2005年05月14日

さるお発 映画『SAW』完全解読マニュアル 3 本編[後半]

さるおです。
ネタばれ記事です。ネタばれコメントも大歓迎です。これから映画をご覧になる方はコメント欄にも気をつけてねー。

まだ映画『SAW』を観ていない方はまえがきからお読みください。

模型【マネキン工場】
バスルームの模型、ダンボール製で、夏休みの宿題みたーい。この模型の中にいるのは、ローレンスと死体(ジグソウ)、アダムは見えるような見えないような、微妙なカメラワーク。
よく見れば、袖口のような裾のような、白っぽい何ものかが見えるんだけど、んま〜、例えば、アダムは見えなくても困らない。客席にあなた自身がいるから。

赤い布に覆われた物【マネキン工場】
模型、くるくるほっぺのお人形(Billy)、ブタの顔のマスク、被験者ジェフ。

具合が悪そうだ【マネキン工場】
マネキン工場に帰ってきたジグソウ、なんだか具合が悪そうです。歩き方がおかしい。病気のせいなんでしょう。しんどい。

ジェフの頭にドリルで穴が(日付不明)【マネキン工場】
I'll need more powerful tranquilizers next time.
今も鎮静剤を使っていて、"次回はもっと強い他の鎮静剤"が手に入るのか。調達先はゼップの職場だね。
やっているのは実験。ということはローレンスの頭にドリルで穴を空ける"プランB"もあったのかな。
シン刑事の発砲で"ドリル部分"は外れ、装置は停止。ということは救出されてるはずだね。

【Yes, I'm sick, officer. Sick from the disease eating away at me inside.】
この"sick"は2つの意味がある。ビョーキと病気。体の中は病魔に冒されているのだ。そして、この言葉は下水処理場のバスルームへとつながる。

シン刑事殉職【マネキン工場】
トラップの手前からジグソウを撃ったシン刑事、ジグソウがトラップを迂回して通路に現れたことに気づけばよかった!
ところで死んだふりのジグソウ、倒れたポーズ(足の置き方)がバスルームの死体とそっくりだな。

夜光塗料【バスルーム】
ローレンスの妻子が拉致られている様子を映したポラロイド写真の裏に書いてある"目を閉じた方が見える"(SOMETIMES YOU SEE MORE WITH YOUR EYES CLOSED.)というヒントから、明かりを消すことを思いついたアダム。

宝の箱【バスルーム】
着信専用の携帯電話とタバコとライター、ジグソウからゴードン医師への"SHHH, DOCTOR"(秘密のメモ)が入っている。タバコはよく見ると4本に見えるんだよ。

ブタ男【駐車場】
「仕事が終わって」と言っているが、病院の駐車場ではない。言葉を濁しているだけで、"安ホテル"の駐車場である。人の気配がして、アダムに写真を撮られる。備え付けの電話はつながらない。
ここでローレンスのクルマの後部座席から這って出てくる気持ち悪い人影は、ブタをかぶったジグソウである。病気の人がそんな作業できるわけないからあれは共犯者だ、という指摘もあるだろうが、のろのろと這い回っている様子はジグソウであっていいんじゃないかと思う。

ポラロイド写真【バスルーム】
妻子が拉致られている様子を見た瞬間から、だんだんとローレンスはまじギレ状態に突入。ここからは、冷静だったローレンスとキレ気味だったアダムがしだいに入れ替わっていく心理描写がいいね。

お芝居【バスルーム】
4本のタバコのうち2本とライターはすでに箱から床に放り出されている。ローレンスの提案で毒殺されるふりをするアダムに渡すのは、箱に残った2本のうちの、血がついていない1本。
ここで電流を流すのは、ヒソヒソ話が聞こえていたジグソウ。

【アダムの部屋】
盗撮写真家アダムの家には暗室がある。吊るされているのはゴードンの写真。ここで居眠りぶっこくアダム、ジグソウが侵入している以上、眠らされたと考えるのが妥当かもしんない。眠り薬(たぶん気体。んじゃブタマスクはフィルター付きか)はやはりゼップ君にもらった病院のものでしょう。
目が覚めると真っ暗で、電気もつかないし懐中電灯もつかない。しかたがないのでカメラのフラッシュをたきながら歩き回るアダム君。最高のシーンだ!
例のくるくるほっぺ(Billy)を見つけて叩き壊してしまうのは、突然聞こえたけたたましい笑い声をひたすら止めようとする行動。
ここでアダムが言う「What!」という言葉の意味は、言い方でわかるが、「何でオイラが!」ではなく「なんなんだよ!」と素直にとらえていいと思う。
クロゼットから出てくる2度目のブタ君はジグソウ。これもご本人っぽくに見えるね。

