2007年11月16日

映画『SAW IV』公開直前 完全(を目指してみる)大予想10 もうほんとにこれで間違いねーずら

さるおです。
ネタばれ記事です。というか、大予想なのでネタばれになっているといいなという願望を胸に、最後っ屁をぶっと出してみます。ネタばれコメントも大歓迎です。これからシリーズをご覧になる方はコメント欄にも気をつけてねー。

ちなみに、さるおんとこに来てくださるスタメンのよい子がけっこう鋭いコメントをくださるので、かなーり勉強させてもらいました。いろいろ教えてもらいながら、キャストを見る限りローレンスやアダムやタップは出てこないなぁということも踏まえて(泣きながら)、改めてまとめて考えてみたやつをこれから書きます。

『III』のジェフのテストは90分、『IV』のリグのテストも90分、この2つは同時発生だったと思います。
決定的な理由は、『III』でアマンダが、「(ジェフは)予定よりも早い」と言っている点です。つまり、"予定"があるわけです。それより早すぎても遅すぎても、都合が悪い。
テスト後に、ジェフとリグは、あるいはジェフとホフマンは、ある目的のために出会わなければならない。

Hello Officer Rigg. Welcome to your rebirth. For years you have stood by and witnessed as your colleagues have fallen. You have remained untouched, while Eric Matthews has disappeared. But with your survival, became your obsession. Obsession to stop those around you for making the wrong choices. Thus, preventing you from making the right ones. You wanted to save everyone. TONIGHT, I give you the oppurtunity to face your obsession. Look closely. Eric Matthews is still alive. The block of ice he stands upon, is melting. He has BUT 90 minutes to save himself. Detective Hoffma's fate is linked to Eric's survival. Heed my warning, Officer Rigg. Their lives hang in the balance of your obsession. Will you learn how to let go and truly save them? The choice is yours.
ハロー、リグ。 再生の道へようこそ。 長いこと、おまえは同僚の敗北を見てきた。エリック・マシューズが姿を消したが、おまえはまだ無傷で残っている。しかし、おまえの生存は、妄想になった。誤った選択を食い止めるという妄想、その結果、おまえは正しい選択から遠ざかっている。おまえは皆を救いたがっていた。今夜、その妄想に直面する機会を与えよう。よく見ろ。エリック・マシューズはまだ生きている。彼が立っている氷の塊は溶けていく。彼には、自分を救うための時間が90分ある。ホフマンの運命はエリックの命とつながっている。私の警告を聞け。彼らの命は、おまえの選択にかかっている。彼らを、本当の意味で解放して救えるか?おまえ次第だ。

ははーん、リグさんは"みんなを救える"という妄想(というか、リグ的には"正義感"のようなものだろうと思うけど)に取り憑かれている、そう言いたいわけですね。おまえにそんな力はない、だからその考えを捨てろと。
エリックは"I don't want to play anymore."(もうこれ以上ゲームはやりたくない。つまり、ダニエルに会いたい)と救われたがっているはずです。これは、ジグソウ理論では、救うのはエリック自身(誰も彼を救えない)で、彼はすでにゲームオーバーしているので、90分で死なせてやれと、そーゆー意味かな。

Hello, Officer Rigg. If you are hearing this, then you have reached Detective Mathews and Detective Hoffman in under ninety minutes, resulting in their deaths. The rules were clear. You were warned. Tonight, you faced your obsession. They had to save themselves. Their salvation was out of your hands. Time was on your side, but your obsession wouldn't let you wait. Instead of saving Detective Mathews, you cost him his life. You failed your final test.
ハロー、リグ。 これを聞いているなら、おまえは90分以内にマシューズとホフマンに辿り着いている、ただし彼らに死をもたらして。ルールは明快だった。おまえは警告された。今夜、おまえは妄想を対峙した。彼ら自身が彼らを救わなければならなかった。彼らの救済はおまえの手の中にはない。おまえが持っていたのは時間だった。だがおまえは、妄想のために待つことができなかった。マシューズを救う代わりに、おまえは彼を危険にさらした。おまえは最終テストに失敗した。

ははーん、やっぱり、ジグソウの言う"救済"とは"解放"なんだと思います。
思い出すなぁ、アマンダの言葉を。I'm going to help you. I'm going to free you.(あなたをたすける、あなたを自由にする)

3つのテストをさっさと放り出して食肉工場に辿り着き、90分になるのを待っていなければならなかったのに、救いたい一心で"何か"をしてしまう。その結果、"リグが"エリックを殺してしまうんですね。さようならエリック(今から涙)。で、エリックに死をもたらしたと同時に、リグも動けなくなっていると思います。ひとりでに鎖が飛んできて足に巻きついたりはしないと思うので、ここは"重傷"でいきましょう。で、聞かされるのが上述のテープです。
ここで、ばばばん!ばばばんばばばばばん!とCharlie Clouserの例の音楽が大音量で流れて、ホフマンが椅子から立ち上がり、"Game over."なんつってリグを置き去りにして出て行くと思います。さるおが『IV』はホフマンでいっとこうと思う最大の理由はもちろん、例の『III』でのホフマンの扱いです。さらに今作でホフマンのことは、"Detective Hoffma's fate is linked to Eric's survival."としか語られない。ふたり並んでいるのにエリックエリック、そればっかりじゃオカシイ。

ホフマンは部屋を出て、「おいらジグソウに捕まってたよー、こわかったよー、あぶなかったよー、食肉工場にいるんだよー」なんて被害者のふりをして同僚(FBIかな)に通報する。ここでケーサツ(とFBI)が到着するわけですね、で、銃を捨てろ!手を上げろ!かなんか大騒ぎのどさくさで、ジェフさんは案外あっさり死んじゃうんじゃないか。だって、娘探してたら映画が長くなっちゃうもん。さるおは最近、キケン回避のためネット上をうろつかなくなりましたが、10月25日以前の情報に"ジェフの娘探し"関連のものがありません。あまりに無さすぎる。あるのはリグさん関係とジョンの過去関係ばかりです。なので、"ジェフの娘探し"はほんとはきっちりやってほしいんですが、半ば諦め気味。さらに、たとえば首なしリンのおなかをほじくり返すならばゴードン先生にお願いしたいのに、出て来ないっちゅーことは、えっと、これもとりあえずは諦めます。泣きながら。
その代わり、娘さんについては何らかの形で語られるとは思います。たとえば、"娘の命に責任のある人物"もじつはホフマンで、"娘の居場所をホフマンが知っている"ということが示唆される、とか。今どこでどーしているかが語られるかもしれないし、これ自体が『V』へ持ち越しかもしれない。
ということで展開としては、ジェフの娘探し、これには絶対に協力者(あるいは敵対者)が必要なわけで、それがホフマンだった。ここはリグでもいいんですが、リグは最終テストに合格しないだろうという"いつもの大前提(笑)"があると思われるので、ま、ホフマンなんだろうと思います。で、映画としてふたつのビッグイベントを扱うと焦点がぼやけてよくないので、ジェフが死んで娘探しゲームは行われません。他のいろいろですでに『IV』がおなかいっぱいになる作品ならば、いっそのこと、娘はどこだ?という観客の疑問を『V』まで引きずって行ってもいいかもしれんし。
でまぁ、とにかくここでジョンの遺体が回収されます。解剖するとテープが出てきて、それをホフマンが聞きます。

Are you there detective? If you are listening to this, then you must be the last man standing. You feel you now have control, don't you? You think you will walk away untested. I promise that my work will continue. That I have ensured. By hearing this tape some will assume that this is over but I am still among you. You think it's over just because I am dead. It's not over, the games have just begun.
聞いてるか、刑事?聞いているなら、おまえが生き残った最後の一人だ。おまえは今、状況がわかっていると思っている、そうだろう?おまえは、テストされずに立ち去れると思っている。約束しよう、私のシゴトは続く。私はそれを確実にした。このテープを聞いて、終わったと思う者がいるだろう。だが、私はおまえたちの中にいる。おまえは、私が死んだから終わったと思っているが、終わってはいない。ゲームは今まさに始まったところだ。

