2007年02月18日

1981年ハロウィンの夜、ゴドリック・ホロウにいた人物とは

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、ゴドリック・ホロウですべてを目撃したかもしれない人物について考えてみます。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。
追記はここにあるYO!

ジェームズ(ポッター夫妻)は、ある理由により、グリフィンドールの剣をゴドリックの谷(くぼみ)で守っていた。そして1981年のハロウィンの夜、ヴォルディは「おこんばんはー」とそこへ向かっていた、グリフィンドールの剣を奪い、それをHorcruxにするために。夫妻は急いで剣を透明マント(Invisibility cloak)にくるんでヴォルディから守った。
さるおはそう書きました。ポッター襲撃の晩にジェームズの透明マントをかぶっていたのは"人"ではない、"物"だと。

では、"ジェームズとリリーがGodric's Hollowで殺された夜、ヴォルディの横には誰かいたかがわかる"とはどーゆー意味でしょーか?
そうだ、たしかに、誰かがいたはず。
でなければ、なぜあの夜のことが詳しくわかっているのか?
そしてヴォルディのダウンフォール後、いったい誰が、ヴォルディが取り落としたヴォルディの杖を拾って消えたのか?
"someone at Godric's Hollow had the cloak during the time when Voldemort was there."(誰かがマントかぶってヴォルディの横にいたんだ)と多くの人が考えるのも無理はありません。

スネイプ説はけっこう説得力あります。自分が提供した情報でヴォルディが動き、見学しに行ってみたら、「殺されてるのは(仲は悪いけど)友人だった!」あるいは「殺されてるのは好きな子だった!」ということで、後悔のあまり改心してダンブルドア陣営にどっぷりと、これはあり得ます。
しかし、スネイプが予言の前半を立ち聞きしたのは1979年の夏、ホグワーツ就職は1981年9月、ポッター襲撃は10月31日です。ホグワーツ就職がターニングポイントだったとすれば、すでにダンブルドア陣営です。
ということは、ダンブルドアの命令で、ゴドリック・ホロウに行ったのかもしれません。これなら、ダンブルドアがなぜあの夜の詳細を知っているのか説明がつきます。
そして、ヴォルディの杖。誰かがヴォルディの落とし物(杖)を拾い、長いこと保管していたはずなんだ。それがダンブルドア陣営の人物であれば、杖はおそらくホグワーツ城内にあったはず。そうか、ヴォルディの杖に近づくために、ピーター・ペティグリューはウィーズリー家のペットになったのかもしれません!ハリーが"The Marauder's Map"で城内をうろつくピーターを見つけた夜、人知れず"ネズミでいることをやめようかと思っている"ピーター・ペティグリューは、杖を探していたのかもしれない、いずれヴォルディに返すために。
スネイプはダンブルドアからジェームズの透明マントを借りて、現場に赴き、杖を拾って、ダンブルドアももとに戻り、すべてを報告して、マントと杖を渡した。そうかもしれない。

ところがひとつ、問題があります。さるおの、"透明マントをかぶっていたのは"人"ではなく"物"だ"というのが正しければの話です。
透明マントは剣を隠すためにジェームズが使ったのだとすれば、スネイプはどうやって透明になったのか。透明マント以外の方法では、ヴォルディにバレてしまうんでないか。

ということで、急遽、衝撃の、"もうひとつの可能性"を書いてみます。
さて、「おこんばんはー」と鼻歌まじりのヴォルディが、ポッター家にやってくる。
同じ時、アルバス・ダンブルドアもそこに向かっていた、たとえばグリフィンドールの剣を守るために。そして、マントは使わずに透明になって、一部始終を見たかもしれません。
ヴォルディの横にいたのがダンブルドアだ、というのは想像したくないですが、ダンブルドアだけが、透明マントを透視できる上に、マントなしで自らも透明になれる。
もちろん、思います、見ていただけで何もしなかったとしたら、そりゃあんまりだ、と。あの心優しいじーさんが、ジェームズリリーを、そしてヴォルディの予定通りならハリーも、見殺しにするはずないもん。なぜ、ダンブルドアはそのとき戦わなかったのか。せめて、なぜ敵討ちをしなかったのか。自分は勇敢な"Heir of Gryffindor"で、剣もそこにある。なんだか勝てそうなのに。

