2007年01月10日

映画『PoA』に登場する『DH』の予告映像

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、ハリポタ7について考えてみたいです。
ネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

しばらーく前の話ですが(笑)、映画『PoA』プレミアで、Joがこんなこと言ってましたね。
Alfonso [Cuaron] had very good intuition about what would and wouldn't work. He's put things in the film that, without knowing it, foreshadow things that are going to happen in the final two books. So, I really got goosebumps when I saw a couple of those things and I thought people are going to look back on the film and think those were put in deliberately as clues.
さるお訳:アルフォンソが『PoA』でね、自分でも気づかずに、"最後の2冊で起きること"の予知映像をいくつか撮っててびっくらこけたわー!後でわかることだけど、みんなもびっくらこけまくるわよー!

アルフォンソが"自分でも気づかずにその映像を入れた"ということは、もしかすると原作にはないシーンだということっすか?あるいは、Joにとっては意外な表現方法で俳優が演じているとかかな?
そしてそれらは『HBP』と『DH』の予言のようだということならば、こりゃ入念に映画観ないとな。
ということでさるお的に気になるシーンを探してみます。

場面その1
ボガートがディメンターの姿になった瞬間にリーマスが両手を広げてハリーの前に立つ。
本ではハリーのトライアウト直前にリーマスが遮る。

場面その2
リーマスとハリーが橋の上で話します。そして以下の話の最中は、リーマス、ハリー無視で思い出にどっぷり。
Oh, yes. I knew her. Your mother was there at a time for me when no one else was. Not only was she a singularly gifted witch, she was also an uncommonly kind woman. She had a way of seeing the beauty in others, even and, perhaps, most especially, when that person could not see it in themselves.
さるお訳:リリーは才能ある魔女なだけじゃなくて、優しくって、ほんで、本人ですら気づかない美点を見つけてくれるんだ。
そしてこうも言います。
You're more like them than you know, Harry. In time you'll come to see just how much.
さるお訳:どれほど両親に似てるか、いつかわかるよ。

場面その3
パトロナス呪文の練習中、ハリーがろうそくの火にさわる。
これはオープニングのダンブルドアのスピーチの場面によく似てますねー。

場面その4
ハーに杖を突きつけられて怖がっている表情をした後、ドラコちゃんはハーの強烈パンチを浴びて逃げるようにして校舎に走っていきます。
Not a word to anyone, understood? I'm gonna get that jumped up mudblood, mark my words.
さるお訳:誰にも言うなよー。穢れた血のあいつめー、仕返ししてやるー、ふんがー。
と言い残して。

場面その5
バックビークの処刑で、ハーはロンの肩で泣いている。

場面その6
Shrieking Shackでコドモトリオとシリウスが対峙したとき、まずハーが友達を守ろうと立ちふさがる。
本ではシリウスに3人分の杖を取り上げられ、一歩前に踏み出すハリーをハーが引き戻し、ロンのほうが勇ましくこう叫んでいます。
If you want to kill Harry, you'll have to kill us us, too!
さるお訳:ハリーを殺すんなら僕らも殺せーっ!

場面その7
Shrieking Shackにスネイプさんが到着したところで、リーマスとシリウスに不思議なセリフを言ってます。
Oh, listen to you two, quarelling like an old married couple.
さるお訳:おまえら、年寄り夫婦のケンカかよ

場面その8
Shrieking Shackからの帰り道。シリウスがこう言います。
In fact, more than once, James suggested that I make the change permanent.
さるお訳:ジェームズが「ずっと犬でいればいいのに」って言ってた。

