2005年08月14日

数字に弱い、どころじゃない

さるおです。

一難去って、また泣きっ面に百回くらい蜂にさされる感じ

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 00:51| Comment(8) | TrackBack(0) | ある友人の語録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一難去ってまた百難 + 泣きっ面に蜂 ですか?(笑)
考えただけで痛そうだ。
Posted by micchy at 2005年08月14日 07:39
これはまた、弱り目に祟り目で踏んだり蹴ったりですねぇ(T_T)
Posted by hieco at 2005年08月14日 09:25
「百回、蜂に刺された顔」ってどんなだろう?と真面目に考えさせられました。
K氏は一体、どんな不幸に見舞われていらっしゃるのか、心配で夜も眠れません・・・。(嘘)
Posted by つっきー at 2005年08月14日 09:51
次はどんな不幸に見舞われるのか
ちょっと興味もあり…スミマソ
Posted by chishi at 2005年08月15日 15:30
micchyさん
泣いてる顔面を刺されたのか、刺されたから泣いちゃったのか・・・とにかく相当つらい。その前にすでに"一難"あるし、かわいそうだね。
Posted by さるお at 2005年08月18日 23:01
hiecoさん

> 弱り目に祟り目で踏んだり蹴ったり

わはは!うまい。まさにそんな感じです。弱り目と祟り目を踏んだり蹴ったりされてるね。
Posted by さるお at 2005年08月18日 23:03
つっきーさん

> 「百回、蜂に刺された顔」ってどんなだろう?

見るも無惨、とりあえず、瀕死の重傷です。ショック死寸前。
さるおも、K氏がどんな不幸に見舞われているのか、可笑しくって可笑しくって夜も眠れません。
Posted by さるお at 2005年08月18日 23:05
chishiさん
次なる不幸、本当に楽しみです。あ、違う、心配です。
この友人のおかげで周囲はみんな幸せです。笑いの渦ですから。
Posted by さるお at 2005年08月18日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック