2006年11月06日

さるおのハリポタ辞典[人物] レムス・ルーピン

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、登場人物を紹介します。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

【人物紹介】
狼人間(Werewolf)リーマス・ルーピン(Remus John Lupin)、そのせいですっかり"友達ができないコンプレックス"に悩まされていたけれど、ホグワーツ時代にシリウス・ブラック(Sirius Black)、ジェイムズ・ポッター(James Potter)、ピーター・ペティグリュー(Peter Pettigrew)と大親友になります。魔法に長けた優等生にして3人の親友たちとは切っても切れないイタズラ仲間。
『PoA』ではホグワーツでDADAの教鞭をとり、その後も不死鳥の騎士団(Order of the Phoenix)のメンバーの一員として危険な任務を遂行しながらハリーを守ってくれています。
危険視されているために卒業後も就職難で困り続けているけれど、幸薄い人生と戦いながら、もっと大事な正義や忠誠や勇気というものを体現していますねー。

【名前の意味】
レムス(Remus)は、オオカミの乳を飲み雌オオカミに育てられたという、ローマ建国神話に登場する伝説の双子のローマ建設者Romulus and Remus(ロムルスとレムス)からとった名前ですね。
ミドルネームのJohnはもちろん"God is gracious"で、ラストネームのルーピン(Lupin)は英語で言うと"lupine"(オオカミの、またはオオカミに関連した"獰猛さ")で、お花のルピナス(荒れ地でも育つ強さをオオカミにたとえた)もこれですね。
ニックネームはムーニー(Moony)。映画では"Mooney"と綴られてます。

【特徴】
年齢のわりに皺のあるちょっとフケ顔で、つぎはぎだらけのローブを着た、常に就職難のウェアウルフ。かわいそうに、苛酷な人生と苛酷な任務を経験し、ストレスのせいで急速に白髪になりつつありますが、髪は明るい茶色。
映画では、傷だらけの顔にヒゲをたくわえています。
ヴォルデモート卿(Lord Voldemort)を名前で呼ぶことを怖れていない!

【杖】
不明

【パトロナス(守護)】
不明ですが、とにかくできる。幸せな思い出を持った、強力な魔法使いなのは間違いないです。

【好きなもの/趣味】
不明

【こわいもの(ボガートが姿を変えるもの)】
満月

【持ち物】
不明

【功績】
Padfoot(Sirius Black, a dog)、Prongs(James Potter, a stag)、Wormtail(Peter Pettigrew, a rat)らと、いたずら(mischief-making)の最高傑作"The Marauder's Map"を作製。
ハリーにPatronus Charmを習得させた。

【特殊技能】
好むと好まざるとに関わらず、満月の時期に大きな灰色の狼になってしまう。
『PoA』には"seem to be reading Harry's mind"と記述されていて、おそらくレジリメンスだと思われますが・・・。