場面その9
妙にヌーディな狼になったリーマスからコドモらを守ろうと、スネイプさんが立ちはだかる。

場面その10
ハーが遠吠えする。

場面その11
Dementor's Kissのシーンでシリウスの口から青い玉が出てくる。
本では、あのシーンにハーもいるし、最初にキスされるのはハリーです。

さてさて、"その5"が『HBP』に対する予告映像なのはあってるでしょう、たぶん。あー、このふたりがくっつくのかと。
では『DH』の予告映像はどのシーンか。よくよく見れば、映画『PoA』は"立ちはだかる"のオンパレードっす、あるいは自己犠牲のオンパレード。
もしも"1"が『DH』の予告映像ならばリーマス・ルーピンが、"6"ならハーが、"9"ならスネイプが、ハリー(たち)を守って死にそうです。
"2"ならば、リーマスとリリーは恋愛関係にあったっちゅー暴露があるかもしれません。これについてこちらをご覧下さい。
"3"は気になるけどむずかしいなぁ。ハリーがダンブルドアみたいに炎を扱えるようになるとか・・・
"4"だとすると、いつかドラコがハーにひどいことしそう。
"7"もむずかしい。ホグワーツ時代にもquarelling like an old married couple.だったエピソードがあるのかな。
"8"はある意味ステキっすね。シリウスが、(永遠に)犬の姿で登場するかもしれんよ。
"10"は、ハーが危険をかえりみずハリーを守る、と考えることもできますが、あるいは、ハーも噛まれて感染するのかもしれません。
"11"はちょっと意味あり気なんだけど、これもむずかしいっすね。生死の境目を表現しているはずなので、これに似たシーンがあるかもしれないな。

Joの言うとおり、主に本の『OotP』をたよりに、映画『PoA』もたよりに、『DH』大予想をするので、ポッタリアンなスタメンのよい子は何か気づいたらさるおにおしえてあげてください。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 22:55| Comment(14) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あきこです。 あ、闇スタメンです。

希望としてはシリウスに何らかの形でそばにいてほしいです。 わたしシリウス大好きでした(今も好き)。
あんなおじさんがほしいです(カレシでもいいです)。
Posted by あきこ at 2007年01月11日 08:16
おはようございます。

私はその2のシーンすごく好きなんです。たしかに先生思い出に浸ってハリー無視ですよね(笑)ルーピンさんもきっとリリーのこと好きだったのでしょうね。
学校に限らず会社などでも本当に誰からも好かれている(悪くいわれない)人っていませんか?無害っていうのではなくて、包んでくれて、拒否しない、相手の悪口を言わない、そして自分の意見を押付けたりもしない。恋愛までいかなくてもその人といたいなと思わせる人。リリーさんてそんなイメージなんです。スラグホーン先生もあの子を好きにならない人はいないみたいにいってましたよね?フラーみたいなフェロモン系じゃない、人を好きにさせる力みたいのがあるんでしょうか?それも愛の力なのかなあ?そのパワーの効果で本当はヴォルもリリーを殺したくなかったとか。欲しかった愛の欠けてる人程、効果があるとか。うーん、私にはやっぱり深読みは無理がでてきそうです(泣)

さるおさんが書き出した項目だとトリオだとハーが一番危ない感じがします。えーん。

憧れの闇スタメン あきこさん

私もシリウス大好きです。本で大ファンだったところに映画ではゲーリー・オールドマンが配役と聞いてうれしさ倍増でした!
犬でもいいので帰ってきてほしいです。

Posted by みかりん at 2007年01月11日 10:56
闇スタ幹部 あきこさん
さるおもシリウス大好きです。あまりにも正義の人で、哀しすぎるんだけど(涙)。
あんな犬がほしいです。ちがった。犬になって戻ってきてほしいです。

ゲイリー・オールドマンが犬の着ぐるみで出てくればいいのにと思っている、闇スタに憧れている人(みかりんさん)がいるYO!
Posted by さるお at 2007年01月12日 00:17
みかりんさん
さるおね、その2のシーンそのものよりも、リーマスとリリーが恋人同士だったっていう設定が好きだな。リリーが持って生まれた"徳"(弱者の味方という意味で)を思うと、リーマスとリリーって似合うなぁと思うんだよね。それに、なぜこのふたりが別れなければならなかったか、なぜリリーはジェームズに鞍替え(この表現はリリーに似合いませんねぇ)したのか、そこへシリウスとスネイプは絡んでくるのか、このへんを考えていると『DH』のヒントが大いにありそうな気がするんです。

> 包んでくれて、拒否しない、相手の悪口を言わない、そして自分の意見を押付けたりもしない。

こーゆーエライ人、いるね。素晴らしい美徳だよね。フェロモン系と違う、人としての良さだなぁ。

> スラグホーン先生もあの子を好きにならない人はいないみたいにいってましたよね?

