpt:  深夜に一人で、DVD「ビッグフィッシュ」(2003)を観る。これほどズバリの悪夢、あるいはスリリングな夜はない。観始めた時は眠かった。さらに途中で睡眠薬3種5錠(右のプロフィール欄に書いてある)をの..
Weblog: 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記
Tracked: 2005-10-05 00:05

映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ
Excerpt: ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(67) ビッグ・フィッシュ ビッグ・フィッシュを観た。 今年の夏の拾いものは「チャーリーとチョコ..
Weblog: ヒューマン=ブラック・ボックス
Tracked: 2005-10-18 07:13

ビッグフィッシュ
Excerpt: ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションティム・バートン ユアン・マクレガー ヘレナ・ボナム・カーター おすすめ平均 幸せな最期、幸せな人生癒されるvvうたい文句の通り!!父の話は 幸せの時フィ..
Weblog: サブカルチャーがメインになる日
Tracked: 2005-10-19 19:23

ビッグフィッシュでむせび泣き。
Excerpt: 作り話の肯定=映画文化へのオマージュ。
Weblog: thiswholeworld
Tracked: 2005-11-01 01:40

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディション [DVD] 「ビッグ・フィッシュ - Big Fish -」 感想 父と息子の和解 子どものころ父親...
Weblog: むーびーふぁんたすてぃっく
Tracked: 2010-08-09 15:25

ビッグ・フィッシュ
Excerpt: 作品情報 タイトル:ビッグ・フィッシュ 制作:2003年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム=カータ..
Weblog: ★★むらの映画鑑賞メモ★★
Tracked: 2010-08-31 03:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。