2006年09月16日

さるおのハリポタ辞典[科目] Arithmancy

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、ホグワーツの科目を紹介します。
こちらのサイトを読んだらね、さるお興味津々!で、さるおなりに考えてみました。ネタばれエントリーではありませんが、ネタばれコメントは大歓迎なので、そっちは気をつけてね。
訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

Arithmancy

ホグワーツ魔法学校では3年生からの選択科目として登場します。
こりゃ何かというと、数値占いです。Numerology(数秘術)の元になったもので、古代ギリシャが発祥の地。その後、アラビア数字と当時知られていた7つの惑星とを結びつけ、アラビア地方で発展したもののようです。
"占い"なんていうとね、さるおも苦手だし、ハーなんかもう大嫌いに違いないぞと思いきや、なんとハーが大好きな科目です。
同じ"占い"なのに、ハーはDivinationは大嫌い。嫌いを通り越し、ドロップアウトしちゃった。
どうしてArithmancyの方は好きなのかというと、未来を予測する方法論が厳格で、数値に基づいていて、"学術的・科学的だ"と思えるからです。
アカデミックなハーにはね、無意味としか思えないんだわ、"心の目で見る"なんてばかばかしく曖昧で感覚的なことが(笑)。

この学科では、Divinationとは違った方法で、未来を予測します。
それによって、"ある行動をいつ行えば効果的か"という大事なことがわかるわけで、古代ギリシャだとこれを"戦争"に使うわけですね。ハーがおもしろがるほどアカデミックな科目なら、挑戦してみよう。Arithmancyは複雑で、いきなり"ある行動をいつ行えば効果的か"という応用編は無理なので、ここでは基礎を勉強します。

Arithmancyの基本は、目的とするある人物に関する情報(人物像)を知ることです。つまり、あの人どんな人だろう?と思ったらArithmancyを使うとどんな人だかわかっちゃう。
使うのはその人の名前です。で、"数値占い"ですから、下のチャートを使って名前を数に置き換える作業をします。下のチャートはもちろん今の英語のアルファベット用になおしたやつです。

Arithmancy.jpg

スネイプ先生を占ってみます。
SEVERUS SNAPE、置き換えると、1545931 15175。

次にこれを全部足します。1+5+4+5+9+3+1+1+5+1+7+5 = 47
次は10の位と1の位の数を足す。4+7= 11
もう1度10の位と1の位の数を足す。1+1 = 2
つまり、1ケタになるまでやるわけね。
ここで出てくる数字がその人の総合的な個性タイプ(Character Number)です。

今度は、SEVERUS SNAPE(1545931 15175)の母音だけを拾って同じことをしてみます。
EEU AE(553 15)だけだから、5+5+3+1+5 = 19で、1+9 = 10、1+0 = 1
これは隠された願望や恐怖を表す心のタイプ(Heart Number)です。

最後は、SEVERUS SNAPE(1545931 15175)の子音だけ。またまた同じ計算です。
SVRS SNP(1491 157)だから、1+4+9+1+1+5+7 = 28で、2+8 = 10、1+0 = 1
これは表向きの人物像を表す社会性のタイプ(Social Number)です。

さて、3つの数が出てきました。スネイプさんの個性は2、心は1、社会性も1です。
これらの数値が表す特性は以下のとおり。
この性質が、総合的な個性、心、外面にそれぞれ対応するわけです。

1:独立している、孤独な数。目標を定めると集中して、判断力、決定力に富んでいる。目標に向かうがんばり屋さんで、人々の中ではリーダーであり、発明者、指導者。ときに自己中心的で強引なので、周囲にはついていけない人もいます。自立的な孤高の人。

2:相互作用、協力関係、バランスを表す数です。平和・調和の心とともに、忠誠心や公正さも持ち合わせています。ところが同時に、相反するような闘争心も持っている。この2面性そのものが、"2"という数字の象徴するものです。つまり、昼と夜、善と悪が共存している。ときによそよそしく、ときに意味あり気。想像的で、創造的で、ちょっと自意識過剰。

3:三位一体。過去・現在・未来、または心・体・精神・・・えーっと、にっぽんでは心・技・体(笑)。つまり完全性を象徴するのが3という数です。才能、芸術性、ユーモアに優れていて、活動的。幸運で、楽天的で、何でもうまくいくように見えますが、気が散りやすくて怒りっぽくて浅薄な面もある。

4:安定・信頼・堅実さの数字。まじめで、人が嫌がる仕事でも率先して楽しみながら行います。飛躍した発想より論理性を重んじる。組織を構成するのが上手で、物事は必ず達成する意志の強さもあります。注意深いので予測される事態にはいち早く気づきます。怒ると激高し、疑い深くなる。いざケンカとなると烈火のごとしですね。

5:不均衡を象徴する数字。影響されやすく、不確実で不安定。気が多いくせにどれも達成できません。大胆さに富んでいて、エネルギッシュ、危険を冒してもかまわないと思っています。1個所に長く滞在するよりも、自由気ままに流れて行き、出会いを楽しみたいんですね。うぬぼれ屋さんで無責任、短気でせっかちなのが欠点。

6:調和、友情、家族を表す数。愛情深く、信頼できて、忠誠を守ります。教育と芸術に秀でていますが、ビジネスは不得意。ゴシップ好きでひとりよがりな面がある。

7:理解に長けた数で、知覚に優れ、探求心が旺盛。高いハードルへの挑戦を楽しめる明るくまじめなタイプ。神秘的なものに関心があります。独創性・想像力は、お金や富より大事だと知っている。たまに悲観的な、皮肉屋になって、不安定になります。

8:最も予測できない数"8"。ビジネスにおいて大成功する可能性を持った、政治色の強いタイプで、実用性重視、野心満々。嫉妬深く、貪欲で、横暴で、常に権力に飢えている。可能性が大きく開けていて、成功するなら頂点へ、失敗するならどん底に一気に転落、ふたつにひとつの人生です。

9:三位一体(完全性)×3、最も完成された数。真の豊かさと達成の象徴。教師、科学者、あるいは人道主義に捧げる人生を選びます。断固とした信念を持ち、疲れを知らず、他者を導く。ただし思い通りにならないと横柄になる、うぬぼれの強さも持っている。


なるほどー。スネイプさんは心も社会性も孤独な発明者で、忠誠心と闘争心という二面性を持つ善と悪が共存したキャラクター。
当たってっぞ!
こりゃハーが夢中になるのも無理はない。

他にもやってみましょう。
勇気と大胆さを持つはずのGodric Gryffindor、置き換えると、764993 7976695469。
これを全部足すんですね。7+6+4+9+9+3+7+9+7+6+6+9+5+4+6+9 = 106
で、100の位と10の位と1の位の数を足す。1+0+6= 7
もう1ケタになったのでここまでですね。グリフィンドールの個性は7です。
母音だけ集めると、oi ioだから、6+9+9+6 = 30、3+0 = 3
子音だけだと、Gdrc Gryffndrで、7+4+9+3+7+9+7+6+6+5+4+9 = 76、7+6 = 13、1+3 = 4

ということは、グリフィンドールは、個性:7、心:3、社会性:4
同じようにやってみるとスリザリンは、個性:1、心:8、社会性:2

みなさんもいろいろ計算してみてください。
こちらのサイトの記事中の1つ目のリンク(青い文字列)をクリックすると自動で計算できて便利だよ。

総合的なキャラクターについて考えると"James Potter"と"Sirius Black"が親友なのは納得だし、"Rubeus Hagrid"と"Olympe Maxime"が仲良くなったのもわかる(っちゅーか、この4人似てるなぁ)。双子の"Padma Patil"と"Parvati Patil"がなぜ違う寮に入ったのかも説明がつきますね。

肝心のハーについては、"Hermione Jane Granger"ではなく"Hermione Granger"が当たっているようなので、ミドルネームは使わないのが基本なのかな。
ハリーも"Harry James Potter"より"Harry Potter"が当たってる感じです。なんだかやたらとハリーの血(親)はダークな感じなんですが(汗)・・・。
ロンは"Ron Weasley"って略すといまいち当たってないので、短縮形は使わないほうがいいってことかな。

もちろんヴォルディは強烈っす。彼は名前がいろいろあるので(Tom Marvolo Riddle/Tom Riddle/Thomas Marvolo Riddle/Lord Voldemort/Voldemort)おもしろいんですが、調子に乗って"You-Know-Who"や"He-Who-Must-Not-Be-Named"も計算したYO!"Voldemort"は特にすごかった!"You-Know-Who"もええですねー。ただし、"U-No-Poo"で一気に可愛らしさ炸裂(爆)!
ついでに、人名ではないですが"Horcrux"ってかなーり怖いです(爆)。もうひとつついでですが"Department of Mysteries"もすごいです。

ちなみに"Saruo"は2、1、1。ぐわぁー、スネイプさんとおんなじ。そ、そういえば、さるおって昔どっかのサイトで組み分けやったらスリザリン入ったし。
ついでにさるおの本名だと1、9、1。"Ronald Weasley"と一緒です。こちらはずいぶんロイヤルな感じ。

最後に、すごいことを書いてしまいます。
"Albus Percival Wulfic Brian Dumbledore"と"Tom Marvolo Riddle"もすごいけど、もっとすごいこと。
さるおが"さるおのハリポタ辞典[魔法界の物いろいろ]賢者の石"に書いたことを裏付ける、衝撃の事実です。
Godric Gryffindor
Helga Hufflepuff
Rowena Ravenclaw
Salazar Slytherin
この4人の偉大な魔法使いの名前、全部を使って計算してください。ファースト・ネームとファミリーネーム両方を使うと8、2、6。ファミリーネームだけを使っても8、2、6。
そしてファーストネームだけを使うと驚異的な結果になります!
ほらね、生まれとか血筋(ファミリーネーム)とか、そーゆーことじゃないんです。人の価値って、もっともっとその人(ファミリーではなくて個人、つまりこの場合はファーストネーム)に基づいているんです。校長が言ったとおりだ。ハグリッドが言ったとおりだ。And we must unite inside her Or we'll crumble from within ソーティングハットが歌ったとおりなんだ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 14:05| Comment(16) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
数秘術の本、実は持ってるんだけどね、ひじょーに難しいものです。
どんなもんなのかと興味本位で買ってみたんだけど、結構分厚い本格的なやつなので、高度な計算とかもあったりして、わたしには何がなんやらわかりませーん。
でも、数秘術は占いとしてのレベルがかなり高いような気がするから、ハーマイオニーの言う理屈はわかる気がする。ハーは賢いから、高度な理屈もわかるんでしょうねー。
そんで、えーっと、わたしは、micchyだと、7,9,7であり、本名だと、3,9,3でしたね。
心の数はどっちも9なんだよね。なんかどちらも当たってる。
特に、micchyの場合、神秘的な事に興味があるのが(笑)。
さるおさんも本名での心の数が9じゃないですかぁー!一緒だね (←ひとりで喜んでいる)
それにしても、ハリポタの登場人物たちの性格と一致しているということに、ビックリなんですけど。やっぱり、実際に魔法界があって実在してんじゃないの?とますます思ってしまいます。カバラまで組み込まれていると言うこと自体、単なる物語ではないと思えてきてしょーがないです。ここまで計算して名前をお付けになられたのかなぁ?すごく不思議です。
スネイプ先生とさるおさんが一緒であり、スリザリン生であるということもピタリ一致してて、なんか面白いな。スネイプ先生がヒジョーに好きなのもそうゆうのが理由なのでは?本名ではロンと同じなんですね。しかし両方ハリポタ人物と一致するのはいいねー。
それよりも極めつけは、最後の衝撃の事実ですよ!ほんと、鳥肌立ちました。
これは人間業じゃないねーやっぱり。
ところで名前ってさ、偶然じゃないらしいね。親がつけたようでも、生まれる前から自分がつけてきたらしいですよ。数秘術もだけど、名前には多重に意味がある気がしますね。
音で読んでみたりよく見ると面白いです。
カバラでこれとは違う計算の仕方だと思うんだけど、ヒトラーや、カエサルが666の数字を持っているらしいです。でも666って悪魔の数字っていいがちですけど、ミロク菩薩でもあるわけで、本当の悪魔の数字は、なんと616なんだそうですよ。間違って伝わってたとか何とか、でもほんとかなぁ?
Posted by micchy at 2006年09月16日 19:28
私は、ばん太で2.2.9、本名は7.9.7、本名のファーストネームだけだと3.4.8です。
8があると怖いですねー。自分のこととは思えん
さるおさんのファーストネームは何になりますか?
Posted by ばん太 at 2006年09月16日 20:18
 ハーちゃんも、さるおさんも凄いです・・・
 