着信【バスルーム】
Don't believe Adam's lies. He knows you. He knew all about your book work today.
アダムの嘘を信じちゃだめよ、すっとぼけていても、ほんとはあんたのこと知ってんのよー!という意味だ。

浮気発覚【バスルーム】
「嘘つきはどっちだべさ!」と怒って、ローレンスに写真を投げるアダム。
I've been taking pictures of you a few days now. Last night I went to your house and watched you leave. I followed you. All the way to that shit-bag hotel.
もう何日間かあんたの写真を撮り続けてる。昨日の夜おまえんち行ったら出かけるとこで、あの安ホテルまでずっと尾行したんだ。
I found them in there with the hacksaws. I don't know how they got there.
写真はのこぎりの入っていた袋の中にあったんだから、ジグソウが準備したものである。
そうか!ジグソウとアダムは通じていた!共犯だ!などとうっかりしてはいけない。思い出さなければいけないのは、アダムの家にジグソウは忍び込めるということだ。写真なんて盗んでくりゃええの。

浮気現場【安ホテル】
『SHOW ME』と密会している安ホテルの部屋にかかってくる電話、ジグソウからだと思っている人が多いと思うが、タップ刑事である。
ノドを切られているので声が出ず、ジグソウの声と似ているところが芸が細かい。しかし、言いたいことをまず言って、間を置いて、アクセントをつけて"doctor"と続ける"話し方の癖"はタップ刑事のものである。
"I know what you're doing, doctor."
ジグソウならば"Dr. Gordon"と言うはずで、タップ刑事だから"doctor"である。
タップ刑事はローレンスの尾行をアダムに依頼しているんだからのローレンスの居場所は知っていてあたりまえ。

アダムの雇い主
タップ刑事、免職されても1晩25,000円ぐらい払っている。どこから金が沸いてくるのか知らんが、執念に取り憑かれて常軌を逸しているのは、この映画の中でただひとり、タップ刑事なんだよね。

タバコは何本あるか【バスルーム】
ジグソウが準備したタバコは4本。寝転がったローレンスの前に転がっている2本は、すでにローレンスが自分で無造作に転がしといた2本である。箱に中には2本あったが"アダムとのお芝居"に1本使ったので、残りの1本(血付き)。本数は合ってるよね。

ゼップの写真発見【バスルーム】
アダムがローレンスに投げた写真の中にゼップが写っているものを発見。ローレンスは犯人がゼップだと確信する。
Hey, was there someone else at your house last night, besides your wife and daughter?
昨夜、あんたの奥さんとガキと一緒に、誰か他のやつが家にいたんか?という質問である。
アダムはこのシーンで初めてこの写真の存在に気づいている。
さて、この写真は誰が撮ったか?
I followed you. All the way to that shit-bag hotel.
安ホテルまで尾行して、"意外と早く出てきたじゃんよ〜、何やってたんだよ〜"と思いながら駐車場でローレンスの写真を撮っているアダム。いつホテルから出てくるかわかんないんだから、ずっと張り込んでいたはずだ。
ローレンスはクルマで移動しているので、アダムもクルマで移動しているはず。タクシーでもかまわないが、その場合は「前のクルマ追ってください」なんつって、ぴたりと尾けていたはずである。でないと"安ホテル"に行く手前で見失っちゃう。シゴトで尾行してるんだから帰り道だって同じようにするはず。ローレンスが寄り道しないともかぎらないのに、まるで別行動で再びゴードン家に行ったんじゃ、プロのシゴトとは言えないぞ。これはおかしい。
ローレンスが拉致られる瞬間を見ていないアダムがローレンスを見失ったと勘違いして、後追いゴードン家に再び戻ったのなら、ちゃんとターゲットを確認して撮るか、逆にもっとわかりにくい写真になるはずのような気がする。
もっと望遠レンズを活用してして"はっきり顔がわかる写真"を撮るのがプロの仕事なのに、窓越しでやや遠目からのあの写真。そもそもちゃんと尾けていればローレンスの帰宅の瞬間が撮れるはずだったのだ。ガラス越しじゃなくて、玄関を開ける写真の方がいいもんな。
ということは、別の誰かが撮ったものではないのか?写真って写真家じゃなくても撮れるんだもん。ジグソウだって撮れるんだもん。
"自分の"昨夜のできごとをすっかり思い出したアダム、お金になる大事な写真を暗室で現像しておいて「誰じゃこりゃ?」ってこともない。少なくとも、現像したのは他の人物でしょう。時間的に、第三者の手を借りている余裕はないので、現像した人=この1枚を紛れ込ませた人、という解釈が自然だと思う。
ならばなぜ、このゼップが写った1枚も"昨夜"のものだとアダムは言ったのか?とつっこむ人がいるだろう。
アダムは今、ローレンス尾行のシゴトしかしていないから、である。"ここ数日"1晩200ドルで雇われているんだから、他のシゴトの掛け持ちはできない。写真家なんだから撮る枚数は少なくないはずで、必然的に、暗室には"今のシゴト"の写真がぶらさがっている。依頼主は、日々刻々とドクターを追いつめているつもりのタップ刑事だ。3日で600ドルではなく1晩200ドルということは、毎日タップ刑事に写真を渡していたのかもしれなくて、ジグソウがアダムの部屋に侵入した昨夜アダムの暗室にぶらさげてあったのは、昨夜の写真だけだった、と考えてもいいかもだ。断言はできないけど。
ところでジグソウ本人なら、拉致ったローレンスが寝ている間にゴードン家に行く用事もある。ゼップのシゴトをチェックしにね。
ということで話が戻るが、誰がマークの写真を撮ったか。ここは、写真家だからってアダムとはかぎらない、ということでジグソウでもいいかなぁ。

やるべきこと【ゴードン家】
時間は6時。冒頭のローレンスへの"PLAY ME"と、ラストシーンでゼップの"PLAY ME"をアダムが再生したのを聞いてわかるように"6時までにローレンスがアダムを殺さなければ妻子を殺っておしまい!あらほらさっさー!" である。

もう1つのやるべきこと【ゴードン家】
ゼップへの指令には続きがある。"6時までにローレンスがアダムを殺さなければ、妻子もけっこうだがローレンスもあらほらさっさー!"という命令である。
女子2人に逃げられた後のゼップのセリフ"I'm gonna kill your husband now, Mrs. Gordon."はよく聞くとぞっとするぞ。さるおはここがいちばん好き!
"Mrs. Gordon!(語尾を上げて)Diana!(語尾を上げて)"と叫んだ後に続くセリフだ。"I'm gonna kill your husband now, Mrs. Gordon!"も文の最後を(疑問文で問いかけるときのように)しり上がりに上げて、聞かせるように、聞こえるように、声をはりあげて叫ぶかと思い気や・・・下がっている?下がりすぎ?セップ君よ、風邪でも引いたか、それはいったい誰の声なんだ?
最後の言葉"Mrs. Gordon"、なんとジグソウの声だべよーっ!
つまり、ジグソウがテープに吹き込みゼップに指示した内容は、Will you murder a mother and her child to save yourself?で終わってはいないのだ。Listen carefully, if you will. There are rules...の先に、「ゴードン医師もあらほらさっさー!」が続いている。
"kill your husband"はゼップの思いつきではない。ジグソウからの命令。そのことの暗示なんである。細けーな。

【カーチェイス】激闘だ!

感電【バスルーム】
これで完全にキレちゃったね、先生。

バスルームへ【下水処理場】
未処理下水の階がバスルームのある階。地下1階とか2階とか、そんなに深くはないけど、ハシゴを降りている。

逃げる方法【バスルーム】
There must be a way out of this.
電話が鳴っているのに放り投げてしまって手が届かないローレンスに「おちつけ、逃げる方法はある」とアダムが言う。
落ちついたらわかったぞ(笑)、逃げる方法が。というわけでクライマックス。のこぎりでギコギコと自分の足を切断する。
Lawrence, I have a family too. I don't see them, that's my mistake, it's a mistake I'd like to fix.
おいらにも家族がいるんだ。会ってなくて、それは、直したい過ちなんだ。
意味は、"ローレンス、キミだけじゃなくて、僕にも家族に対してしてしまった申し訳ないことってあるんだよ。できることならやりなおしたい(なかったことにしたい)過ちってあるんだよ〜"って感じだと思う。

タップ刑事殉職【バスルームへの途中】
ゼップに撃たれて死亡。

アダム負傷【バスルーム】
足を切断し終わったローレンスがアダムを撃つ。

警察出動【誰んちだろう?】
アリソンとダイアナちゃんがついに保護された。「だいじょぶだぞ、心配すんな」みたいな雰囲気だが、だいじょうぶなのはアリソンとダイアナちゃんであって、ダンナは全然だいじょうぶじゃない。"I've called the police."まだ通報したばっかりじゃねーの?

アダム復活【バスルーム】
ゼップがやってきてアダムが死んでいるのを確かめる。ちょっと遅れたが、ローレンスが命令を実行したのを知ってちょっと躊躇してるね。でも時間はきっちり守らないと守ったことにはならないな、ということでローレンスを撃とうとするが、復活したアダムに逆襲にあってあえなく死亡。

ローレンスは顔面蒼白【バスルーム】
足を切断し終わったローレンスがアダムを残し、バスルームから出て行く。

死体復活【バスルーム】
中央の死体が起き上がる。それを見ているアダムは「カギはどこよ?」なんて聞けずに始終びっくらこけている。観ているこっちもびっくらこけている。
直前にアダムがゼップの死体を漁って「カギ・・・カギ・・・」と言っていたのを受けて、起き上がったジグソウが勝手に答えている。気が利くな。
The key to that chain is in the bath tab.

叫んだ言葉【バスルームが元の暗闇へ】
出て行くジグソウにアダムが叫ぶ。"Don't! Don't! Don't!"
@@@

心ゆくまでさるお、もんち!
この記事へのコメント
さるおさん、ここにいっぺんに書いてもいいですかー?
前半ばっかり埋まっていて後半にレスがないようだからね、こちらに書いてみます。

実は、SAWを借りてきて観てみました。
はっきりいって、恐る恐る見ました。だってホラーって苦手なもんだから。(苦笑)
最初はSAWについての記事が目に付いても、私には関係ないな。。って思ってたんだけどね。
それでも、そんなにお勧めかい!?というほどさるおさんSAW2について
太鼓判みたいにいくつも記事を書いているから、ついにつられて借りてきて観てみようと思ってしまってね。でも、こんなホラー系を見ることはめったにないんだ。

でもやっぱ、さるおさんのおっしゃるように、脳内拷問でしたわ。
それでね、あまりに耐えられなくて目をそらしながら観ました。
途中、わたしにはこういうシーンはちょっとなあ。。
うわっ、これがおもしろいかー?!血なまぐさいし、キモこわー。観るのもうよそうかな。。
など思いながら観てたんですが、最後は、ついに目が離せなくなって、死体が起き上がったところはほんと、びっくり、唖然としてしまって、そんで、また続きはどうなるのか・・・
あのアダムさんはどうなってしまうのか・・・という風に、気になってしょーがないということがよおく、わかりました。(笑) 

それにしても、SHOW MEまさによく似ているね。わたしも森川由香里と中山美穂を足して2で割ったような顔だと思って観ていました。

それに、さるおさん、聖書と照らし合わせるところなんかがまた読みが深いよねー。
宗教がかっていると考えるところが普通思いつかないと思ってしまうんだけど、
あっちの映画って、だいたいはそういうもんなの?
しかし、さるおさんの記事のほうが映画を観ているよりおもしろいよ。
なにしろ怖くはないしね。もう一回見るくらいだったら、こうやって読んだ方がいいです。
また、さるおさんは宣伝の仕方が実にうまいと思う。
なんてったって、普段観ない人間を、こうやって観てみるかという気にさせるんだからね。
まさか、わたしがホラー系を見ることになるとは自分でも思ってもみんかったんだから。

でも、スターウォーズのようにははまってはいないからね。(笑)
一回観ればいいですわ。要するに、なんかサブリミナル的な映像を観たくないんだと思う。
よくわからなかった(目をそらしながらだったから。)シーンをさるおさんの記事で確認しましたが、そのほうがおもしろかったし、詳しく説明されているのでよくわかりました。(←邪道っていわないでね。)

でも怖い反面、正直言ってまた続きはどうなるのかと思いますねー、これは。(笑)
そこの微妙な矛盾が生ずるわけですけども、続きはどうなるんだろう?と言う気持ちは、こんな怖がりの私にもありますよ。どおりでみんなが、期待しているわけですね。
たぶん、続きSAW2も一回観りゃいいけどね。っていうか、もうネタバレを読んじゃったりして。(笑)  私の場合は、映画を見てもう一度見るくらいなら、さるおさんの記事で確認したほうが身のためだ。(←そうとう怖がりです)
さるおさん的には、何度も細かいところを見なきゃおもしろくないよとおっしゃることでしょうが。
しかし、何でそんなに予想が出来るの?想像力が本当に豊かなんですねー。
いやはやすごいなーと思って。私は何にも思い浮かばないんだもんね。(想像力なさすぎ)
せっかくだから、感想のレス書こうと思って書いたんだけど、うまく短くまとめることができないね。またしても、記事並みのレスになってしまってごめんなさい!
Posted by micchy at 2005年10月30日 11:25
micchyさん
観ちゃったかーっ!怖かったよね?だいじょうぶ?
夢に出てくるよ、くるくるほっぺの子、ほんでゲームに参加!(←怖がらせてどーする!)

