2007年07月24日

さるおのハリポタツアー Harry Potter and the Deathly Hallows Chapter 2 (2)

さるおです。
スーパーポッタリアンなので、愛を込めて、さるおのハリポタツアーは第2章の続きです。
『DH』の完全ネタバレです。コメント欄も含めて、すごーくご注意ください。
ハリポタ辞典のもくじはこちらです。

新聞に掲載されたダンブルドアの写真。半月めがねの向こうの見慣れた瞳は、いつものようにハリーの心を見透かしているようです。
記事を読んでハリーは思います、ぼくは校長先生のことをぜんぜん知らなかったんだ。ふたりはいつでもハリーについて話していた。ハリーの過去、ハリーの未来、ハリーがしようとしていること、そればかり話していた。ハリーがダンブルドアに訪ねた唯一のプライベートな質問はこれだけです。
What do you see when you look in the mirror?
I? I see myself holding a pair of thick, woolen socks.

先生が鏡を見ると何が見えるのー?
私?私には自分が厚いウールの靴下を持ってるのが見えるよ。

ハリーはその新聞をたたんで『Practical Defensive Magic and Its Use Against the Dark Arts』の第1巻に挟みます。そして残りの新聞に目を通していきます。
すると次に目についたのは『DUMBLEDORE - THE TRUTH AT LAST』という、あのリタ・スキーターのインタビュー記事です。
なんと彼女は"The Life and Lies of Albus Dumbledore"(アルバス・ダンブルドアの生涯と嘘)というスキャンダラスな伝記本を発売するらしい。
エルファイアス・ドージさんがその伝記について「チョコレートフロッグのおまけカードより嘘だらけ」と評価したことについて、リタは、「マーピープルについて彼に取材したことあるけど、彼ってほんとおめでたいのよねー!」なんつって、自分の本のほうがすごいんだと自慢しているようです。

女史曰く、
私のほうが取材のプロだしー、みんながダンブルドアのことをよく思ってるわけでもないしー、ジャーナリストだったらたとえ杖と交換でも手に入れたくなるようなすごい情報源を私は持ってるの。ダンブルドアを聖人だと思ってる人もいるけど、彼の若い頃は汚点だらけで、Dark Artsも使ってたのよー。もう死んじゃったからあのだらしないアバフォースのことも黙らせておけないんだし、母親や妹なんて意地悪の巣窟よ、ほんと、おもしろいわー。
ダンブルドアの功績だって嘘だらけ。ドラゴンの血の用途だってIvor Dillonsbyがとっくに8つ発見してて、ダンブルドアが横取りよ。グリンデルバルトに勝ったっつったって、あれは相手が杖の先から鳩を出すくらいのことしかできないヤツだったからだしー。
ポッターと私は今でも連絡とりあってるわ、もう仲良くなったから。ダンブルドアはあの子をえこひいきしてた。ちょっと異常な可愛がりようよね。ポッターは、ダンブルドアを殺したのはスネイプだって言ってるけど、ホグワーツの塔から落ちたんだか、飛び降りたんだか、誰かに背中でも押されたのか・・・まー、読んでのお楽しみね。本買ってちょーだい。

なんじゃこりゃと、怒るハリー。新聞をびりびりにしてくずかごに放り込みます。思わず「嘘つきめー!」と叫んで窓を見ると隣人がびっくりしてこっちを見ている。超イライラ状態のハリーさん、ダンブルドアのことを考えながら鏡の破片を手に取り、ベッドに腰を下ろします。すると・・・
ピカッ!
突然の青く眩しい光。
あたりを見回すけれど、青いモノはありません。いったい何がこの鏡に反射したのか・・・
ハリーは思いました。他の説明なんて思いつかない。そう、たぶん、ダンブルドアのことを考えていたからなんだ。今の光は、もう二度とぼくを見ることのない、あの突き抜けるような明るく青い瞳なんだ。

【メモ】

さて、Ivor Dillonsby(イヴォール・ディロンスビー)さんっちゅーのは、うーんと、よくわかりません。誰かおせーてー。
18章に出てきます。

昆虫女リタ、、ハリーのトランクの底にあった乾燥カブトムシがリタでとうとう目だけんなっちゃったのかと(こわいです)、そう思ってたら無事でした。まさか"人間"として再登場するとは。
ところで、リタはドージさんに、マーピープルについて取材したことがあるんですね。ははーん、なんとなく、ドージさんはマーミッシュができるような気がします。そしてそれは、DDはなぜマーミッシュができるのかと関係ありそうな・・・

心ゆくまでさるお、もんち!