さるお的解釈はこうです。
1981年ハロウィン、ゴドリック・ホロウには、ポッター一家の3人と、ヴォルディしかいなかった。スネイプもダンブルドアもいません。なぜなら、ゴドリック・ホロウのシークレット・キーパーはピーターだから。ピーターがあちこちでヴォルディ以外にしゃべらなければ、ヴォルディだけです、そこに行けるのは。
そして例えばジェームズ(とリリー)殺害後、ヴォルディはゴドリック・ホロウにダークマーク(Morsmordre)を上げます。そしてハリーにAK、思わぬ事故で自分はヨボヨボです。
そのダークマークを追えば、ダンブルドアもハグリッドもシリウスも、ゴドリック・ホロウに辿り着くことができます。
さて、襲撃時、ダンブルドアも"そこにいた"。でも"何もしなかった"。つまり、タイム・ターナーを使って、事件後から過去に戻り、透明になって現場を見たのではないかと思います。タイム・ターナーは危険だと、ハーが言ってました。いたずらに、過去を変えてはならない。だからダンブルドアは、起きてしまった悲劇の真相を知ろうと過去に戻ったけれど、何もしなかった。当然姿も見せなかった。ただ、見ていた。おそらくすべてを、一瞬で悟ったのではないかと思います。ヴォルディは死んでいない、いつか、戻ってくる。そしてそのとき、運命は、稲妻型の傷を負ったこの赤ちゃんに託されることになるのだと。

ダンブルドアはグリフィンドールの剣とグリンゴッツにあるポッター家の金庫の鍵を回収して校長室に運び、もしかしたらヴォルディの杖も回収して(これはピーターの可能性も高いですが)、デス・イーターに攻撃されても負けない強さで命に換えても信じているハグリッドにハリー救出を頼み、過去に戻りすべてを見て、ダーズリー家への手紙を書いて、プリベット通りへ向かった。これがダンブルドアのすごした"The Missing Day"の24時間だったんじゃないかな。

もしそうなら、ダンブルドアが『HBP』の洞窟内で毒を飲んで見た恐ろしい"何か"が何であるか、説明できるかもしれません。

この夜のできごとについては、あるいはその後の24時間については、実際にはわからないことだらけです。マクゴナガルがひたすら猫だった、ということだけは判明していますが(笑)。
ハグリッドはどうやってゴドリック・ホロウに辿り着いたのか。
シリウス・ブラックはどうやってゴドリック・ホロウに辿り着いたのか。
ふたりの間にどんな会話があったのか。ハグリッドはバイクを返すと言ったけれど、その後どうなったのか。
スネイプの行動は?ピーター・ペティグリューの行動は?リーマスの行動は?

もっともっと、本からヒントを探して、ポッター襲撃から"The Missing Day"にかけて、何が起きていたのか、突き止めたいと思います、すごーく。

もちろん、その他の透明マント所有者の可能性も除外しないで。バーティ・クラウチ・Jr(Bartemius "Barty" Crouch Jr.)かマッドアイ('Mad-Eye' Moody)、あるいは、ヴォルディのHorcruxesのヒミツを暴いて阻止しようとしていた"it was I who discovered your secret"のレグルス・ブラック(Regulus Black)でないとも言い切れないしな。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 22:20| Comment(33) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕は隣に居た人物は「スネイプ説」が有力だと思います。
しかし、さるおさんの「ダンブルドア説」を見た後ダンブルドア説が正しい気もしますf^_^;

タイムターナーを使い何も出来なかった…もしそこでヴォルディと戦ったら時が変わります…完璧デスね!!さるおさん(ノ*゜▽゜)ノ

でも何故ヴォルディは一人でゴドリックホロウに?!(・◇・;) ?やはり、御供にスネイプを連れて行ったのかな??
予言を聞いていたのは、ダンブルドアを除き二人だけ…
アバフォースとスネイプだけ…

しかしあれほど闇にドップリだったスネイプが簡単に改心するでしょうか??
それにはやはり好きだった(かもデスよね?)人が殺されたのが改心の理由…
これも合う気が…

さるおさんは、J.K.ローリングさんは無駄が無いとおっしゃいました…
なら、アバフォースが聞いていたコトにも意味が……冗談デスf^_^;

