2006年11月11日

左利きになりたい

さるおです。
単純な動きだから、これなら左手でいけるな。
そう思って机拭いたりネジ回したりすると、その左手は、自分でも思いもよらない大暴走をしていて、で、そのとき右手はものすごい硬直している。そんなふうに日々、右脳を鍛えているさるおです。たぶん、ありえない緊張状態の右手によって、鍛えられているのは左脳の可能性、大という、まさかの罠。

今日も涙が止まりません。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 23:21| Comment(10) | TrackBack(0) | 心ゆくまでさるお | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
レフティって憧れますよね〜
左手で名前を書いてみたりとかした事ありますが、
「俺って来日何年目だっけ?」って錯覚に陥るくらいな下手さだったりします(笑)
ボール蹴るくらいだったらなんとかなるんですけどね。
あくまで「蹴る」って意味でコントロールは別問題ですけど(爆)
メッシの様に左足で華麗にドリブルできたら・・・なんて夢だけで終わりそうです(笑)
Posted by KEN at 2006年11月12日 04:41
あー!気持ちスゴく分かります。
もし右手に何かあっても、左手で出来るように…と小さい頃から無駄に鍛えました(笑)
今では左手でも色々こなせます。
けど、字はやっぱりまだまだです(笑)
これからも無駄に鍛えよう!(笑)
Posted by おこめつぶ at 2006年11月12日 21:01
KENさん
左手で名前なんか書いた日にゃぁ、下手どころか解読不能。しかもでーっかい字になるYO!
ボールね、どこ飛んでってもいいんなら蹴れる(笑)。

> メッシの様に左足で華麗にドリブルできたら・・・

手使ってもメッシのようにはできないNE!
Posted by さるお at 2006年11月13日 01:12
おこめつぶさん
もし右手に何かあったら・・・折れるかもしれないし、突き指ぐらいでも痛くて泣きそうだし、万が一に備えたいですね!
しかーし!さるお、知ってるー!それ無駄だって(爆)。

> 今では左手でも色々こなせます。

お、無駄じゃないじゃないか!えらい。
これからも、たとえ無駄でもに鍛えようZE!
Posted by さるお at 2006年11月13日 12:50
この世には神も仏もないんでしょうか・・・
今日の朝首位を奪還して喜んでいたら、
メッシ骨折って・・・(涙)
3トップで2人も欠けてしまったら攻撃力も3分の1ですよ(泣)
あぁ〜今年は本当に受難の年かもorz

>手使ってもメッシのようにはできないNE!

足が4本あっても無理です(笑)
Posted by KEN at 2006年11月13日 13:28
左で文字の練習すると良いかもよ。
たまあにやってみたりします。
私バスケやってたから、左でもドリブル練習したもんですけど、それでも右のように完全にはならんかったなぁ。
Posted by micchy at 2006年11月14日 00:44
KENさん

> この世には神も仏もないんでしょうか・・・

そーゆー気持ちになったよぅ。さるお号泣。
骨折はないよなぁ・・・しかも足の甲て(泣)!
小さいおっさん、グッディ、サンティ、そしてロニ子でなんとかしてもらわなきゃ。後は、前線に持ってくるならイニ坊かな。
受難には負けねぇ。跳ね返せ、バルサ。
足が6本あったら手伝ってあげられるのにぃ。(転ぶだけですから)
Posted by さるお at 2006年11月15日 01:42
micchyさん

> 左で文字の練習すると良いかもよ。

むずかしいよねー。がんばってみます(笑)。
Posted by さるお at 2006年11月15日 01:43
あ。でも、結局のとこ右ききですから(爆)
痛くても我慢が一番☆(オィ)

そういえば、メッちゃん(メッシ)は右足も疲労骨折してたらしいですよ。
でも順調に治っていってるらしいです。
Posted by おこめつぶ at 2006年11月15日 20:25
おこめつぶさん

> 痛くても我慢が一番☆(オィ)

さるおもそうなる(笑)。

メッシの離脱、痛いけどなー、怪我癖ついても困るので、きちんと治してほしいっすね。最近はスパイクがハイテクすぎて怪我の原因とか、いろいろ言われてますね。あの子が戻ってくるまで、ふんばって持ち堪えようね。
Posted by さるお at 2006年11月21日 04:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。