これね、じつはさるおものすごい重要だと思ってるの!

> そのパワーの効果で本当はヴォルもリリーを殺したくなかったとか。

これさるおも考えてたよ。ヴォルディもひそかにリリーが大好き、ある得るんじゃないかって。

> トリオだとハーが一番危ない感じがします。えーん。

たとえば、ハーがウェアウルフに噛まれて感染してハリーを襲ったら、ロンはものすごい究極の選択をせまられて、そしてハーが、えーん。悲劇すぎ。
Posted by さるお at 2007年01月12日 00:29

ども。いつもながらさるおさんの深い読みには尊敬してしまいます。(ほんと、すごい!)

2で、私的にはリーマスはリリーが好き(Loveの方)だったんだと思いました。けど、その時のリーマスは、人狼に対してすごくコンプレックスを持ってて(6巻のトンクスの時みたく)、それに親友のジェ-ムズに対しても遠慮してたんじゃなぃかな-と。だから、リーマスは、自分の気持ちを口に出す事もなかった。そんなリーマス片思いVer.が、私的に好きです。


Posted by ラピ at 2007年01月12日 08:00
あきこです。 闇幹部です。

>あまりにも正義の人
そうですねぇ。。 直情すぎて信じられない(くらい勇敢?ばか?な)行動に出てしまうシリウス、、涙。
でもそんな真っ直ぐで不器用な愛情表現をするところがまた好きです。
ほんと、カレを愛して止みません。だからお別れが辛すぎますです。

みかりんさん
私信ありがとうです(^^)♪ シリウスいいですよねぇ。
>ゲーリー・オールドマン
わたし俳優にあまり詳しくないのですが、カレはかっこいいなぁと思いました。 大好きです(おい)♪

で、またさるおさん。
>ゲイリー・オールドマンが犬の着ぐるみで出てくればいいのに…
飛躍しすぎです笑(^^;; みかりんさんの発言、ちゃんと読んでくださいませ(愛のツッコミびしばしです)♪
Posted by あきこ at 2007年01月12日 16:47
"4"なんだけどね、ドラコはハーの事、本当に嫌いなのかな?おべんちゃらばっかの取り巻きか陰口叩かれるかの中、正面きって非難する勇敢な彼女は腹立つけど気になる存在になりません?リリーが好きだったけど素直になれなかったスネイプみたいに。

ドラコは好きじゃないけど、悪になりきれてないし、何だか父親に洗脳されている感じ。それにスネイプは自分の二の舞を踏ませたくなくて奔走してるみたいでしょ、ダンブルドアまで手にかけて・・
少年の心は複雑ね。
Posted by マーガレット at 2007年01月12日 21:39
POAって本当に美しい映画ですよね。
その中に隠されたヒントまで潜んでいるなんて、なんて二度おいしい話でしょう(笑)

やはり「誰からも愛されるリリー」が鍵なのでしょうか?
ルーピン先生、スラグホーン先生の他にも、って事ですよね。
Posted by ニンフ at 2007年01月13日 10:20
ラピさん

> リーマスは、自分の気持ちを口に出す事もなかった。そんなリーマス片思いVer.が、私的に好きです。

あ〜んもう、これってものすごい"あり"っすね!陰ながら、とても心配してくれていて、とても守ってくれている、すっごくリーマス的。
片思いならスネイプさんも負けないぞ、とも思うので、いやぁー、『DH』はロマンチックで複雑な話になるかもしれないなぁ。わくわく。
Posted by さるお at 2007年01月15日 01:39
闇幹部あきこさん