この記事へのコメント
リタってほんとムカつきますよね。懲りない人(虫)です。でも、この記事ってあとで役に立つのかなぁ?ダンブルドアのことだし…それから青い光、ハリー固まってましたね。私はおぉって思いました。シリウスの鏡だし〜一体どんなことに使えるの?早く知りたい〜。
…今回自分で読み切れなくて、さるおさんにおんぶに抱っこしちゃいました〜(^^)あの記事を読み進めるのはかなり辛いです。
それから、さるおさんに聞きたいことあるんですが、さるおさんはどんな読み方してるんですか?実は私、恥ずかしながら声に出して読んでます(小学生の音読状態^^;)。意味がわかってもわからなくても、発音が違っていても、です。どうもその方がイメージしやすくて。わからない単語はあとで調べて、また読む、みたいな感じで、地味〜にやってます。
英文を早く理解するコツってありますか?(そもそも基礎ができてないですが…)
Posted by ピンク at 2007年07月25日 00:19
はじめまして。閑とかいて「しずか」と読みます。(もちろん偽名です。)さるおさんのホームページをはじめて見つけたのは先月か5月かあたりです。本当にここがお気に入りでほぼ毎日来ています。特にここ数日は「死の秘宝」のネタばれが知りたくてたまらない「死の秘宝症候群」ですね。私は恐ろしいほど英語力がないので、英語版が読めません。だから、日本語Ver.が出るまで読めません。けれど、内容が気になりまくり、ネタばれを読んでいます。そしてここの記事はいろいろな人を取り上げていて、特にダンブルドア・ブラザーズの記事を見つけるとキラキラしとります。私はアルバス・ダンブルドアが一番好きなキャラで、アバーフォースは5巻からかなり気になっています。
しかし、第二章の主役はダンブルドアか!?と思われるぐらいダンブルドア。しかもリータ・スキーターとか騎士団のメンバーのドージさんとか記事で出まくりで嬉しい限りです。(でもダンブルドアの生涯と嘘なんて本書かないでほしい)ダンブルドアを侮辱する者のはナイフを持って襲いかかりたいぐらいなので。(それぐらい好きです)そして、7章と18章が気になります。アルバス・ダンブルドアが主役(?)だからです。(とはいってもThe Life and Lies of Albus
Dumbledoreはリータの本の内容なのかもしれませんが、、、。)しかし、リータは何を書くやら。アバーフォースは何をやらかしたのか。気になる事だらけです。そしてダンブルドアの母親と妹の死因を知りたいです。(一体何故死んでしまったのでしょうか、、、?)これからもネタバレ頑張ってください!ハリポタツアー最後までついていきます。
さるおさんの記事ですきなのは、「ダンブルドア・ブラザーズ長生きの理由」と「アバーフォース・ダンブルドアの役割」。独創的で、私は思いつきませんから。
ちゃんと敬語もつかえない馬鹿ですが、よろしくお願いします。
Posted by at 2007年07月25日 08:49
>青く眩しい光

おおおー!!
希望の光に見えてきたぁ〜!!笑
Posted by sinobu m at 2007年07月25日 12:06
さるおさん、こんにちは。

リータがこんなに出てくるなんて想定外です、おまけにえばっちゃってムカー!!
今回もハーがギャフンといわせてくれるのを期待します。あれだけ好き勝手言ったんだから役に立ってもらわなきゃ気が済みません。

Dogeさんの記事といい、リータのインタビューといい、DDが苦労人とは夢にも思いませんでした。神様のように何でも知ってて何でも出来そうだけど、そういう人でも誤解されたり間違いを犯したりしながら乗り越えてきた、生まれながらに聖人ってわけじゃないんだなと初めて分かりました。

鏡のかけらが青く光るなんて!イイことの布石でありますように。

3章昨日読み終わりました、イイ話で涙腺が緩みました。
Posted by みかりん at 2007年07月25日 12:38
はじめまして、anakoguです。
悪戦苦闘して最終巻を読んでいて、よめないところをさるおさんに頼ろうかと思っていたのですが、記事が読めな〜い!!
なんで??空白だらけの記事なんです。
どうしたら読めるようになりますか?
Posted by anakogu at 2007年07月26日 10:43
さるおさん

自分が読んだ時はほんとにおおまかにしか内容を理解できていなかったので、さるおさんの要訳読んで更に「おお〜」て感じです。

それにしてもダンブルドアにはまだまだ知られていないことが多そうですよね。この先が楽しみです!