> 脳内拷問でしたわ。

うん。痛いよね。
さるおは、SHOW MEさえ目視で確認していただければ文句はないです(笑)。

> あっちの映画って、だいたいはそういうもんなの?

多いと思う。宗教がかるも何も、そーゆー文化なんだよね、きっと。さるおは"宗教がかる"っていうのはものすごく苦手なんだけど、文化としてできるだけ理解しつつ映画を観ると、味付けが濃くなる感じで一層楽しめる、とは思います。

> もうネタバレを読んじゃったりして。

読んじゃったの?さるおにはまだ言わないでー。
Posted by さるお at 2005年10月31日 00:19
>怖かったよね?だいじょうぶ?
>夢に出てくるよ、くるくるほっぺの子

くるくるほっぺの子は、さすがに夢には出てきませんでしたから、大丈夫!
思ったよりトラウマにはならなかったです。
夢に出てきたのは、全然関係のないきれいな庭でしたから。
しかし、自分としては冒険しすぎたかな。
これから苦手なものには首を突っ込まないように気をつけます。心配かけてすみません。

>さるおは"宗教がかる"っていうのはものすごく苦手なんだけど

わたしも宗教は好きじゃないというか、宗教団体というものが嫌いでーす。
ただ、個人的に信仰することや、個人で宗教的なことを研究したり学ぶことは悪くはないと思っていますよ。

>読んじゃったの?

読んでない、読んでない。
読むんだったら、みんなが観終ったころ読んでみると思います。
つい口がすべってネタバレしてしまうといけないもんねー(笑)
Posted by micchy at 2005年10月31日 20:51
micchyさん
さるお、『SAW 2』観てきました。
前作同様、1回観ただけだといろいろ疑問が残ります。っちゅーか、こまかいとこまで観ようと思っても追いついてないだけなんだけど(笑)。
さるおは怖くなかった(痛くもなかった)んだけど、他の人の感想読んでるみるとね、多くの人が前作より怖かったって感じてるみたい。だから勧めませーん(笑)。
Posted by さるお at 2005年11月05日 09:46
>こまかいとこまで観ようと思っても追いついてないだけなんだけど(笑)。

またSAW2の研究をしているうちに、いろんな発見とかがあるんでしょうね。
中途半端に一回観て、観たつもりになってはいけないんだね。
怖いだけの映画じゃなくて、さるおさんが救済の映画だとおっしゃっているのを読んでそう思いました。

>さるおは怖くなかった(痛くもなかった)んだけど

さすがー!もう怖いもの無しなんじゃないの?

>だから勧めませーん(笑)。

うん、たぶん怖いから、観ませーん(笑)。
さるおさんのネタバレ記事を読めばもう充分です。
Posted by micchy at 2005年11月06日 08:21
micchyさん

> 中途半端に一回観て、観たつもりになってはいけないんだね。

中途半端はともかく(笑)、基本的には、本来映画は1度観ればいいと思ってます。1度で伝わらないのはある意味作り手の力不足かもしれないなーと。何度も観て味わいが出るってゆーのはいいけれど、何度も観てやっと話がわかるってゆーのはまずい(笑)。
そーゆー意味でね、『SAW』だけはまったくの別もん。観客は"映画を観る"んじゃなくて"ゲームをする"んだよね。つまり『SAW』は映画ではない。ゲームです。

> うん、たぶん怖いから、観ませーん(笑)。

うん。観ないほうがええで(笑)。
Posted by さるお at 2005年11月07日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

SAW(ソウ)
Excerpt: SAW(ソウ) 2004年/アメリカ/103分 製作: アーノルド・コペルソン 監督・原案: ジェイムズ・ワン 原案・脚本・出演: リー・ワネル 老朽化したバスルームに、足を鎖で..
Weblog: MARU'S Blog # 福岡市を基点としたグルメと日英韓国語ひと言講座 #
Tracked: 2005-08-18 22:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。