 私は説明を受けても、根気も理解力も無くて悲しいです・・・

 
Posted by shinobu at 2006年09月16日 22:26
ファーストネームの件もすごいけど・・・。

個人的には、旧姓と今の性での違い!
旧姓の頃、血気盛んな頃(遠い目)、あー今の夫と結婚してよかった〜、と胸をなでおろしましたわ。
旧姓だと、514、あー、そのまんまだわぁ。
今だと、761。
これも微妙だけど、結婚して、子供産んでしばらくしてバリバリやってた仕事できなくなっちゃいましたからね。
社会性1、てことは本質は変わらないってこと?

でもこれ見つけて、計算かけて、それぞれ検証するさるおさん・・・。
いつ仕事してるんですか?
Posted by のんのん at 2006年09月17日 09:18
micchyさん

> micchyだと、7,9,7であり、本名だと、3,9,3でしたね。
> 心の数はどっちも9なんだよね。なんかどちらも当たってる。

心が9で、しかもそれが当たってるなんてすごすぎ(笑)。豊かで、信念があって、他者を導くほどに完成された心なんですね。すごすぎ。

> 極めつけは、最後の衝撃の事実ですよ!

これはけっこうすごいよね!さるおもびっくりです。

> ヒトラーや、カエサルが666の数字を持っているらしいです。

カエサルって言うとたいていシーザーを指すような気がしますが、これは皇帝ネロのことでしょ?
で、666は"人間をさすもの"じゃないんですか?よく知らないけど。
616はカリグラのことだってどっかの教授が言ったんだっけねぇ。
Posted by さるお at 2006年09月17日 22:46

私もやってみました!
でも、ちょっと怖い! だって、ハリーロナルドハーマイオニでやったら568、
えーっ!
これにドラコを加えたら146。
助けてドラコ!!!
Posted by ニンフ at 2006年09月17日 23:32
>豊かで、信念があって、他者を導くほどに完成された心なんですね。すごすぎ。

ちがーう!(笑)。そんなわけないじゃん。ここは全然当たってないよ。ただ、目指して行きたいとは思いますが。少々言葉足らずでしたね(汗)。
↓私が言ってるのはここです、マイナス面ですってば。

″ただし思い通りにならないと横柄になる、うぬぼれの強さも持っている。″

ここ見て、ああ、これそうだなーって強く思ったので、つい、当たってるって書いちゃったのよ。普段の私見てればおわかりになることと思うけどなぁ。でも説明不足だったね。誤解しんといてね。そうじゃないと、恥ずかしくて表歩けない、いや、さるおさんのところにもう遊びに来れないじゃんかー(泣)。

>カエサルって言うとたいていシーザーを指すような気がしますが、これは皇帝ネロのことでしょ?

たぶん、そうじゃないかと。

>666は"人間をさすもの"じゃないんですか?

あっ、そうなんですか。なるほど。
Posted by micchy at 2006年09月17日 23:49
ばん太さん
さるおの本名のファーストネームだけだと、292です。ばん太さんの229とも、797とも似てるけど、797がすごいな。8ほどじゃないけど、2もちょっとキケンな香りがします(泣)。
8はほんとに怖いっすね。ヴォルディはただモノじゃねーずら。
4賢者のファーストネームみたいに、現存の4人でものすごい結果になる組み合わせはないかなぁ?そーすれば『HP7』予想が大当たりになりそうなのに。
Posted by さるお at 2006年09月18日 00:10
shinobuさん
ハーはたしかにすごいっす。彼女には負けるので、さるおたちは、リンク先の自動計算のやつ使うとあっと言う間だよー。
Posted by さるお at 2006年09月18日 00:12
のんのんさん

> 旧姓と今の性での違い!

ハリポタ登場人物でもここは迷いました。独身時代と結婚後でいろいろ変わってもあたりまえなんだけど、本質はやっぱ旧姓でみるのが妥当なのかな。

のんのんさんは旧姓の514が当たってるんだね?
さるおの191なんてもう立派すぎて、ぜんぜん当たってませんね(涙)。
Posted by さるお at 2006年09月18日 00:18
ニンフさん
ドラコ、ハー、ロン、ジニーでやるとたすかりそうだYO!