長文&つまらない文すみませんでしたm(__)m
Posted by アスカ at 2007年02月19日 00:06
そういえばリリーとジェームズの亡骸は誰が埋葬したのかな?
シリウス、ハグリット、ダンブルドア・・
私はスネイプなんではと思ってます。リリーの亡骸を前に「打倒ボルディ」を誓ったんじゃないかと。
それと、遅くなりましたがさるおさん誕生日おめでとうです!
Posted by スマイル at 2007年02月19日 09:01
タイムターナーが出てくるところが「さすが、さるおさん!」ですよね。確かに、どのタイミングかは分からないけれどダンブルドアは事の一部始終を見たのでしょうね。手出しできないというのは辛かったと思います。

ところで、ポッター襲撃の夜ヴォルディは一人でやってきたのでしょうか?スネイプが加勢に見せかけて、その実リリーのみ助けるつもりで付いてきたって可能性は無いですか。そこまで深読みしていないので、ずっと複数で行ったと思い込んでいました。
マクゴナガルが猫になっている頃、魔法使いが浮かれて大騒ぎだったり、シリウスもハリー救出に駆けつけるなど情報が迅速に伝わっているし、魔法使いの情報網おそるべし!
Posted by マーガレット at 2007年02月19日 12:40
さるおさんって、ハリポタ予想の時は(!?)ものすごくキリッっとしてますよね〜

タイム・ターナー、これはアリだと思います!!(さるおさん、スゴイ!)
だけど私には(理路整然っていうのが全くダメなので)今回の内容はちょっと難しすぎます・・・(涙)

で、的外れもイイトコだと思うのですが、最後の方にいろんな人物の名前が出てくるので恥ずかしながらちょっと書いてみます。
ハリポタでは重要な人物(とか名前)は最初の方に出てくるように思うんです(シリウスの名前なんてすごく早く出てましたよね)。
そういう意味ではマンダンガス・フレッチャーが妙に気になるのね。
アバフォースともゴチャゴチャやってるみたいだし。

逆にRABの登場が何だか唐突すぎるような気がする。。
それとアニメーガスがよく出てきて目立ってるけど、トンクスの能力(髪の色変えたり、顔を変えたりっていう)も重要なんじゃないかな〜
(トンクスとシリウスってイトコでしたっけ?)

あ、またつい気になることを並べてしまいました。
どんどん違う方向へいってしまいますね・・・ごめんなさい。。
Posted by min at 2007年02月19日 18:11
全然スレ違いですいません。
7巻はUKバージョンに挑戦しようと思ってるんですが、Adult editionとはどういう意味なんでしょうか?
教えて下さい。お願いします。
Posted by 777 at 2007年02月19日 22:27
>もしそうなら、ダンブルドアが『HBP』の洞窟内で毒を飲んで見た恐ろしい"何か"が何であるか、説明できるかもしれません。

 そことのところの意味が分からなくて、モヤモヤしていたんです!!
 日本語版を読んでいると、まるでダンブルドアが悪に手を貸してしまった事を後悔しているかようにみえるんです。
英文だとどんな感じなんでしょうか???
教えてください!!
 
Posted by sinobu m at 2007年02月20日 11:18
アスカさん
スネイプ説、たしかにものすごく有力だと思う。これでスネイプについての大半が説明できてしまうほどに、説得力あるよね。

> タイムターナーを使い何も出来なかった…もしそこでヴォルディと戦ったら時が変わります…完璧デスね!!さるおさん(ノ*゜▽゜)ノ

これもまぁまぁ多くのことを説明できるような気がします。スネイプ説より弱いかもだけどなー。

> でも何故ヴォルディは一人でゴドリックホロウに?!(・◇・;) ?

ヒントはベラ姐さんだと思う。さるおの印象では、DEたちはみんな"誰がいちばんの側近か"というレースに夢中です。ベラ姐さんがいちばんはっきりと、セリフでそれを言ってるような気がします、『HBP』の”Spinner's End”で。いやいや、クラウチ息子も、ドラコも、ピーターについてシリウスも、みんな言ってるね、セリフではっきり。ベラ姐さんのセリフが特別だと思うのは、誰がいちばんヴォルディに近いかという"指標"に、彼女は"ヴォルディのヒミツ"を共有しているかどうかを挙げている点です。"ヴォルディが私にはヒミツを話してくれている"=私は信頼されている側近だ、そーゆー理論です。
つまり、ヴォルディのヒミツをDEみんなで取り合っている、知りたがっている。
ヴォルディにはヒミツがあるっちゅーことだよね。そしてそれは、Horcruxだと思います。DEだったのに、R.A.B(レグルス)はヒミツを、ヴォルディに聞いたんじゃなくて、命がけで暴いてます。ふつーならDEですら、知り得ないヒミツだったということです。
っちゅーことで、Horcrux作りに出かけるのに、お供はいなかったんじゃないかなと思います。