自分は今やっと第4章まで読みましたけど・・
ほんとに最終巻は内容がダーク過ぎます!
ローリングさんが書き終えて号泣したのも納得です。
Posted by スマイル at 2007年07月26日 15:02
はじめまして。kuroepuといいます。僕もハリーポッターを原書で読もうと挑戦しているものです。とてもたくさんの箇所を参考にさせていただきました。ほんとにおおよそしか理解できていなかった僕もこのブログを読んで理解できたところが多数あります。ありがとうございました。これからもお助け願いますね。僕のブログでも「読書レポート」という形で章ごとの連載企画を書いています。トラックバックをうたせていただきますがよろしくお願いします。
Posted by kurotepu at 2007年08月01日 17:39
ピンクさん
リタはほんと懲りない。さすがっす(笑)。

> シリウスの鏡だし〜一体どんなことに使えるの?

すごく意外なことなんだろうけど・・・

> さるおさんはどんな読み方してるんですか?

まるっきり黙読っす。
ピンクさんは声に出して読んでるのかー。そのほうがいいって習ったよね。

> 意味がわかってもわからなくても、発音が違っていても、です。

それは正しいし素晴らしいと思う。小さいことはいいんだよ、もっと大きな物語の流れの中に入れれば、それでいいんだ。おっしゃるとおり、わからない言葉は辞書に書いてあるもんね。
音読するんだったら棒読みにならないように、セリフなんか演技してるみたいに読んだほうがいいと思うな。1度で読めなかったら何度も読んで、練習してでも感情たっぷりに読んだほうがいいと思う。その方が頭の中に"絵"が浮かんで、絶対楽しく読めると思う。

> 英文を早く理解するコツってありますか?

わかんないけど、やっぱり"動詞"かな。物語を読むわけだから、誰が何をどうしたのかが大事で、"誰が"は名前だからすぐわかるし"何を"も名詞(ハリポタ特有の名詞)だからまぁまぁわかりやすい。困るのは動詞だよね。前後の文章で予測できない動詞だけ調べて読めば、だいじょうぶじゃないかなー。
Posted by さるお at 2007年08月03日 00:15
閑さん
コメントありがとうです。いただいたコメントはすぐに読んでるんですが、閑さんに後からいただいだコメントへのレスが先になっちゃって、なんだか前後しちゃった。
とにかく、はじめましてー。ほぼ毎日来て下さってるなんて、嬉しいっす。どうもありがとうだYO!

> 私はアルバス・ダンブルドアが一番好きなキャラで、

さるおも大好き。心の痛みというものがわかる、とても優しい、すごい人っす。弟さんも気になるねー。

> ダンブルドアを侮辱する者のはナイフを持って襲いかかりたいぐらいなので。

リタがしていることは死者への冒涜だよな。さるおも思ったよ、ちっくしょーって。

> ダンブルドアの母親と妹の死因を知りたいです。

ここは絶対なんかありそうだよね!
ダンブルドア・ブラザーズ長生きの理由ね、彼らはとても特別だと思ったんですが、『DH』を読みはじめたら高齢者が意外と多くて、"魔法使いは長生き"っちゅーことなのかなと、少し思いはじめています。でも、やり残したことのある人は死ねない、死んでも地上を離れられない、ということは自分ができることをやり遂げたら、人生はいったん終わるっちゅーことっすよね。ならば年齢は関係ないのかな、とも思う。

ハリポタツアー最後まで一緒に行こう!よろしくねー。
Posted by さるお at 2007年08月03日 00:25
さるおさん返事ありがとうございます!今気付いた馬鹿で、、、。
さるおさんの返事が貰えてとても嬉しいです。
さるおさんもリータに対して怒ったんですね。というか皆さん怒りますよね。
、、、で、気になるダンブルドア関連事項ですが、ごく一部だけ知ってしまいました!
ああ〜、ヤバイっ。とはいってもアバーフォースが何章ぐらいで出るとか、妹さんの秘密とか、ダンブルドアが昔どこ住んでたかぐらいしか、情報手にいれてませんが、、、。まあ、ハリーがアバーフォースと会話するとわかっただけで、私の心は異常興奮状態です。
私が手にいれた情報の一部は私のブログに書かれていますが。
、、、で死ぬキャラを知ってしまった私。とはいっても「どうして」死ぬのか知ってるキャラはごく一部ですけどね。

あと、私が毎日ここにきている=暇人ですから!

さるおさん、頑張って少しずつネタバレ書いてってください!
Posted by at 2007年08月03日 14:07
sinobu mさん
ハリポタってもー99%の絶望と1%の希望って感じ。
やっぱ『DH』では"杖"がとても重要っすねー。
Posted by さるお at 2007年08月03日 16:42
みかりんさん
リタ、疲れ知らずっす(笑)。腹立つなぁ!

> DDが苦労人とは夢にも思いませんでした。
> 生まれながらに聖人ってわけじゃないんだな

DDが苦労人なのは、よかったなーと思う。苦労して、痛みを知って、そして強くなったDD。人の心の痛みがわかる、優しいDD。重い十字架を背負ってこそ聖人だと思う、それでこそDDっす。

鏡にはこれから驚かされるはずなので、楽しみだなー。
Posted by さるお at 2007年08月03日 16:51
anakoguさん
はじめましてー。

> 記事が読めな〜い!!

まじっすかっ!
えっと、テンプレートが白いから、パッと見では読めないように白い文字で書いてあるんです。で、ドラッグして色を付ければ文字が白抜きになって読めるようにと。だめですか?
Posted by さるお at 2007年08月03日 17:01
スマイルさん
ちょっとはお役に立てて光栄っす。さるおのは『お笑いハリーポッター』だけど(笑)。

> それにしてもダンブルドアにはまだまだ知られていないことが多そうですよね。この先が楽しみです!

彼はこのままじゃ終わらないよね。ぜったい何かある、まだ知らないことが。

> ローリングさんが書き終えて号泣したのも納得です。

書いてる途中でも泣いただろうなぁ。
Posted by さるお at 2007年08月03日 17:23
kurotepuさん
はじめましてー。来てくださってありがとーう。
原書に挑戦、最後まで応援するYO!冒険の終わりまで一緒に行こう。

> 僕のブログでも「読書レポート」という形で章ごとの連載企画を書いています。

わー、面白そうなブログ。レポ、正確だしまとめるのも上手いなぁ。
ところでkurotepuさんはサッカーやってるんすね!カピタンさんなんだな、かっこええ!えっと、サッカーの話もしましょう。すんごくよろしくお願いします。
トラバもありがとうね。
Posted by さるお at 2007年08月03日 17:34
閑さん

> ごく一部だけ知ってしまいました!

なぬーっ!とりあえず詳細は封印していただいて、で、ひとつだけ質問させてください(笑)。
・アバフォースさんはとっても重要っすか?
これはYes-No questionでーす。
Posted by さるお at 2007年08月03日 17:39
ありがとうございます!!!
僕は英語てきとうで大体の意味しか把握してなかったりするんです・・・。
さるおさんの記事をすごく参考にさせていただいてます!
サッカーは中3なんでもうすぐ部活引退なんですが、頑張ってますよ!!!海外のサッカーなんかも好きですが今はオフ・・・。さるおさん、こちらこそよろしくお願いします!!!
Posted by kurotepu at 2007年08月04日 05:54
さるおさん、質問にお答えします!
YesかNoか、、、。
どっちとも言えませんが、Noではないです。(私はダンブルドア・ブラザーズ贔屓なので、Noとは思いません)
けれど、Yesか?といわれると、そこまで重要なのかどうかは判りません。けれど、三人組と関わる事は事実です。
これぐらいしか言えないです。すみません。中途半端な答えで、、、!
私は第12章までの内容をだいたいは知ってしまいました。
全体の話についてはちょびっとかじりました。なんか半端に知っていて、詳細を知らない奴です。
で、アバーフォースの重要度が、きちんと答えられていなくてすみません!
さるおさんがもっと読み進めてたら、アバーフォースについて、書き込みまくります。(でも、アバーフォース登場の章は後半ですから、ずっと後の話ですが)

さるおさん、「急げ」などとは言いませんが、アバーフォース登場にこぎつけたら、大量に書き込みまくってOKですよね!?
否、許可なくとも書き込みます!

では、第6章ネタバレ待ってます!頑張ってください!
Posted by at 2007年08月04日 08:46
kurotepuさん
サッカーね、どこかのクラブのファン?あるいは、どこのリーグが好き?
受験勉強とか大変なのかもしれないっすけど、シーズンはじまったら観るのかな。サッカーのお話も楽しみにしてまーす。
Posted by さるお at 2007年08月08日 09:07
閑さん