【家族/血筋】
ハーフ・ブラッドの魔法使い。幼い頃、最も邪悪で最強のウェアウルフであるフェンリル・グレイバックに噛まれ、感染してから自身もウェアウルフとなる。

【経歴/これまでの人生】
1958年3月10日生まれ。
幼い頃ウェアウルフになったせいでホグワーツ入学もあきらめていたところに、救いの手を差し伸べたのはやっぱりアルバス・ダンブルドア。Whomping Willowをホグワーツの敷地内に植え、そこからホグスミード村へトンネルを掘り、英国一怖い幽霊屋敷"the Shrieking Shack"で月に1度の休暇付きっちゅー入学を面倒みてくれたわけです。人間からウェアウルフに変身する過程は苦痛を伴い、変身すると自制できずに人間を襲ってしまうため隔離したわけですが、ひとりぼっちだと襲う相手がいないのに攻撃性はなくならないので、かわいそうに自傷です。
リーマスは自分のキケンな秘密を隠していたけれど、2年生で見抜いてしまったグリフィンドールの親友シリウス・ブラックジェームズ・ポッター、ピーター・ペティグリューは自分を見捨てずに、苦労して5年生のときにanimagiになって付き合ってくれるようになりました。そして"the Shrieking Shack"はよい子みんなのたまり場に(笑)。
6年生になるとシリウスが、"凶暴なウェアウルフ"に殺されてしまうかもしれないと知りつつも宿敵セヴルス・スネイプを罠にはめ、"the Shrieking Shack"の秘密を教えてしまってさぁ大変。ジェームズがスネイプを救い、スネイプはダンブルドアにリーマスの秘密を守るように誓わされます。
リーマスはprefectになってるね。これは"友達"を欲している心優しい傷だらけのモンスターのためですね。でも、"よい子"のリーマスは、自分は"スネイプいじめ"に参加しなかったけれど止めようともしなかったこと、そしてダンブルドアを裏切り続けてしまったことを、素直に告白して悔いている。うん、若いときってそーゆーもんです。こうやって悔いることができる人は好きですねー。
『PoA』ではホグワーツのDADAの先生になります。おそらくホグワーツ近代史上、最高の先生です。生徒の能力を引き出す実践的で楽しい授業に加え、ハリーにはPatronus Charmも教えます。ホグワーツで働いた1年間は、月に1度のオオカミに変身する期間、スネイプ先生が作ってくれるWolfsbane Potionを飲んで変身中の人間らしさを保つことができている。そして、かつての親友がもうひとりの命を売り12人のマグルを殺害したと信じていたものの、自身が作製した"The Marauder's Map"によって真相を知ります。そしてこの年、かつてダンブルドアにリーマスの秘密を守ると誓ったスネイプは、その秘密を公にしてしまい、リーマスは辞職。
(『OotP』のネタばれ→)『OotP』中の住所はGrimmauld Placeで不死鳥の騎士団(Order of the Phoenix)の任務を遂行しています。自らも参戦した魔法省でのバトルで潔白だった親友シリウスが殺されてしまい、(『HBP』のネタばれ→)その後はフェンリル・グレイバックをスパイするという超キケンな任務に身を投じます。ほんで、幸薄いリーマスでしたが、ついにニンファドーラ・トンクスという恋人ができるねー。

【その他】
『PoA』では素手で炎を作り出し、杖がなくても余裕なところを見せ、『OotP』ではただひとりダンブルドアの横で戦い怪我ひとつしなかったリーマス・ルーピン。
ついでに『HBP』での大バトルでも怪我ひとつしてなくて、危なかったのもDeath Curseが擦りそうになった1度だけという、この余裕のぶっこきよう。
この人はたぶん、本当はものすごい強いんじゃないかな?

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 16:30| Comment(6) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハリポタは残念ながら見たこと無いんです〜(>_<)
なので僕にはこの記事全てが宇宙語に見えます(汗)
バルサの魔法使いについては詳しいんですけどね〜(笑)
Posted by KEN at 2006年11月06日 23:51
さるおさんこんにちは。ルーピン先生大好きです。ボガートの授業、私も受けたいよーと思って映画見てました。あんな先生が今の学校には少なくなってしまったのでしょうね。私が子供のころはあんな感じの授業をしてくれる先生たくさんいたのになぁ。6巻でようやく幸せがおとずれてくれましたが、7巻で壊されないかと心配です(泣)『POA』でのシリウスとの再会のあたりで語られるホグワーツ時代のいきさつ。あそこが好きで何回も読みました。映画ではさらっとしか説明がなくて少しがっかりでした。あれじゃなんでスネイプがここだと思って追いかけてきたのかが不明(笑)7巻では彼に是非グレイバックにとどめをささせて欲しいです。噛み主(?)が死んだら魔法のように呪いが解けてくれたらいいのになぁ。
Posted by みかりん at 2006年11月09日 12:45
KENさん
すみません、さるお、ポッタリアンなんだYO!