> 予言を聞いていたのは、ダンブルドアを除き二人だけ…
> アバフォースとスネイプだけ…

アバフォースは重要になってくると思うなー!アスカさんがおっしゃるように、彼が予言を聞いた(現場のドアのところにいた)ことには意味があると思いますねー。
Posted by さるお at 2007年02月21日 18:13
スマイルさん

> リリーとジェームズの亡骸は誰が埋葬したのかな?

ここもたぶん鍵っすね。ここでスネイプはあり得ると思う。リリーの亡骸を前に打倒ボルディを誓った、すごくキレイに説明できてると思うな。

> 遅くなりましたがさるおさん誕生日おめでとうです!

ありがとーう!
Posted by さるお at 2007年02月21日 18:32
マーガレットさん
魔法省のはなくなっちゃったけど、タイムターナーそのものはまだ出番があるような気がするね(『DH』でハリーが使うかもしれないっぽいし)。で、タイムターナーは重要なツールだと思う、DDが使ったんじゃないかと思うくらいに。

> 手出しできないというのは辛かったと思います。

『HBP』の洞窟でDDが見たものが何だったのか、これで説明できそうな感じしちゃうなぁ。

> ポッター襲撃の夜ヴォルディは一人でやってきたのでしょうか?

2つ上のコメントに書いたんだけど、ちょっとそれを読んでみてくれる?
どうだろう?
逆に"複数で行った"と思わせる記述がどっかにあったんだっけ?もしそうだったら、どうかおしえてください。

> リリーのみ助けるつもりで付いてきたって可能性は無いですか。

これは難しいような・・・。自分よりスゴ腕のヴォルディの目の前で、リリーを救う・・・。何か方法があれば、あり得る展開だとは思います。
リリーに"the draught of living death"とか飲ませてる時間があればなー。
Posted by さるお at 2007年02月21日 18:43
minさん
いつもキリッっとしてます。くれぐれも。(むせび泣き)

> タイム・ターナー、これはアリだと思います!!

ひゃっほーい!ありだよね!

> ハリポタでは重要な人物(とか名前)は最初の方に出てくるように思うんです(シリウスの名前なんてすごく早く出てましたよね)。

たしかに。(ハグリッドによる)シリウス登場は早かったっすよね。

> そういう意味ではマンダンガス・フレッチャーが妙に気になるのね。
> アバフォースともゴチャゴチャやってるみたいだし。

さるおも、マンダンガスとアバフォースは目立たない割にキーパーソンだと思います。特に、シリウスの遺品がらみで(ロケットの行方とか)。

> 逆にRABの登場が何だか唐突すぎるような気がする。。

そーいえばそーだね!
さるお、なんかしらんけど、ドキドキしちゃった。そーだよ、突然すぎる。ぜんぜんさりげなくない。囮かな。
だけどレグルスなのはほぼネタばれちゃったし・・・
http://kooks.seesaa.net/article/12732053.html

> それとアニメーガスがよく出てきて目立ってるけど、トンクスの能力(髪の色変えたり、顔を変えたりっていう)も重要なんじゃないかな〜

トンクスとシリウス、イトコっすね。トンクスの能力はたしかに重要だと思います。激レア能力で、それを持っているのは、今のところトンクスのみ。絶対に、彼女にしかできない、重要な役回りがあると思う!
どんなだと思う?
同時にね、リタも楽しみっす。
Posted by さるお at 2007年02月21日 18:55
777さん
Adult editionは、挿し絵がないやつです。フォントも単一で(コドモ用だと、たとえば"手紙"のところは"手書き風書体"になってたりするの)、少し字の大きさも小さいかも。
ちなみにさるお的には、USの方が若干おすすめです。
理由は2つ。USには"もくじ"があることと、これまでのことを考えると"missing text(抜けているところ)"があるのはUKだからです。
http://kooks.seesaa.net/article/12596808.html

『DH』一緒に読もう。さるおもがんばらねば。
Posted by さるお at 2007年02月21日 19:01
sinobu mさん

> 英文だとどんな感じなんでしょうか???

まず、Pensieveのようなbasinの中のpotionはemerald liquidです。それをカップで3杯続けて飲みます。4杯目の途中でDDはbasinに寄り掛かり、眠っているような悪夢を見ているようなで、何語かでしゃべってから怯えて言ってます。
"I don't want ... don't make me ... dont like ... want to stop ..."(嫌だ、とめなきゃ)
ハリーは「せんせ、ぐーっといきましょう!」かなんか言って4杯目の残りを飲ませる。
"No ... I don't want to ... I don't want to ... let me go ..."(嫌だってば、勘弁してよぅ)"Make it stop, make it stop,"(やめさせてー)
5杯目飲んで、"No, no, no ... no ... I can't ... I can't, ... don't make me, I don't want to ..."(できないよぅ、嫌だよぅ)
6杯目飲んで、"It's all my fault, all my fault, please make it stop, I know I did wrong, oh, please make it stop and I'll never, never again ..."(私がすべていけないんだ。どうかやめてー。私が間違ってた、やめてー。もう二度としないから)
7杯目、DDは周囲を見えない拷問人に囲まれてでもいるかのような怖がりようで、"Don't hurt them, don't hurt them, please, please it's my fault, hurt me instead ..."(彼らを傷つけないでー。お願いだから。代わりに私を・・・)
8杯目、DDは倒れ込んで叫び、こぶしを床に打ち付けます。
"Please, please, please, no ... not that, not that, I'll do anything ..."(お願いだから・・・そうじゃない、そうじゃない、何でもするから)
9杯目、まるで内側が燃えているかのように叫んでます。
"No more, please, no more ..."(もうそれ以上しないで)
10杯目、"I want to die! I want to die! Make it stop, make it stop, I want to die!"(もう死んだほうがまし!やめさせてー。もう死んじゃいたい!)
11杯目を飲むと"KILL ME!"(いっそ殺してー)
12杯目で息も絶え絶えです。
ハリーは13杯目をすくおうとしたけれどやめてカップをbasinの中に放ったまま、「先生しっかりしてよ、Rennervate!」と。効果なしです。
で、DDは「水をくれー」となる。Aguamenti!で水を飲ませようとするんだけどできないわけです。
DDはもうぐったりで、焦ったハリーは湖から水を汲もうとしてゾンビが襲撃。DDがむっくり起きて炎でたすけ、ほとんど空に近いbasinの底からロケットを回収します。

悪に手を貸してしまったような感じはないなぁ。もっと悲劇的な感じだし、DDは故意に(つまり悪)ではなく、判断を誤ったことを悔いている、そんな印象。
この"emerald liquid"は何だろう。もし13杯目飲んでたら、そこで死んじゃってたのかな。
Posted by さるお at 2007年02月22日 13:45
ネタバレがこわいんだけど、おそるおそる、着てしまいました!!

DDがタイムターナーで襲撃を目撃は、ありえますね。ただ、ペティグリューが場所をいわないといけません。DDに言ったのは、いつだったのでしょうか・・・もやっとしています。

そして、液体を飲むときにいっていたこと。ひとつは、「彼らのかわりに自分を」といってて、襲撃を目撃していればいいそうな言葉だと感じました。しかし、もう一方の「私が悪かった」が何をさしているかがわかりません・・・・さるおさんの意見をぜひ聞かせてくださいっ
Posted by sch at 2007年02月23日 01:35
すごく気になることがあるんですけど、このカテゴリーに書くのもどうかと思ったんですけが・・
「嘆きのマートル」のことなんですけど、マートルも花の名前ですよね。和名が「銀梅花」で知恵の女神ミネルバが愛した「Myrsinel」に由来するそうなんですが。
マートルは名字が出て来てないんで、もしかしてエバンス家に関係があるのかと思いまして。
さるおさんはマートルの素性はどう思ってますか?
Posted by スマイル at 2007年02月23日 09:54
schさん>「私が悪かった」というのは、DDがFidelius Charmを
     提案したということでしょうか?
     それともなにか他にあるんでしょうか?
Posted by hina at 2007年02月23日 19:18
スマイルさん へ

横レス、すみません。
花の名前・・・ですが、他にも“ラベンダー・ブラウン”のラベンダーとか、“フラー・デクラール”のフラー(フランス語で花のこと)とか、“アラベラ・フィッグ”(いちじく)とか、“パンジー・パーキンソン”のパンジーとか、“パドマ・パチル”(蓮の花)とか、“ポッピー・ポンフリー”(ケシの花)など、他にも花の名前由来の名前の人は結構多いので、全てがエバンス家繋がりというわけでもなさそうですね。
Posted by aiai at 2007年02月23日 22:23
 お忙しいさるおさんに、なんとまぁ気軽に日本語訳を聞いたもんだ!!
と、反省しております・・・
本当に本当にありがとうございます

で、先生質問です!!
>私がすべていけないんだ。どうかやめてー。私が間違ってた、やめてー。もう二度としないから

 って、誰に向けた言葉なんでしょうか???
Posted by sinobu m at 2007年02月23日 23:06
>逆に"複数で行った"と思わせる記述がどっかにあったんだっけ?もしそうだったら、どうかおしえてください。

イヤ〜そういうんじゃ無いんですよ。私の親分は子分を連れ歩くものという思い込みの激しさ故です。
「ヴォルちゃんと不愉快な仲間達」はメンバーに入れ替わりがあっても、つるんでいるようなイメージがあったし、ハリーを殺す目的なら失敗出来ないので御供を連れて行ったと思っていました。
そういうわけで、ヴォルちゃんが一人で「おこんばんわ〜」したのか!!と目から鱗状態になってしまいました。

本を読むとき、色々想像すると思いますが、私は結構思い込みが激しくて映画化されて「えっ!」って事多々有りますデス。
しかも、自分の想像のあまりの貧相さに大笑いすることも(泣)
私が、さるおさんのナビにどれだけ助けられているか、頭を整理して今日から本を読み直して見ます♪


Posted by マーガレット at 2007年02月24日 10:20
aiaiさん、ご指摘ありがとうございます。
そうですね、花の名前はたくさん使われてますね。もうちょっと注意深く読まなきゃな(反省)
Posted by スマイル at 2007年02月26日 08:44
schさん

> ペティグリューが場所をいわないといけません。

これはハグリッドやシリウスにも言えることだよね。でね、さるおね、ダークマークだと思うの。
DDもハグリッドもシリウスも、襲撃"後"にダークマークを見て、それを目印にポッター家に辿り着いた。順番はたぶんDDが最初で、剣回収、その後にハグリッドとシリウス。で、それとは別に、すでに場所がわかったDDが過去に戻ってポッター家のできごとを見に来ている。
どーでしょーか?PPがしゃべらなくても、これで説明できるかなーと。

> 「私が悪かった」が何をさしているかがわかりません・・・・

シークレットキーパーの人選に関することのように思えるけど、難しいねー。もう少し考えます。
Posted by さるお at 2007年02月27日 01:05
スマイルさん

> さるおさんはマートルの素性はどう思ってますか?

花の名前でマグル生まれ。リリー的です。ですが・・・わからないことだらけだな。彼女、どの寮だったか知ってますか?
今のところヒントがあるとすれば、女神ミネルバが愛した"Myrsinel"というところだね。グリフィンドール生だったのかな?
Posted by さるお at 2007年02月27日 01:11
sinobu mさん

>> 私がすべていけないんだ。どうかやめてー。私が間違ってた、やめてー。もう二度としないから
> って、誰に向けた言葉なんでしょうか???

これはさるお的最大の謎のひとつです。DDは自分で言ってるよね、「自分は間違いを犯す、けっこうでっかいやつ」って。これは超重要事項だよなー。間違いの内容がすごく大事で、誰宛の言葉かというのはタネ明かしっすよね。うーん、もう少し考えます。
Posted by さるお at 2007年02月27日 01:16
マーガレットさん

> 私の親分は子分を連れ歩くものという思い込みの激しさ故です。

"I trust that you also noticed that Tom Riddle was already highly self-sufficient, secretive, and, apparently, friendless? He did not want help or companionship on his trip to Diagon Alley. He preferred to operate alone. The adult Voldemort is the same. You will hear many of his Death Eaters claiming that they are in his confidence, that they alone are close to him, even understand him. They are deluded. Lord Voldemort has never had a friend, nor do I believe that he has ever wanted one."
ヴォルディはコドモんころからひとりです。友達はいない。だから自分のことは自分でやる。たすけは要らない、そのほうがいいと思ってます。"はじめてのダイアゴン横丁"もひとり。オトナになってもそれは変わっていない。
DDがそう言ってます。
DEのよい子たちはつるんでますが(笑)。
Posted by さるお at 2007年02月28日 00:04
さるおさん、噛み砕いて説明してくださってありがとうございます!!!!
やっと理解できました。