> 直情すぎて信じられない(くらい勇敢?ばか?な)行動に出てしまうシリウス、、涙。

愛を込めて、ここは"バカ"と呼んであげたい。バカすぎて泣ける男っす。かっこええね。

>> ゲイリー・オールドマンが犬の着ぐるみで
> 飛躍しすぎです笑(^^;; みかりんさんの発言、ちゃんと読んでくださいませ(愛のツッコミびしばしです)♪

ひた隠しにしていたさるおのまさかの読解力が暴露。さるおの"バカ"はシリウスとは異なるベクトルへ。おそろしいですね。(むせび泣き)
Posted by さるお at 2007年01月15日 01:44
マーガレットさん

> ドラコはハーの事、本当に嫌いなのかな?

!!!
ちょっとあり得る感じはするー。でもこれに似た内容の会話を、『HBP』の特急の中でパンシーとしていて、「ジニーって可愛いと思ってるんでしょ」ってジニーのことなんだけど、うーん、微妙、あり得るね。
素直になれないタイプだし、しつけのせいで歪んじゃったけど、たしかに悪になりきれてないしなぁ。
とにかくドラコは、今でも(『DH』でも)重要人物っすよね、まちがいなく。
Posted by さるお at 2007年01月15日 01:51
ニンフさん
『PoA』、映画ではいちばん好きです。映像も美しいし、平穏がある。いいね。

> ルーピン先生、スラグホーン先生の他にも、って事ですよね。

シリウスも、スネイプも、のような気がします。
ほんとにリリーはハッフルパフそのまんまなキャラっすね。
Posted by さるお at 2007年01月15日 01:55
>シリウスも、スネイプも、のような

えっ、シリウスも、ですか!!

さるおさんにお聞きしたいと思ってたんですけど、GOFで、ペンシープから出てきたバーサ・ジョーキンズが
「ダンブルドア先生、あいつったらあたしに呪いをかけたあーっ! 『フローレンスとキスしてたしょー』って言っただけなのにっ」

ていう場面のことなんですけど、この
「あいつ」と「フローレンス」って、誰のことだと思われます?
だいぶ前に記事で読んだことがあって、それ以来ずっと気になってたんです。
「あいつ」
超イケメン、女子の注目の的のシリウスでしょうか?
それとも「愛されたが故に、愛の無いLVよりも罪深くさせた」というスネイプでしょうか?
「フローレンス」は、・・・
リリーか、それともナルシッサ??
それともこういう名前の知られざる女性なのでしょうか?
花っぽい名前なのが何かのつながりを思わせますよね。

Posted by ニンフ at 2007年01月15日 22:47
ニンフさん

> えっ、シリウスも、ですか!!

いやいや、わからんの。ホラスが、みんなリリーが好きって言ってるので、あり得るかなと思っただけです(笑)。

> ペンシープから出てきたバーサ・ジョーキンズが

"He put a hex on me, Professor DD, and I was only teasing him, sir, I only said I'd seen him kissing Florence behind the greenhouses last Thursday..."
これだよね。さるおも気になっていたとこなんだけど、最近忘れてたなぁ(爆)。ニンフさんのおかげでこの件を思い出したので、さるおなりの解釈を記事に書いてみました。どうだろう?

> 超イケメン、女子の注目の的のシリウスでしょうか?

この可能性は否定できないです。"she was an idiot. Very nosy, but no brains, none at all."と言って嫌っているようなのは、チューを言いふらされた(言いふらされそうになった)からかもしれないから。

> 「愛されたが故に、愛の無いLVよりも罪深くさせた」というスネイプでしょうか?

さるおはそう思ってます、今のところ。
気になるのは、Joが、相反することを言ったことがある点ですが。(Who on earth would want Snape in love with them? That’s a very horrible idea.)

> 「フローレンス」は、・・・

リリーじゃないかなー。ナルシッサは卒業してるはずなので。
Posted by さるお at 2007年01月19日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。