2007年03月13日

さるおのハリポタ辞典[場所] Godric's Hollow

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、Godric's Hollow(ゴドリックのくぼみ)を紹介します。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。(究極の重要ネタばれ個所は反転色にしてあります。)ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

【紹介】
Godric's Hollow
ジェームズとリリーが、ハリーを連れて、最後に隠れ住んだ場所、ゴドリックの谷。ジェームズとリリーが殺害され、ハリーが額に稲妻型の傷を負った場所です。
ポッター家が代々住んだ家だったかもしれないし、あるいはいにしえの賢者ゴドリック・グリフィンドールが住んだ場所だったかもしれない。そしてヴォルディがHorcruxししようとした物があったかもしれず、今はHorcruxのうちのひとつがそこにあるかもしれません。
『HBP』の終わりにハリーは、この村と、両親のお墓を訪ねる決意をします。

【名前の意味】
"Godric's Hollow"はもちろん"Godric Gryffindor"の谷(くぼみ)です。

【場所】
1981年ハロウィンの翌日、ハグリッドはGodric's Hollowで生き残ったハリーを救出すると、シリウス・ブラックの空飛ぶモーターバイクを借りて、サリー州(ダーズリー家)まで飛んできます。
どこを飛んできたか?
ブリストル(Bristol)上空です。
ブリストルはイングランドとウェールズの境目あたりね。東に跳べばサリー州(イングランド)です。ということは、Godric's Hollowはウェールズじゃないかな。サウス・グロスターシアだとか、ウィンターボーンだとか、よくわかんないけど、そのへん。

【その他】
ちなみに、ホグワーツはスコットランドにあります。もし、さるおが書いたように、ホグワーツが"中心"であるならば、ウェールズのGodric's Hollowは"南の広い谷"ということになります!
ついでに、Golden Snitchを発明したBowman Wrightはゴドリックの谷に住んでた人らしいYO!

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして。いつもブログ楽しみにしています。GGって荒野から来たんですよね?そいでRRが谷出身で…。アイテムの通り出身地も交換(?)してると思ったのにHHとはどーゆーこと?まさか三人がグルになってSSを仲間外れにしてたとかだったら嫌ですよ!(妄想がいきすぎ)
Posted by スズキユウヤ at 2007年03月14日 17:33
スズキユウヤさん
はじめましてー!来てくれてありがとうでござるー。

> まさか三人がグルになってSSを仲間外れにしてたとかだったら嫌ですよ!(妄想がいきすぎ)

たしかに、GGはRRとHHに補われて(補い合って)ます。仲間外れというよりも、SSが足りないんじゃないかと思ったの。たぶんRRやHHやSSも、それぞれに"1つ"足りない状況かもしれません。
もう1パターンの交換会をやって(GGとSS、RRとHH)、ハリポタの世界は完結するのかなーと。
いや、残ってるのはGGとSSの交換会だけかな。そしてそれは既に、ハリーとヴォルディの間で、始まっている(あるいは運命づけられている)のかもしれないなぁと思います。どうかな?
Posted by さるお at 2007年03月16日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。