>> 私がすべていけないんだ。どうかやめてー。私が間違ってた、やめてー。もう二度としないから。

に関しては、ハリーの人生に関することなのか、それともそれ以前のこと(グリンデルバルド・ヴォルデモート)なのか、まったく別の人にかかわることなのかが気になっています。7巻でこれが明らかにならなかったら・・困ります。
Posted by sch at 2007年02月28日 23:07
「花の名前」こんなにあるんですか〜
パドマ・パチルって蓮の花のことなんですか? そういえばGOFの映画に出てきたパチル姉妹インド系でしたねー。うんうん、それで蓮かぁ、そうかそうか(一人納得)

パドマってGOFではロンのパートナーですよね、一応(微苦笑)
ラベンダーはロンのfirst love(これも一応・苦笑)

パンジーはドラコのGF, フラーは「王室の花」でビルのフィアンセ。
あら? 別の意味でつながりを感じる(爆)
ポッピー・ポンフリー先生の「芥子」はお薬作りの必須アイテムですよね、多分(笑)
フィッグおばあさんのほうは、微妙に綴りが違いますが、Fig が「無花果」。いちじくは字のとおり花がどこにあるのかよく分からない果物だそうです。何か彼女のことをなんとなくあらわしているようないないような・・・

Posted by ニンフ at 2007年03月01日 09:49
>ヴォルディはコドモんころからひとりです。友達はいない。だから自分のことは自分でやる。たすけは要らない、そのほうがいいと思ってます。"はじめてのダイアゴン横丁"もひとり。オトナになってもそれは変わっていない

そうでしたね。何でこんな重要な事をスルーしちゃうんだろう。私も”頭ここにあらず”ですね(笑)



Posted by マーガレット at 2007年03月01日 21:49
素朴な疑問なんですが、、、。
透明マントはどこまで有効なのでしょうか?
DDやネコには通用しないんですよね?
Posted by hina at 2007年03月02日 21:15
schさん

> ハリーの人生に関することなのか、それともそれ以前のこと(グリンデルバルド・ヴォルデモート)なのか、まったく別の人にかかわることなのか

さるおも気になるー。
グリンデルバルドvs.ヴォルディ時代のことの可能性はあるね。グリンデルバルドは年代でも人物像でも、マグル界のヒトラー。おそらく不条理な"粛清"を繰り返していたはずで、グリンデルバルドの周囲にはむごたらしい悲劇がたくさんあった。ならばDDはその時代の何かを見たのかもしれんです。
さるおはヴォルディ・グリンデルバルド会談があったかもしれないと思っているので、結局ヴォルディまでつながっているできごとなんだろうなと思います。
Posted by さるお at 2007年03月05日 19:54
ニンフさん
パドマ・パチル、在英インド人(映画)、蓮の花。キレイだねー。
ポピー・ポンフリー、調剤、芥子。これもキレイ。
アラベラ・フィッグ、スクイブ、花がどこにあるのかよく分からない無花果。またまたキレイ。

> あら? 別の意味でつながりを感じる(爆)

これは何?
Posted by さるお at 2007年03月05日 19:59
マーガレットさん
出たぁーっ!”頭ここにあらず”。
わろたわろた。腹痛ぇ。
嬉しいです。なんかしらんけど、感動です。
Posted by さるお at 2007年03月05日 20:01
hinaさん
極東に生息する草食動物の皮でできているという透明マント(笑)が効かないのは、DDと、マッドアイの変な目と、ミセス・ノリスと、ディメンター。それだけじゃないかな。
Posted by さるお at 2007年03月05日 20:12
またまた失礼します、マートルはレイブンクローです。
ローリングさんが公式HPの質問で答えてました。
ではでは、失礼します〜。
Posted by may at 2007年07月24日 18:21
mayさん
そうだったね。マートルはレイヴンクロウ生でした。ありがとーう。
頭いい子なんだろうなぁ。
Posted by さるお at 2007年07月24日 22:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。