> Noではないです。

"とってもビッグな役回り"とまではいかないんすねー。それでも楽しみ。早く会いたいな。

さるおがアバフォースに会ったら、大量に書き込みまくってください。待ってるYO!
Posted by さるお at 2007年08月08日 09:11
はぁーい。特にすごくファンとかはないですが、CLは好きです。前シーズンのCL見てローマのサッカーに感激した僕です。もちろんおととしのバルサにも感激しましたが。バルサは好きですよ。
Posted by kurotepu at 2007年08月08日 15:08
「とってもビッグな役回り」ではないようですが、、、。それでも、登場が待ちどうしいですね。アバーフォースさん映画では5秒も出てくれなかっただけに7巻に期待してます。アバーフォースに早く会いたいとさるおさんも思ってくれてるんですね。良かった、アバーフォースを気にする人が自分以外にいて。返事ちょっと遅れてすみません!
「とってもビッグな役回り」なのは、ダンブルドアな気がします、7巻の。

では、さるおさんネタバレ頑張って下さい!
Posted by at 2007年08月09日 17:03
kurotepuさん
ローマはけっこう攻撃的で、勇気あるフットボールを展開してますねー。さるおも大好き。
バルサからは大好きな"小さいおっさん"がローマに行きました。なので前にも増してガツガツ応援します。
Posted by さるお at 2007年08月10日 17:51
閑さん
アバフォース、映画『DH』では長々と出てくれるかも?

> 「とってもビッグな役回り」なのは、ダンブルドアな気がします、7巻の。

そうだよな、DDがあれで終わりなはずないもんなー。姿を見せてくれるといいんだけど。
Posted by さるお at 2007年08月10日 17:53
ダンブルドアが姿を現すのかどうかですが、私は姿を現すのかどうか知ってます。
でもとりあえず肖像画が喋るとか、墓が出てきたりとか、影でも、いいです。
まあ、筆跡が出てきただけでもうれしいですし。
そして、ダンブルドアの杖を早く見たいです。
Posted by at 2007年08月10日 21:41
閑さん

> 筆跡が出てきただけでもうれしいですし。

わかるわかるー。まだ応援してくれてるぞって思う。
Posted by さるお at 2007年08月11日 16:09
応援してくれてると思うだけでも良いのです。
しかし最近結末をちょびっと中途半端に知ってしまって、モヤモヤしてます。
あと、墓は、、、、。
ああ、言えないです。
で、あとダンブルドアの所有物といえば、憂いの篩はどうなったのでしょう?誰は受け取ったのでしょうか?私かなり欲しいです。
あと、お金がどうなったかも気になるし、フォークスはいつ出てくるんだ〜!とも思っています。さるおさんはどう思いますか?
Posted by at 2007年08月11日 21:35
閑さん
"憂いの篩"ってペンシーブだっけ?さるおもかなりほしいけど、っちゅーかDDの持ち物なら何でもほしいけど、まだ校長室にあるんじゃないかなぁ。

> お金がどうなったかも気になるし、

お金?マネーですか。DDの?
フォークスは必ず出てくると思うけど。ガチンコ対決ならナギニちゃんとやってほしいな。でももちろん、戦うよりもたすけてくれそう、癒しの鳥だもんね。
Posted by さるお at 2007年08月22日 10:15
なるほど。
憂いの篩はまだ校長室にあって、フォークスは助ける為に登場すると。
まだどうなのかわからないですね。
お金はDDのグリンゴッツのお金の事です。
アバーフォースが相続するんでしょうか?

で、私遂にアバーフォース登場の章のネタバレを読んで興奮してしまいました。なかなか興奮が収まらなくて大変です。

さるおさん返事ありがとうございました!
Posted by at 2007年08月24日 15:13
閑さん

> 私遂にアバーフォース登場の章のネタバレを読んで興奮してしまいました。なかなか興奮が収まらなくて大変です。

お気持ちは察しますが、えっと、あまりに思わせぶりすぎて(汗)、えっと、「ネタばれを読んだ」という報告はちょっと待ってください。閑さんがネタばれ大好きなのはとってもよくわかったけど。ごめんよ。
Posted by さるお at 2007年09月10日 20:15
すみません。ネタバレ読んだという報告はやめます。すみません〜。
基本しないようにしているのにしてしまいましたね。アバーフォースの怖さです。ヤバイです、ダンブルドアよりアバーフォースの方が好きになりかけていて(汗)
これからは気をつけてコメントしますっ!
Posted by at 2007年09月13日 13:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[ネタバレ注意]〜第2章〜Harry Potter and the Deathly Hallows
Excerpt: 旅行に出かけていて、少し乗り遅れた感があるこの連載企画ですが、 気を取り直して2章に突入したいと思います。 なお、この企画は即ネタバレにつながるので、 「日本語版で読み...
Weblog: k.now.weblog@WP
Tracked: 2007-08-01 17:41
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。