ホフマンとしては、自分はジグソウサイドの人間だと思ってたのに、まさかの転落で一気に被験者へ。ジョンに言わせれば、弟子はテストに合格しなければ一人前ではありません。ということで『SAW V』へ、to be continued・・・

これがおおまかな『IV』の骨格だろうと思います。ただし、各シーンはトリッキーな順番になっています。
解剖から始まるために、観客は『IV』で観ているのが"just begun"なホフマンのゲームだと思わされたりするわけっすね。
で、さるおとしては、"still among you"なジグソウこそタップ刑事でいてくれと(まだ言うか)、それが『V』だぜと、思ったりするのでした。っちゅーか、『VI』まであるっちゅー噂もあるので、ローレンスやアダムやタップが出てくるのはまだしばらく先だな(涙)。

さて、アマンダの封筒の中身は何だったかというと、「現在同時進行しているゲームが他にある」ということだと思います。これは、「弟子は他にもいる」ということとほぼイコールです。そっちのゲームは別の弟子が仕切ってるぞと、ほんで、こっちでおまえが死ねばジグソウを襲名するのはそいつだと、そんな感じだろうと思いますね。

ジョンのバックグラウンドは、前情報として流れたそのまんまだろうと思います。ただひとつ気になるのは、"氷だらけのガラスの部屋に裸んぼで閉じこめられてプレイヤーになっているジョン"ですが・・・これはあまりに何の痕跡も残さず消えてしまったので、あきらめますかー。

心ゆくまでさるお、もんち!
posted by さるお at 22:52| Comment(14) | TrackBack(0) | さるお発『SAW IV』予想/解読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
拝見しました。
自分のと似てる予想なので安心(笑)しました。
ジェフのテストの制限時間ってあんま意味なかったですもんね〜。
とりあえず感想の記事を楽しみにしておきます。
Posted by 暖気団 at 2007年11月17日 13:17
暖気団さん
まぁまぁ当たってしまったわけですが、なんちゅーか、おもしろくなかった(涙)。
暖気団さんはDVD待ちだっけか?
Posted by さるお at 2007年11月26日 23:09
【生きているリンを発見するジェフ】これについては どう思いますか?確かにジェフは首が吹っ飛んでないリンを抱きかかえてるシーンが出てきますよね。
Posted by ゆい at 2008年12月16日 14:03
ゆいさん

> ジェフのクリップみたら、リンが生きてたんだよ。ジェフはリンを食肉工場内で探してて気を失ってるリンを見つけ出すの。3では、リンとジグソウ・アマンダが居た場所にジェフが入ってきて、そこでリンを発見してたよね〜。
> ジェフが廊下(食肉工場内?)を歩いてると気を失ってるリン(アマンダが装着した爆破装置装着済みの状態)が壁の隙間から倒れてくるのを抱きとめるシーン・・・。このクリップは色んなサイトを見まくってたら見つけたんです><URL探してみます!おそらく海外だったと思う。スイマセン・・・。

これはゆいさん(あすかさん)におしえてもらっただけで、さるおは観てないんだ。
なので、以前書いたとおり、奇妙だと思うだけなんですが。

それとも『III』のことっすか?
映画の中ではジェフが、首は吹っ飛んでないけど撃たれたリンを受け止めるわけですが。
Posted by さるお at 2008年12月16日 20:00
Vじゃなく、Wの映画の中に出てきますよ〜!確認しました。ジョンが寝てる部屋にたどり着く前に、ジェフはどっかの隙間から倒れてくるリンを抱きかかえるシーン。確かにありました。見間違えじゃないと思われます><さるおさん、もう一度よ〜くW見てください●´ω`●
Posted by ゆい at 2008年12月17日 10:15
ゆいさん

> Wの映画の中に出てきますよ〜!確認しました。

出てこないっすよ〜!確認しました。
ゆいさん、もう一度よ〜くW見てください。で、やっぱりあるなら何分だかおしえていただけると嬉しいっす。
Posted by さるお at 2008年12月28日 00:33
えーーーー!!Wに出てきませんでしたか!?

私も、もう一度確認してみますね><;確認したら何分かきちんと連絡します(汗

Posted by ゆい at 2008年12月29日 09:20
今日DVDを借りに行きます!!見直してきます・・・
Posted by ゆい at 2009年01月16日 13:24
ゆいさん
よろしくっすー。
Posted by さるお at 2009年01月17日 00:51
★さるおさん★

遅くなりました↓↓
見直してきましたょ〜!カウントダウンデジタル時計が【0:41】の少し前です。ラストのほうです。

ジェフが「リン、リン〜」って言って、リンが透明なカーテンみたいな所から倒れてきて、それをジェフが抱きかかえる。このシーンがよくわかりません・・・。

見直して気になったんですが、リグがジル聴取ビデオを見直してる時に「何か隠してる」って言っています。X見てからW見直すと、ジルがますます怪しく思える。ストラームも「ジグソウは、あなたを共犯とおもわせるように仕向けている」とも言っています。「仕向けている」様に見せるのが狙いだったのでは?「4つの面が家となる」のところに貼ってある写真に、ジルの写真もあります。写真の関連性は「被害者」と「加害者」ですよね?やっぱりジルは、ジグソウ?
Posted by ゆい at 2009年01月24日 13:43
Vも見直したくなりました^^;
Posted by ゆい at 2009年01月24日 13:44
ゆいさん
で、ですから、それは『III』のことではないかと(汗)。
つまり、『IV』に出てくる『III』の1シーン、です。
あの透明なカーテンは"どっかの隙間"じゃなくてジョンが寝てる部屋と手前のアトリエとのしきりです。
『IV』の83分20秒です。
"カウントダウンデジタル時計"ってタイマーのことだよね?ならば問題のシーンの後で最初に映ったタイマーは54秒、次が41秒です。
それともさるおが観てるとこ違うのかな。違ってるようだったら何分だかおしえてください。タイマーの時間じゃなくて映画がはじまってから何分かって意味ですよ。

それともゆいさんはまだ『III』をちゃんと観ていない(笑)?
『III』の中でジェフが、首は吹っ飛んでないけど撃たれたリンを受け止めるんです。そのシーンが『IV』にも出てくるんだよー。
これでわかるかな。よろしくお願いします。

ジョンがジルを共犯だと思わせようとしている可能性についてはさるおも気になってますねぇ。誘導しているんだとすると、この後ジルがシロかクロか、別に誰かが動いているのか、おもしろい展開になりそうだし。
Posted by さるお at 2009年01月24日 15:29
さるおさ〜ん

>それともゆいさんはまだ『III』をちゃんと観ていない(笑)?

そうです、大正解です!!シリーズの中で一番観ていません。映画を見終わった後、初めて映画館で気持ち悪くなりました。帰り道フラフラ・・・!なんか気持ち悪かったです(;△;)よく見直してみます(汗

ジョンはわざとらしいくらい「ジルは共犯だよ〜」的な演出をしていますね。ありがちなパターンだと、確実に共犯じゃないのに共犯と思わせる演出。でも、今回のパターンは裏の裏で、共犯なのかなと・・・。

余談ですが♪→ジョン死後、街中に「ジグソウ」についての新聞やら雑誌が飛び交いますよね。その表紙を飾ってるジョン(黒マント姿等)、どこで撮影したんでしょうか〜!?思いっきりカメラ目線で、表情もバッチリですよねー^^v
Posted by ゆい at 2009年01月26日 10:03
ゆいさん

>> それともゆいさんはまだ『III』をちゃんと観ていない(笑)?
> そうです、大正解です!!

えーっ!
"気を失ってるリンを見つけ出す"んだ、『III』とは違う、と、あれほどおっしゃってたのに。2007年10月末から1年3ヶ月もこの話題ひっぱっといて、ゆいさん自身がこれほどまでに食い下がって、さるおも時間割いて『IV』何度も見直したりまじめに説明したりがんばったのに・・・ゆいさん、大正解て・・・。
あまりなお言葉にちょっと疲れましたよ。
ひどいっす(泣)。どーゆーつもりなのよーん?

いつの日か、ゆいさんがちゃんと映画を観たら、その後でまた語らいましょう。それまでこの話題はお休みしますね。
Posted by さるお at 2009年01月26日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。