2005年09月06日

映画鑑賞感想文『博士の異常な愛情』

さるおです。
『DR. STRANGELOVE -OR HOW I LEARNED TO STOP WORRYING AND LOVE THE BOMB-/博士の異常な愛情 -または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか-』を観たよ。
長い。映画は長くないがタイトルが長すぎる。
DR. STRANGELOVEは博士の異常な愛情ではないぜ、念のため。名前ですから。ストレンジラブさん。異常な愛情さん。ドイツ人です。名前を英語にしたらこうなったらしい。そんなドイツ名、ほんとにあんのか。

監督・脚本はスタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)。1964年のキューブリックの6作目。
出演はピーター・セラーズ(Peter Sellers)、ジョージ・C・スコット(George C. Scott)

この映画はおもしろい。大きな声で笑ってよろしいアメリカ対ソ連の一風変わったクラシック・コメディ戦争映画。キューブリックらしい棘のある反戦のブラック・ユーモアが徹底して貫かれていてほとんど爽快だぞ。

ソ連ではね、極北の島で"皆殺し核兵器"をつくってる。ある条件がそろうと機械任せでもう人には止めらんない、その単純さが驚異となる最終兵器ね。爆発すると生物はみんな死んじゃうんだって。
ほんで、ちょっと"共産恐怖症"でオカシクなったアメリカの司令官がね、ソ連の核基地を爆撃するぞ、訓練じゃなくて実践だぞっていう"R作戦"の指令を出しちゃうんだけどね、もうイギリス人の副官が止めようとしても聞かない。ほんとは核攻撃の命令は大統領じゃないと出せないんだけど、非常用の命令系統があって、基地の司令官でも命令できるようにしてある状態が"R作戦"。R作戦がはじまったら、爆撃機は暗号しか受けつけないモードになってしまうので、命令撤回も暗号で伝えないと届かないんだけど、暗号を知ってるのはその司令官だけ。困ったことになったぞ。
合衆国大統領とエライ人たちが輪になって座って、ペンタゴンの会議室で焦って会議をやっている。ここに出てくるジョージ・C・スコット演じる超タカ派の将軍と大統領のイヤミ言い合いの攻防戦やら、そこに絡んでくるソ連大使やら、主役であることを突然思い出したかのようにスポットライトがあたる異常な愛情さんやらのドラマが主軸。大統領もソ連と連絡取って、「間違いが起きちゃってもう止めらんないから、そっちで撃ち落としてよ」(もちろん爆撃機には人が乗っています)なんて忙しくがんばっているが、最後の最後まで、迎撃機によって無線を破壊された1機が目標に向かって飛んでっちゃうんだ。
ひとつの小さな間違いが起きたら、あとはみんなで止めても止まらない、核による世界破滅。R作戦を信じて突き進む爆撃機の中でも、ぜんぜん深刻じゃないドラマがあってね、そっちのシーンではいつもあの曲が流れている。ほんで、ついに目標に到達、四苦八苦しながらも核爆弾を投下するシーンは名場面だぞ。

と、ここまで読んでお気づきでしょーが、博士、ぜんぜん主役じゃありません。タイトルを思い出させるほどの存在感を発揮するのは最後の5分くらいね。そーいやマッド・サイエンティストの話だったぞ。

ピーター・セラーズの、副官(英国大佐)、合衆国大統領、博士の1人3役と、ジョージ・C・スコット演じる将軍の超タカ派ぶりが見どころ。

走り出したら止まれない、サッド・エンドの極上コメディでござーい。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 12:26| Comment(2) | TrackBack(4) | 映画の感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおぉ!
これは大好き!最高に面白かった!!!
博士って主役じゃないけど、タイトルになるだけのインパクトはありますよね、ほんと、最後の5分ぐらい(笑
あの奇行(自分の腕ガシガシ殴るとことか)が忘れられないっす。
Posted by k53 at 2005年09月06日 16:08
k53さん
博士、ぜんぜん脇役なんだけど、完全にキレっぱなしのあのスピーチはインパクトありすぎて、やっぱ主役でござる〜。自分の腕ガシガシ殴る奇行ね、気狂ってるけどね、ストレンジラブちゅーだけのことはある(笑)。
温和な大統領と超タカ派の将軍、どっちも最高に好きだぞ!
Posted by さるお at 2005年09月07日 14:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

博士の異常な愛情 Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb (1964)
Excerpt: 100点(DVD)ブラックでシニカル。可笑しさ、異常者の異常加減…すべて完璧。不必要なくどさがないのも好き。シリアスな雰囲気の緊張感ある設定の中すべての会話は、そこはかとなく可笑しい。ペンタゴンの対策..
Weblog: ■よしなしごと■
Tracked: 2005-09-06 16:19

博士の異常な愛情
Excerpt: スタンリー・キューブリック監督作品(1964年) 原題: ”Dr. Strangelove: or How I Learned to Stop Worrying and Love the B..
Weblog: CINEMA IN/OUT
Tracked: 2005-09-07 22:12

『博士の異常な愛情/または私は如何にして心配するのを止めて水...
Excerpt: 1963年 イギリス=アメリカ 95分  モノクロ 監督/製作/脚本 スタンリー・キューブリック 脚本 テリー・サザーン 原作 ピーター・ジョージ 撮影 ギルバート・ジョージ 出演 ピ..
Weblog: ぺぺのつぶやき
Tracked: 2005-09-11 18:50

『博士の異常な愛情』 6P
Excerpt: 私的オススメ度:6P 前から見たいなーと思っていたキューブリックの作品。ピーター・パンとセットで2500円だったので、購入してみましたぁ。 【STORY】 アメリカ軍基地の司令官が、..
Weblog: OL映画でいやし生活
Tracked: 2006-09-29 00:30
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。