> ハリポタは残念ながら見たこと無いんです〜(>_<)

いいんだ、いいんだよそれで(涙)。バルサの魔法使いさえ知ってれば、それでいいんだ。宇宙語ですよね、たしかに。
Posted by さるお at 2006年11月09日 20:05
みかりんさん
さるおも大好きー!授業めちゃくちゃ楽しそうっす。落ちこぼれそうな子もたすけてくれるし、できる子はちゃんと褒めてくれるし、痛みをしっかりわかってくれる、生徒を伸ばすいい先生だよね。さるおもね、伸びたい。

> 6巻でようやく幸せがおとずれてくれましたが、7巻で壊されないかと心配です(泣)

幸薄いよね、雰囲気からして。あぶない。

『POA』で語られるホグワーツ時代のいきさつは、古き良き青春って感じで、さるおも好きです。「そうなんだ、人ってみんなこうなんだよ」と思うような、ほろ苦い青春っすねー。映画と違って、本だとこーゆーところで人物像に厚みが出るね。

映画はなんだかものすごい忙しいよな(笑)。

> 彼に是非グレイバックにとどめをささせて欲しいです。噛み主(?)が死んだら魔法のように呪いが解けてくれたらいいのになぁ。

あー、これはステキなアイディア♪
でもそーなると、ピーターの銀の手はどこで役に立つんだろう?
Posted by さるお at 2006年11月09日 20:24
さるおさん、おはようございます。年表も拝見しました。

>でもそーなると、ピーターの銀の手はどこで役に立つんだろう?

そうでした。簡単なのはピーターの手をちょん切って使うとか(痛)ピーターにはもうかつての親友ってルーピンしか残ってないですよね。最後の最後でやっぱりあの頃の思い出パワー(笑)の勝ちで友情をとってくれるとか(甘!)ヴォルも言っていたようにピーターは忠誠ではなくて恐怖でいいなりになってるみたいに言われてましたよね。実はかなり役に立っているのにあんなにまわりに蔑まされて仲間でいるより、最後に一矢報いてあの頃の仲間に戻りたいって思ってくれないかなー、贖罪の気持ちで。ルーピンの為に自分でグレイバックに突っ込んで行ってくれるか、ヴォル様復活の時の様に自らジョキって・・・。でもヴォルが作ってくれた手だから自分の意思では使わせてもらえなさそう。うーん、私に予想は無理でした(泣)やっぱり予想はさるおさんお願いします。
Posted by みかりん at 2006年11月10日 11:11
みかりんさん

> ヴォルも言っていたようにピーターは忠誠ではなくて恐怖でいいなりになってる

みかりんさん鋭い!ここはすごく大事だと思ってます。
何に書いてあったのか忘れちゃったけど、DEの大部分は"怖いから"ヴォルディにつきあってるらしいです。で、例外はパパまるほい。彼は自分の意志でDEやっとるらしい。
さるおは、ベラとクラウチ・Jrも自分の意志でDEやってる(やってた)はずだと思うけど、とにかくまぁ、ほとんどみんな"怖いから"DEでいるわけですね。
で、それをわざわざヴォルディにセリフでしゃべらせているピーター、これはもう、これが理由でDE道を極められなくなる、そーゆー『HP7』への伏線だと思います。
ネズミ男に一矢報いる勇気は出るかなぁ。贖罪の気持ちより恐怖が勝っちゃいそうなタイプなので、偶然というか事故的にグレイバックを葬って、結果としてハリーとたすける、そーゆーことかもしれない。あー、でもピーターはグリフィンドールに入ったんだよね?そしたらほんとは勇気あるのかなぁ・・・

> ヴォルが作ってくれた手だから自分の意思では使わせてもらえなさそう。

そっか。そーゆーこともあるかも。だとすると、ヴォルディ支配でピーターの銀の手を使ってみたら、墓穴を掘ってたっちゅー、そーゆー感じになるのかな。
Posted by さるお at 2006年11月12日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。