2011年12月10日

月食なう

さるおです。
頭のほぼ真上で今、赤くて小さな地球の衛星が欠けています。南を向いて月を見上げると、月は左上から欠けていて、下には青いシリウスが、右には木星がド派手に輝いています。月とシリウスの間には、オリオン座の星々がこれまたド派手。うーん、オリオン座ってほんとに賑やかだよね。オリオンの右肩の月に近いアルデバランも赤さは派手。ベテルギウスはアルデバランより強烈に赤いなぁ。昴は6つ、数えられるか。北の空は街灯が邪魔だなー。カシオペアは見えているけれど、北極星は見えない。とにかく月周辺がものすごい賑やかっす。カペラも、カストルやポルックスもすぐわかる。アルヘナも見える。
今夜は星向きっすね。月食日和。
宇宙に思いを馳せよう。
宇宙に。
宇宙にな。

モウの野郎が、イグアインだのベンゼマだの言っても、それはほんとか嘘かわからないし、考えてもしかたないよなぁ。もちろん、左右ウィングはモウのお気に入りがいるので、話題として、その前に誰を置くかということになるんだけれども。ま、同時起用はしない気がする。さるおとしてはイグアインの方が嫌だなー。つまり4-4-2よりは、トップ下にエジルだろ。

バルサはどうするか。
3バックの場合、マドリの1トップにつくのは、中盤の底の1枚。もし突破されれば3バックの真ん中が次の対応をすることになって中央が薄くなるので、3バックの左右どちらかが中央に絞る。ここでサイドに展開されるのが嫌っすよね。マドリの1トップがCR7に展開したとすると、バルサとしてはDFがいなくなってるわけだから、えーっと、CR7を追いかけるのは三十路の小男チャビでしょうか(泣)。んなもん、ぶっちぎられちまう。うちはボランチは2枚いないので、やっぱ3バックはリスクが高い気がする。
さらに、ペップの3-4-3は中盤制圧が最大の目的だと思うので、けっきょく純粋なFWって、1枚なんだよね。これをビジャがやるか、ペドロか、サンチェスか。
うーん、だったら4バックか。4バックだな。4バックだろ。
サンチェスも使いたいし、セスクも使いたい。
先制点をとらないと。後から17節のようにだにべすを上げるのはべつにいいけど。
さて、どうやってあいつらに勝つ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。