2007年04月19日

猫にはヒミツが隠されている

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、"ごく小さなヒント"に思えるJoのひとことについて考えてみます。
が、訳本を読んでいないので日本語訳がたまにヘンだYO!
基本的にはネタばれエントリーなのでご注意ください。ネタばれコメントも大歓迎なので、そっちも気をつけてね。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

She had a bossy sort of voice, lots of bushy brown hair and rather large front teeth.(『PS』)
ハーは、気合い入れれば美しいですが、普段はおしゃれに無頓着なタイプで、ぼさぼさした茶髪をしてます。髪の量も多い。魔法薬の授業でお釜から湯気がぶわぁーっとなってると、彼女の髪もぶわぁーっと大変なことになっている。
"a bottle-brush tail"を持つ"ginger fur"のハーのペット、クルックシャンクス(Crookshanks)、雰囲気がよく似てます。『PoA』ではクルックシャンクスの毛は"long"だとも書かれているので、ますます似てます。性格もね、曲がったことは大嫌い、いかにも気が合いそうだ。
そしてもうひとり、"short bandy legs"(短いがに股の脚)と"long, straggly ginger hair"(長くてばらばらの赤毛)を持っている、つまりクルックシャンクスによりそっくりな人といえばマンダンガス・フレッチャー(Mundungus Fletcher)!(『OotP』)
Joは、クルックシャンクスはアニメーガス(Animagus)ではないと言ってるし、マンダンガスって曲がったこともそんなに嫌いじゃなさそう(笑)。だけど単なる偶然なのか?

そうそう、猫と言えばフィルチさん(Argus Filch)とフィグおばさん(Arabella Figg)、ふたりとも、まるで猫の言葉がわかるようです。猫大好きなこのふたりの共通点は、イニシャルがA.F.のスクイブです。これも単なる偶然なのか?

ハーの猫クルックシャンクスは、ロンのペット"スキャバーズ(Scabbers)"の正体を誰よりも早く見抜きました。黒犬がシリウス(Sirius Black)であることにも、出会った瞬間に気づいている。シリウスとはぜんぜん普通に会話してるしな。
フィルチさんの猫ミセス・ノリス(Mrs. Norris)は、生徒がコソコソしているのを嗅ぎつけるように現れ、invisibility cloakを通して隠れているモノが見えているようだし、『CoS』でバジリスクの被害者になったのだって、そもそもどーしてそこにいたのか、異変に気付いて調べてたんじゃないかとも思えます。
フィグさんの猫ミスター・ティブルズ(Mr. Tibbles)も、ハリーとダドリーがディメンターに襲われたとき、それを飼い主に知らせています。
ハリポタに登場する猫さんたちは鋭いなー。見抜くのがうまい。もしかしたらルックシャンクスだけじゃなく、あとの2匹もpart-Kneazleなのかもしれません。

質問者:Is there something more to the cats appearing in the books than first meets the eye?
Joの答え:Ooooo, another good question. Let's see what I can tell you without giving anything away....erm....no, can't do it, sorry.
さるお訳:「猫って見た目以上のものがある?」「ぐわぁーっ、いい質問。ヒミツだなー、答えらんない」
これは2000年10月のScholastic Chatでの質疑応答です。

そっか、どの猫かわかんないけど、『DH』で活躍するんだな。ただの猫だと思うなよ、と、そーゆーことですよね。
クルックシャンクスか、ミセス・ノリスか、ミスター・ティブルズかが、何かをいち早く見抜くんですね。
!!!
いやいや、もうひとりいました、賢い猫が。銀色の虎猫(a silver tabby cat)のマクゴナガルさん(Minerva McGonagall)

もしも、マクゴナガルさんが猫のままで話したら、理解できるのはスクイブ(squib)だけだったりして。
もしも、クルックシャンクスかミセス・ノリスかフィグおばさんの猫が何かを見抜いて話したら、猫のままのマクゴナガルさんには理解できたりして。

心ゆくまでさるお、もんち!


posted by さるお at 08:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ハリー・ポッター大辞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
魔女と(黒)猫って、一緒に描かれているイメージが強いです
(フィルチは男だけど・・・笑)

>いやいや、もうひとりいました、賢い猫が。銀色の虎猫(a silver tabby cat)のマクゴナガルさん(Minerva McGonagall)!

 マクゴナガルが魔法生物を率いて大活躍!!
可愛いかも・・・・笑
Posted by sinobu m at 2007年04月19日 17:31
sinobu mさん

> マクゴナガルが魔法生物を率いて大活躍!!

小さいトラ猫を先頭に、ゴブリンも、ヴィーラも、ドラゴンも、ヒポグリフもついて行く。もう、アラゴグの子らまで。マーピープルもグリンデローもこの際陸に上がって。不死鳥もケンタウロスもユニコーンもスフィンクスも、みんなトラ猫が従えてしまうという、ライオンキングのポスターかと思うような壮大な名場面を、アレですよね、期待しますよね。もちろんルーピンさんも。あ、フラッフィーも入れて迫力出そう。
Posted by さるお at 2007年04月21日 10:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。