> 助けてドラコ!!!

ここは変わりませんね(笑)。
Posted by さるお at 2006年09月18日 00:20
micchyさん
そんな本気にしないでー(笑)。
さるおの211が可笑しくて、比較してしまいました。さるおも本名のほうはちょっとマシでよかったよぅ(ほんと、似てるね)。
Posted by さるお at 2006年09月18日 00:24
おはようございます。休み明けの頭を目覚めさせるのに時間がかかりました(泣)

結婚した今が981、旧姓が945、ファーストネームだけが116という結果でした。結婚しても個性は変わらず、自営業者の妻となって心にビジネスの野望が芽生え(笑)社会性が会社の「おかみさん」状態になったというようです。自分的にはファーストネームの数字がいいかなぁ、自分の中の8を認めたくないので(笑)
娘が911なので同じところに同じ数字があると合うみたいな感じなのでしょうか?だんなとはどこをとってもかみ合わない感じ(笑)彼はもう888みたいな人物なのですがフルネームだと734というなんだかいい人の数字になりびっくり。そんなはずはないと思いファーストネームではじきだすと559、本性見たりなのです。外面は仕事の鬼と化していて社長として頑張ってますが、プライベートでは・・・。私は家でも会社でもルシウス家にいた時のドビーやワームテール状態なので(大泣)こっちが間違いなく当たっていると思います。
小学校のときに似たような遊びがあって、同じ数字があると両思い(笑)みたいな占いでした。たぶんローマ字を習ってアルファベットに名前を置き換えられたから流行っていた気がします。

とっても楽しかったです。いいかげん仕事に戻りまーす。
Posted by みかりん at 2006年09月19日 11:17
みかりんさん

> 心にビジネスの野望が芽生え(笑)

結婚してパワーハングリーになっちゃったんですね。スリザリンへようこそ。おめでとうございます(笑)。

娘さんとは似てるんだね。これは当たってそうじゃない?母娘ってほら、友達みたいになれるし。

自分の中の8はなにがなんでもを認めたくないですが、一か八かの人生も楽しいかもしれません(涙)。
ヴォルディの生まれ変わりのようなご主人によろしくお伝えください(笑)。「ファーストネームで本性見たり。私はドビーです」と、褒めてあげてくださいね(号泣)。

> 小学校のときに似たような遊びがあって、

ふうん。さるおは覚えてないなぁ。似てそうだね。
Posted by さるお at 2006年09月21日 11:13
「ジェームスポッター」も驚きましたが、「ジェームスシリウス」が!!
げげっ、「ホークラックス」とおなじなんですよおおっ!!!こっこわいっ!!!

なんて遊んでてふと思ったんですが、ジェームズのお母様はブラック家の出身ですよね。
って事はたぶん黒髪かブロンド?
もし黒髪だったら、お父上のチャールズさん(でしたっけ?)が赤毛の方なのかなあ、と。
ポッター家の伝統として、もし自分が赤毛じゃない場合は赤毛の人と恋に落ちる魔法がかけられている、とか・・・。
ちょっと妄想しちゃいました。
Posted by ニンフ at 2006年09月22日 11:35
ニンフさん
"ジェームスシリウス"、まさかの898、出たぁーっ!
こ、こわい。すっかり悪い顔になってスネイプいじめに明け暮れてる姿が瞼に浮かびます(泣)。ハートは(根は)いいのに、社会性は8、なんだかんだで8の個性。当たってるぅ〜!すごい発見っすね!

> ジェームズのお母様はブラック家の出身ですよね。

ドレア・ブラックさんかな?黒髪かもしんないね。
この人、シリウスから遡ると2代前です。で、ブラック家の家系図を見ると息子がひとり、ただしこれがジェームズだとは書いてない。だけど、ドレアは1920年生まれなので1958年にジェームズを産んでる可能性はあるし、"ジェームズの両親は高齢だった"っていうのを考えると、ドレアがジェームズのままさんで合ってますよね。

黒髪と赤毛がカップルになる。もうそう決められているなら、チャールズさん(って読むのかな?)は赤毛ってことになり、こりゃ妄想がひろがるNE!おもしろそうっす。
Posted by さるお at 2006年09月26日 01:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。