2012年03月23日

紳士のクラブの醜態

さるおです。
わたくしにはわからない。国内リーグはぶっちぎりの単独首位で、CLを生き残っているチームが、なんでゴキゲン斜めなの(笑)。

マドリが2試合続けて引き分けてくれて、もちろんわたくしは嬉しいっす。バルセロニスタっすから。勝手にもっとずっこけろ、と正直思う。
しかしまぁ、黄 vs. 白のゲームは終盤になるにつれ、派手でしたな(笑)。今季4度目の退場はモウたんの助手ルイ・ファリア、退場数通算11でマドリの記録を更新し続ける男セルヒオ・ラモスもお帰りになり、モウたん自身も得意の退場、そして、ほんとは普通の"よい青年"なのにマドリに毒されて少し気が荒くなっているんだろうかわいそうにという感じのエジルまでもお帰りになりました。CR7もモウたんも審判に暴言を吐きまくり、さらに、荒れたシーンで活躍しないほうがオカシイあの暴力男のペペさんも試合後の通路で主審のロメロに、曰く、泥棒野郎!最後はみなさんで通路を歩きながらTV局のマイクに拾われるほどに「盗まれた、盗まれた、きーっ!」という大合唱。
委員会さん、出番ですよ。ペペの暴言も今回は報告されているらしいし、審判への侮辱や攻撃は2〜4試合の出場停止でしたよねぇ。

こんなにもみっともないチームというのは見たことがない。リーガを獲ろうがCLを獲ろうが、わたくしだったら、すげー恥ずかしーのです。あの年って暴力ふるいまくって汚い暴言吐きまくったんだよねー、と言われるだろうし、自分も気付いてるし。後味悪いったらない。
たとえば、ペペ。3年前、倒れたカスケロ(いつもマドリに良くしてくれる(笑)ヘタフェさんなのに)に蹴りを見舞ったペペ。わたくしはあの子を観ていると、抑制の効かない子、躾けられていない子、そう思う。悪い子だとかじゃなくて、トレーニングされてないんだろうと。だから、トップアスリートで食ってるんだから、誰かちゃんと躾けてやらないとかわいそうなことになるぞ、と思うわけですよ。そして今季、座り込むレオの左手をわざわざ踏みつけ、誠意もクソもない謝罪ビデオを撮ったりして、一切お咎めなし。
誇り高きマドリが、紳士のクラブが、そんなんでいいのか。
モウたんの戦術家としての能力を疑うわけじゃない。誰がどこから見たって、あの人は最強。けれど、倫理的に、マドリは終わった。地に墮ちた。
ペペみたい子の前で「バルセロナと全面戦争だ!」なんて言うなよ。そしてペペとは真逆のカシージャスの前でも、そんなこと、言うな。ライバルチームの第2監督に目つぶしなんて、おまえみたいなヤツは初めて見たよ、モウリーニョ。誇り高い紳士のクラブは、おまえには無理だ。
それでもおまえらがコパから去ることになった日、バルサ相手におまえらがモウリーニョ以降初めてちゃんと真っ向勝負を挑んだあの試合で、マドリもやっとまともになろうとしているのね、と思ったのに、今度はエル・マドリガルで大暴れ。ビジャレアルにもずいぶん厳しいジャッジはあったし、マドリだってアルベロアがぐいぐいシャツ引っぱってニウマールを倒しても見逃してもらって、ちゃんと得しただろうに。
おまえら、ほんとに弱いな。プレッシャーに耐えることがまるでできない。
おまえら、ほんとにつまんねーな。

CR7はリーグ史上最速で通算100ゴール。92試合で100ゴール。
もったいねぇ。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガ・エスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。